この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

最上もが

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
もがみ もが
最上 もが
Dempagumi.inc - Japan Expo 2013 - 033.jpg
2013年のJapan Expoにて
プロフィール
愛称 もがちゃん
もがたんぺ[1][2]
がーもー[3]
生年月日 2月25日
出身地 日本の旗 日本東京都[2]
血液型 A型[2][4]
公称サイズ(2015年[5]時点)
身長 / 体重 162 cm / kg
カップサイズ E[6]
活動
デビュー 2011年12月25日
事務所 DEARSTAGE Inc.
レーベル MEME TOKYO
主な出演作 ウルトラマンギンガS
重版出来!
主な楽曲 ニューロマンティック
受賞歴 NEXTグラビアクイーンバトル優勝
アイドル: テンプレート - カテゴリ

最上 もが(もがみ もが、年齢非公開[7][8]2月25日[2][4][9] - )は、日本の女性アイドルで、でんぱ組.incの元メンバー。東京都出身[2]。愛称はもがちゃん[10][11][† 1]。でんぱ組.incでのキャッチフレーズは「宇宙を駆ける金色の異端児」[9][† 2]、担当色は紫[2]であった。

略歴

生い立ち

東京都出身[2]。3人兄妹の長女で[12]、幼少期は「おじいちゃん・おばあちゃん子」であったという[13]。父親がプログラマであり自宅にパソコンが複数台あったため、当時から「ファイナルファンタジー」などのゲームに興じていた[12]。ゲーム以外にも絵を描くこと、体を動かすことが好きでピアノ水泳バレエ生け花などの習い事をしていたという[14][15]。中学校入学後は「ラグナロクオンライン」にのめり込み[14]、高校は美術科に進学し[16]、卒業後は美術系短大に通っていた[17][18]

デビュー

短大を卒業し登録制のアルバイトをしていた時期[18]、でんぱ組.incの衣装デザインを手掛けていた知人のイラストレーターに誘われ[19]2011年10月に開催されたMEME TOKYOが主催するコンベンションイベントの受付スタッフのアルバイトをしていたところをプロデューサーの福嶋麻衣子(もふくちゃん)にスカウトされ[20][21]、2011年12月25日藤咲彩音と共にでんぱ組.incに加入[22][23]。新メンバーの発表は、同日に原宿アストロホールにて開催された跡部みぅの卒業公演を兼ねたワンマンライブ「聖夜、宇宙に鳴り響く、でんぱ組.incの愛と勇気と少しの電波〜でんぱLIFEは終わらない〜」においてサプライズとして実施され、跡部が大きな箱を2つ用意し、その中から最上と藤咲が登場するという演出が行われた[22][23]

加入後の2013年白泉社主催の「NEXTグラビアクイーンバトル」で優勝[21][24][25]2014年3月12日に発売されたシングル「サクラあっぱれーしょん」の初回限定最上もが盤には、CHARAが作詞・作曲を手掛けた自身初のソロ楽曲「ニューロマンティック」が収録された[26]。2014年7月 - 12月にかけて放送された特撮ドラマウルトラマンギンガS」ではアンドロイド・ワンゼロ/マナ役としてレギュラー出演した[27]

2015年12月10日、1st写真集『MOGA』を集英社より発売[28]。また、同日発売の『週刊ヤングジャンプ』(集英社)の表紙&巻頭グラビアも飾り、写真集には使われていない未公開カットが収録された[28]。『MOGA』は、12月21日付で1万619部を売り上げ、「オリコン週間“本”ランキング」の写真集部門で1位を記録した[29]2016年4月 - 6月にかけて放送されたドラマ「重版出来!」では梨音役としてレギュラー出演した[30]

2017年8月6日、でんぱ組.incからの脱退をブログで表明[31]。「心と身体のバランスが取れなくなり、このままでんぱ組.incとして活動していくことがとても難しくなった」と述べた[31]。脱退後も引き続きディアステージに所属し、ソロとして活動するとしている[32]

人物

Indonesia Fashion Week 2013にて

果物好きで、特にイチゴモモスイカを好きな食べ物として挙げている[9]。髪を金色に染髪したのは2011年3月頃で、当時親へ反抗心があったことを理由として挙げているが、その後の親子仲は良好と述べている[33]。2017年より金色にこだわらず、様々な髪色にしている[34][35]。2016年6月まではメンバー唯一の自動車運転免許所持者であった[36]

6thシングル「W.W.D」リリース時のインタビューによれば、未熟児で生まれたこともあって基本的に体が強くないとしており[37]2012年[21][38]および2014年[8]の2回ほど体調不良により一時休養したことがある。

小学校の頃より男子から見た目のことで暴言を吐かれたり、女子特有の「グループ行動」に嫌気が差したことが影響して人と接することが苦手になったと述べており[39][40]前述したネットゲームの世界に嵌っていく要因の一つになったとしている[16][41]

ブログ等における発言力が強いとされ、女性層からの支持も高いと評されている[42][43]。また、きゃりーぱみゅぱみゅSEKAI NO OWARIと親交を持つ[44]

ゲームと音楽

ネットゲームの中では、女性であることを公表すると「弱い」というレッテルを貼られてパーティーから外されたり、出会い目的の男性ユーザーに絡まれることが多いことから、男性キャラを選択し「ぼく」の一人称を使用してゲームを行っていた[41][45]。青春時代の殆どをネットゲームに費やしていたため、その影響で現実でも「ぼく」の一人称を使用している[41][45]

ラグナロクオンライン」は継続して10年間ほどプレイしていたと述べており[46]、当時は両手と片足を使って3台のパソコンを同時に操作していた[47]。でんぱ組.incメンバーの古川未鈴とは当時同じギルドに所属していたことが加入後に判明し[48]、楽曲「W.W.D」の歌詞でこのエピソードが取り上げられた[37][49]

音楽に目覚めたのは小学生の時で、音楽好きの従兄弟から借りたCDがKoЯnであったことを皮切りにSLAYERMETALLICAなどを聴くようになって興味の幅が広がっていったとしている[50]。特定のジャンルに拘って聴くよりも、季節やその時の気分によって選曲することが多いと述べており[50]、よく聴くアーティストとして、Fear, and Loathing in Las VegasPay money To my PainWoe, Is MeUVERworldRADWIMPSStatic-XBABYMETAL椎名林檎CHARAaikoなどを挙げている[9][50]ゲーム音楽では「ファイナルファンタジー」、「サガ フロンティア」、「クロノ・トリガー」などのサウンドトラックを好む[51]

アイドルとして

でんぱ組.incに加入した理由として、元々アイドルをやりたかった、人前で歌いたかったというわけではなく、親のリストラなどが影響した「家庭の事情」[21][33]、および「生きるため」[41]などを挙げている。

スカウトされた当時、最上はアイドルについて「生まれた時から恵まれた環境で育った恵まれた人間がなるべき職業」「黒髪のロングヘアーで清潔感があり万人受けする子」[52]という考えを持っており加入に前向きではなかったが、プロデューサーの福嶋から「でんぱ組は全員ヲタクだから大丈夫」であると説得を受けて加入を決意した経緯がある[20][52]。福嶋は最上を加入させた理由として、「モーニング娘。後藤真希が加入してブレイクしたように、金髪の目立つ子を投入してそのきっかけを掴みたかった」[21][45]「それまでのでんぱ組とは見た目も中身も確実に違う異分子が欲しい、と思っていた時に見つけて、絵がピッタリできあがった」[53]と述べている。

単独ではグラビアの活動が多く、それを通じてでんぱ組.incの知名度を上げることに貢献したと評されている[21][42][54]。2013年、2015年の音楽雑誌MARQUEEに掲載されたインタビューに拠れば、最上自身はソロで活動する志向は持っていないとしており[42][55]、自分個人ではなくでんぱ組.inc全体を知ってもらうための「入口」としてグラビア活動を行っていると述べている[42][56]。でんぱ組.inc自体については「アイドルというよりは、エンターテイナーというか、もはやアーティスト。新しいジャンル」と形容している[43]

2012年から毎年自身の生誕祭「もが単ぺ」を開催しており、2015年4月から2016年12月までは単独トークイベント「もが単 TALK WARS」をほぼ毎月1回開催していた[57]2017年5月より、ゲストを迎えたトークイベント「もが単 GOLDEN HOUR」にリニューアルされた。

出演

バラエティ

テレビドラマ

ラジオ

ネット配信

映画

CM

イメージモデル

  • プリントシール機「Mew」(2014年、株式会社IMS)
  • 「ブロウラッシュEX」「ネイルネイル」「ビューティーマインズ」(2015年、BCLカンパニー[67][68]
  • ウンナナクール × 徳田有希コラボ「ノンワイヤーブラジャー」「ショーツ」「ハラマキ」「パジャマ」アンバサダー(2017年、ウンナナクール)

ミュージック・ビデオ

書籍

写真集

電子写真集

インタビュー

雑誌

脚注

注釈

  1. ^ 2015年春頃まで「もがたんぺ」を公式のニックネームとしていた:2015年3月24日時点の公式プロフィールインターネット・アーカイブ)。
  2. ^ 2012年秋頃まで「今日もがんばるぞー!」を公式のキャッチフレーズとしていた:2012年10月16日時点の公式プロフィール(インターネット・アーカイブ)。

出典

  1. ^ でんぱ組.incが『モンスト』のリアルミッション突破できるまで帰れまナントカ!?” (日本語). ファミ通App. KADOKAWA (2014年11月21日). 2015年6月3日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g MUSIC MAGAZINE, p.37
  3. ^ ナベコ (2013年5月27日). ““謎カラ”ってなーんだ?でんぱ組.incと歌いながら名探偵を目指す!!” (日本語). 週アスPLUS. KADOKAWA. 2015年6月3日閲覧。
  4. ^ a b IDOL AND READ 006, p.17
  5. ^ 「最上もが1st写真集「MOGA」発売中!」、『週刊ヤングジャンプ』2016年1月8日号、集英社2015年12月10日、 7頁。
  6. ^ 2012年1月11日21:50のツイート - @mogatanpe(Twitter
  7. ^ “でんぱ組最上もが コスプレ写真集 ウエディング姿も” (日本語). 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2015年3月15日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1447181.html 2015年4月22日閲覧。 
  8. ^ a b “でんぱ組 最上もがダウン” (日本語). デイリースポーツ (神戸新聞社): p. 20. (2014年7月21日)  - G-Searchにて2015年4月22日閲覧。
  9. ^ a b c d DEMPA la mode, p.59
  10. ^ でんぱ組.inc、毒舌交わす“神対応”「もがちゃんよりは…」” (日本語). モデルプレス. ネットネイティブ (2015年9月17日). 2016年3月30日閲覧。}
  11. ^ 木村裕美 (2015年7月26日). “アイドル好きのおしゃれ女子が急増中! その理由を探ってみた” (日本語). マイナビティーンズ. マイナビ. 2017年3月4日閲覧。
  12. ^ a b IDOL AND READ 006, p.19
  13. ^ IDOL AND READ 006, pp.18-19
  14. ^ a b IDOL AND READ 006, p.20
  15. ^ でんぱブック, p.80
  16. ^ a b IDOL AND READ 006, p.21
  17. ^ 2017年3月22日6:30のツイート - @mogatanpe(Twitter
  18. ^ a b “最上もが、でんぱ組.inc加入いきさつを語る「人の縁って、不思議」” (日本語). RBB TODAY (イード). (2017年7月16日). https://www.rbbtoday.com/article/2017/07/16/153160.html 2017年7月17日閲覧。 
  19. ^ でんぱブック, p.36
  20. ^ a b IDOL AND READ 006, p.26
  21. ^ a b c d e f MARQUEE Vol.100, p.28
  22. ^ a b でんぱブック, p.143
  23. ^ a b でんぱ組.inc、新メンバーのサプライズ発表で6人体制に” (日本語). BARKS音楽ニュース. ジャパンミュージックネットワーク (2011年12月26日). 2015年4月22日閲覧。
  24. ^ NEXTグラビアクイーンバトル 結果発表” (日本語). ヤングアニマルWEB. 白泉社 (2013年). 2013年2月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年4月22日閲覧。
  25. ^ でんぱ組.inc最上もが「ヤングアニマル」巻頭グラビア飾る”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2013年2月21日). 2015年8月18日閲覧。
  26. ^ でんぱ組もが&りさちーソロ曲をChara、奥井×きただに制作” (日本語). 音楽ナタリー. ナターシャ (2014年2月27日). 2015年4月22日閲覧。
  27. ^ a b “最上「新ウルトラマン列伝」でレギュラー” (日本語). 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2014年5月20日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20140520-1303668.html 2014年5月28日閲覧。 
  28. ^ a b 最上もが、『ヤンジャン』表紙&グラビア登場 初写真集の魅力凝縮”. ORICON STYLE. オリコン (2015年12月10日). 2015年12月10日閲覧。
  29. ^ でんぱ組・最上もが、初写真集が部門1位”. ORICON STYLE. オリコン (2015年12月17日). 2015年12月17日閲覧。
  30. ^ a b “でんぱ組・最上もが、『重版出来!』レギュラー出演「成長していきましょう!」”. ORICON STYLE (オリコン). (2016年4月8日). http://www.oricon.co.jp/news/2069809/full/ 2016年4月8日閲覧。 
  31. ^ a b “最上もが、「でんぱ組.inc」脱退を表明 「心と体のバランスが取れなくなり…」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2017年8月6日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170806-OHT1T50297.html 2017年8月7日閲覧。 
  32. ^ 宗像明将 (2017年8月6日). “でんぱ組.incから最上もが脱退。所属事務所・ディアステージ株式会社に聞く今後” (日本語). Yahoo!ニュース (ヤフー). https://news.yahoo.co.jp/byline/munekataakimasa/20170806-00074195/ 2017年8月7日閲覧。 
  33. ^ a b IDOL AND READ 006, p.25
  34. ^ 最上もが、"金髪卒業"で劇的イメチェン「何色?」「イケメンが際立ってる」の声” (日本語). モデルプレス. ネットネイティブ (2017年4月25日). 2017年7月17日閲覧。
  35. ^ 最上もが「金髪ショートじゃなきゃいやだと言われる」本音に反響” (日本語). モデルプレス. ネットネイティブ (2017年6月11日). 2017年7月17日閲覧。
  36. ^ でんぱ組が仲良く免許取得で“全員が車を運転できるアイドル”に!” (日本語). 耳マン. リットーミュージック (2016年6月14日). 2016年8月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年3月4日閲覧。
  37. ^ a b でんぱ組.inc (2013年1月16日) (日本語). でんぱ組.inc「これが私の生まれてきた意味『W.W.D』3万字インタビュー」(Power Push). インタビュアー:吉田豪. 音楽ナタリー.. http://natalie.mu/music/pp/dempagumi 2015年4月22日閲覧。 
  38. ^ でんぱ組.inc 最上もが TOKYO IDOL FESTIVAL 2012で完全復活をファンに報告!” (日本語). GirlsNews. レゾリューション/つくばテレビ (2012年8月12日). 2015年4月22日閲覧。
  39. ^ でんぱブック, pp.78, 82
  40. ^ IDOL AND READ 006, pp.20-21
  41. ^ a b c d でんぱブック, p.82
  42. ^ a b c d MARQUEE Vol.107, p.24
  43. ^ a b でんぱブック, p.78
  44. ^ IDOL AND READ 006, p.30
  45. ^ a b c IDOL AND READ 006, p.28
  46. ^ IDOL AND READ 006, p.22
  47. ^ 真紀和泉 (2014年5月9日). “でんぱ組.incは"会話も電波"で済ます。「表情使いたくないから」の証言に騒然(エンタがビタミン♪)” (日本語). Techinsight. メディアプロダクツジャパン. 2015年4月22日閲覧。
  48. ^ IDOL AND READ, p.72
  49. ^ IDOL AND READ 006, p.23
  50. ^ a b c DEMPA la mode, p.69
  51. ^ IDOL AND READ 006, p.31
  52. ^ a b でんぱブック, pp.82-83
  53. ^ でんぱブック, p.97
  54. ^ OVERTURE, p.19
  55. ^ MARQUEE Vol.100, p.29
  56. ^ MARQUEE Vol.100, pp.28-29
  57. ^ OVERTURE, p.18
  58. ^ ショートドラマ「怪速少女」” (日本語). NHKドラマ. 日本放送協会 (2012年10月6日). 2016年3月30日閲覧。
  59. ^ 佐藤美鈴 (2013年1月24日). “あぽやん〜走る国際空港 客のトラブル解消のプロ(試写室)” (日本語). 朝日新聞(朝刊、テレビ1) (朝日新聞社): p. 40. "実際のカウンターで撮影するなど本物志向だが、人気歌手・らぶり〜ぱふぱふ(最上もが=同3人目)という名付けには苦笑い。"  - 聞蔵IIビジュアルにて2015年8月12日閲覧。
  60. ^ タカトシ、ノンスタ、ウーマン村本ら芸人続々「AbemaTV」本日開局” (日本語). お笑いナタリー. ナターシャ (2016年4月11日). 2016年4月11日閲覧。
  61. ^ a b “本郷奏多・白石麻衣・オリラジ藤森らが追加キャストに!映画「闇金ウシジマくん Part3」&「闇金ウシジマくん ザ・ファイナル」キャスト発表会見”. ねとらぼエンタ (ITmedia). (2016年6月29日). http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1606/29/news149.html 2016年6月30日閲覧。 
  62. ^ でんぱブック, p.27
  63. ^ 最上もが、ゲームCMで魔獣と騎士の戦いを熱く語る” (日本語). 音楽ナタリー. ナターシャ (2014年4月4日). 2014年5月28日閲覧。
  64. ^ 最上もが&武井壮が本音を独白!『テラフォーマーズ』オリジナルムービー公開” (日本語). マイナビニュース. マイナビ (2014年10月2日). 2015年4月22日閲覧。
  65. ^ お姫様になったのは最上もがと……吉田沙保里選手!『夢100』楽しい新CMが誕生!”. ファミ通App For Girls. カドカワ (2016年3月29日). 2017年3月4日閲覧。
  66. ^ 最上もがとtofubeatsがラップでPS4新作タイトル22本を紹介”. CINRA.NET. CINRA (2016年4月20日). 2016年6月5日閲覧。
  67. ^ BCLオフィシャルサポーターにでんぱ組.incの最上もがちゃんが就任!”. Facebook (2015年2月8日). 2016年6月5日閲覧。
  68. ^ 美容オイルのリップティントに、冬の限定色パーリーピンクが登場”. HARAJUKU KAWAii!! STYLE. アソビシステム (2015年12月25日). 2016年6月5日閲覧。
  69. ^ a b 最上もが、夕食ホット「1903」MVに友情出演”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2015年9月14日). 2015年10月6日閲覧。
  70. ^ 夕食ホット『1903』MusicVideo ワンコーラス - YouTube
  71. ^ 夕食ホット『1903』MusicVideo (最上もが"台本なし"バージョン) - YouTube
  72. ^ 『スーパーヒロイン写真集 アンドロイド・ワンゼロ×最上もが』 円谷プロダクション、小学館〈小学館ビジュアルムック〉、2015年3月13日ISBN 9784091032324
  73. ^ 最上もが 初の写真集はテレビ絵本! アンドロイドのおねえさんは花嫁衣装の夢を見るか?”. GirlsNews. レゾリューション/つくばテレビ (2015年3月16日). 2015年11月18日閲覧。
  74. ^ 最上もが、水着やコスプレ姿収めた待望の1st写真集発売”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2015年11月5日). 2015年11月18日閲覧。
  75. ^ 最上もが1st写真集『MOGA』”. BOOKNAVI. 集英社. 2015年12月10日閲覧。
  76. ^ 最上もが、2nd写真集はレスリー・キー撮影の手のひらサイズ” (日本語). 音楽ナタリー. ナターシャ (2016年10月1日). 2016年10月16日閲覧。
  77. ^ 最上もが×レスリー・キー"手のひらサイズ"写真集” (日本語). ORICON STYLE. オリコン (2016年10月1日). 2016年10月16日閲覧。
  78. ^ 「金色の異端児」最上もが、ストイックな2万字インタビュー” (日本語). BARKS音楽ニュース. ジャパンミュージックネットワーク (2016年3月13日). 2016年3月18日閲覧。
  79. ^ 「OVERTURE」第6号はでんぱ組・最上もがが初登場” (日本語). TOKYO POP LINE. 添野企画 (2016年3月18日). 2016年4月24日閲覧。
  80. ^ 最上もが編集長が"もがのための雑誌"を刊行! 500人限定トークイベントも” (日本語). 音楽ナタリー. ナターシャ (2017年2月20日). 2017年4月17日閲覧。

参考文献

外部リンク