フォートナイト (ゲーム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フォートナイト
Fortnite
ジャンル アクション[1]
サードパーソン・シューティング
バトルロイヤル
対応機種 PlayStation 4
Xbox One(日本国外のみ)
Windows
macOS
iOS
Nintendo Switch
Android(ベータ版)
開発元 Epic Games
発売元 Epic Games
ワーナー・ブラザース テレビジョン & ホームエンターテイメント
人数 [世界を救え]
最大4人
[バトルロイヤル]
最大100人
メディア ダウンロード
発売日 日本の旗 2018年3月8日
対象年齢 ESRBT(13歳以上)
PEGI12
CEROC(15才以上対象)
USK12(12歳未満提供禁止)
ACB:M
コンテンツ
アイコン
[ESRB] Violence
[CERO] 暴力
デバイス ボイスチャット対応
その他 オンライン専用
テンプレートを表示

フォートナイト』(Fortnite)は、Epic Games(エピックゲームズ)が販売・配信するアクションビルディングゲーム、サードパーソン・シューティングバトルロイヤルゲームである。

対応プラットフォームはPC(Windows/macOS)、PlayStation 4Xbox One(日本国外のみ)、iOSNintendo SwitchAndroid。このうちiOS版とAndroid版については、App StoreGoogle Playストアではなく、Epic Gamesが運営する自社サイトにて配信されている[2][3]。またAndroid版は、2018年8月9日より一部端末向けにベータ版がリリースされ、その他の機種へも順次拡大中である[4]

プラットフォームに制限はあるが購入することでプレイできる「世界を救え」モードと、全てのプラットフォームで無料プレイ可能な「バトルロイヤル」モード[5]がある、島を作ることが可能な「クリエイティブ」モードが有る。

概要[編集]

集めた素材で壁や坂を作るなど、クラフト要素のあるサードパーソン・シューティングゲーム[6]オンラインでの対人(PvP)とCO-OPモード(PvE)もある。なお世界を救えモードの無料プレイローンチは2018年を予定していたが同10月に延期されている[7]。同12月現在も無料化はされていない。

有料版同封や無料配信[8]されたバトルロイヤルモードは世界同時接続が340万人に達するほどの人気を得た[9]。基本無料だが、スキン(プレイヤーキャラクターの外見変更アイテム)や追加パックの販売で収益を得ており、2018年5月の月間売上は約3億ドル(約325億円)に達し[10]、欧米では「社会現象」になっていると報道された[11]ゲーム内で課金をしてもしなくても強さが変わらないことが、各国から認められている。[要出典]

課金アイテムである「Vinderbucks」略称「V-Bucks」は各モード共通で利用でき、コスチュームアイテムなどに使用できる。

プレイモード[編集]

世界を救えモード[編集]

「突如発生した嵐によって人口の98%が消滅し、モンスターが現れた世界を舞台に、ヒーローが世界を救う戦いを行う」

Epic gamesおよびPeople Can Flyによって開発されたタワーディフェンスとCo-opTPSサバイバルゲームである。Epic Gamesのティム・スウィーニーは「Minecraft」と「Left 4 Dead」を合わせたようなゲームと表現している[12]。2018年11月現在は有料パック購入者のみプレイできる。「世界を救え」は、「バトルロイヤル」よりはるかに高スペックを必要とするため、モバイルデバイスへの移植は非常に困難としている[13]。 また、Nintendo Switchにも移植予定は無い。

複数のプレイヤーが協力し、拠点を守ったり、生存者を救出したり、貴重なアイテムを探索したりといった、様々なミッションを楽しめる[14]。後述のバトルロイヤルモードとの違いとしてトラップや銃火器の生成も出来る[15]

2017年7月25日にPC,PS4,Xbox oneへ有料早期アクセスタイトルとしてリリースされ、2018年に完全な無料プレイが予定されていたが延期された[7]

早期アクセス期間中の2018年8月、日本語ローカライズに対応。[16]

早期アクセスファウンダーズパックの種類[編集]

  • スタンダード・ファウンダーズパック
  • デラックス・ファウンダーズパック
  • スーパーデラックス・ファウンダーズパック
  • リミテッドエディション・ファウンダーズパック
  • アルティメット・アップグレードパック

「フレンド用追加スタンダードエディション」は5.10で廃止された。

ヒーロー[編集]

「世界を救え」モードでは4種類のヒーローからプレイヤーキャラクターを選択できる[12]

素材の回収に秀でているアウトランダー。近距離での戦闘に秀でているソルジャー。機動力に秀でて2段ジャンプも可能なニンジャ。建築やクラフトに秀でているコンストラクターがいる。
ディフェンダー[編集]
それぞれが異なる武器タイプに特化したミッション中にヒーローと一緒に戦うAI制御のキャラクターである。例として、ショットガンナー(ショットガンのみを使用)やライフルマン(アサルト)などがある。
サバイバー[編集]
制御不能なキャラクターでサバイバー・スクワッドに割り当てられて、プレイヤーのヒーローとそのパーティーに追加のステータスと様々なボーナスを与えることができる。サバイバーのサブセットであるリードサバイバーは、サバイバースクワッドのリーダースロットに配置できる唯一のサバイバーである。

バトルロイヤルモード[編集]

無料でプレイ可能。最大100人で最後の1人または1組になるまで戦う[17][6]。 このモードでもマップ内に落ちている資源を採取してそれを利用し建築が可能[18][6]。「世界を救えモード」と違い、キャラクターの外見などはステータスに影響しない[19]。無料でもプレイすることによって報酬は受け取れるがV-Bucksを使用することによってより大きな報酬が受け取れるバトルパスを利用できる[20]。プレイヤー達は大きな無人島に、空飛ぶバスから放り出される。スカイダイビングで落下し、グライダーを操作し好きな地点に降りることができる。開始時点ではすべてのプレイヤーが平等でありアドバンテージはなく、最初は採集ツールしか持っていないが、マップの各地にある武器を入手すると攻撃手段が増える。また、採集ツールで建物や樹木などを壊すと、そこから資材を入手できる。資材を消費し、壁や階段を作り、それを盾がわりにしたり、足場として高所に登ったりできる。他のプレイヤーを倒すと、倒したプレイヤーが所持していたアイテムを入手できる。 時間経過によりダメージを受ける範囲が狭くなってくるため、運が良くなければ同じ所にずっと籠っていることはできない。他のプレイヤーを全て倒し、最後の1人、あるいは1チームになると優勝(ビクトリーロイヤル)となる。本作がサポートしているプラットフォーム間のクロスプレイ機能はシーズン5までは一部プラットフォームで制限されていたがその後制限は緩和された。 ソロモードでは1人で戦うが、2人1組で戦う「デュオ」、4人1組で戦う「スクワッド」モードもある。

一定期間ごとにシーズンが移り変わり、それに伴い以下のようにマップが変動したりする。例えばシーズン4ではマップに隕石が落ちてクレーターができたり、新しい施設ができていたりする[21]

シーズンにおける変更点[編集]

シーズン 期間 説明
Season 1 2017年9月 – 2017年12月 シーズン2の開始で遡及的に最初のシーズンと考えられている。
Season 2 2017年12月 – 2018年2月 バトルパスの導入。中世がテーマ
Season 3 2018年2月 – 2018年4月 宇宙がテーマ
Season 4 2018年5月 – 2018年7月 スーパーヒーロー/映画がテーマ。シーズン3で見られた流れ星は小型の隕石となり、マップに落下後にシーズン4が始まった[22][23]
Season 5 2018年7月 – 2018年9月 タイムトラベルがテーマのシーズン。このシーズンの前の2018年6月30日にエピックは隠れ家から打ち上げられたロケットがマップ上に多次元の裂け目を作るという全試合に渡って行われた一度限りのイベントを実施した[24]。裂け目は数日間にわたり広がり、一部のゲーム内オブジェクトが消失し別の時空から新たなオブジェクトが現れた[25]。マーケティングの一環としてエピックはカリフォルニア砂漠に世界中にあるゲームのルートラマの現実世界版の位置を指し示す手がかりと共にレストランの標識「Durrr-Burger」の現実世界版を設置した[26]。これらの裂け目が原因でマップが変化した状態でシーズンが始まり、裂け目はシーズン中のゲームプレイ要素として残る一方でプレイヤーを高い標高にテレポートさせマップのあらゆるところに再着陸させる[27]
Season 6 2018年9月 – 2018年12月[28] 闇と崩壊がテーマ。シーズン5の終わり近くで別の一度限りのイベントが発生しロケット発射によりできた裂け目が閉じ、ゲーム世界には表面にグリフがついた大きな紫のキューブが残され、それはゆっくりとマップを横断していき、特定の場所では低重力のエリアを作り出した[29][30][31]。シーズン6は夜をベースとしたものになりケビンが落ちたLoot Lake上に新たな浮かぶ島が出現した。マップ上の他の一部の場所も崩壊し、プレイヤーがそこで一時的に不可視状態になり、速く移動したりオブジェクトを通り抜けたりできるが武器が使用できなくなるシャドウストーンを見つけることができる[32]

期間限定モード[編集]

期間限定でルールの違うモードなども行っている[33]。例えば「ソロ頂上決戦」などがあり上位入賞すると豪華な報酬がもらえたりした[34]

クリエイティブモード[編集]

v7.00から追加[35]。自分の島を作ることができて、フレンドの島にいったり、設定によっては互いの島を編集をすることも出来る。

来歴[編集]

  • 2011年12月10日 - 制作発表。
  • 2012年7月 - 欧米にて「世界を救え」の原型のモードがリリース。
  • 2017年
    • 9月25日 バトルロイヤルの正式配信開始。PC、Mac、PS4、Xbox oneにて無料でアクセスが可能になる。
  • 2018年
    • 3月8日 - PS4、PC版の日本語版配信開始。
    • 3月30日 - iOS版配信開始。
    • 6月13日 - Nintendo Switch版配信開始。
    • 8月13日 - 機種限定でAndroid向けベータ版リリース[4]
    • 12月13日 PS4,NSw用パッケージ版『フォートナイト ディープフリーズバンドル』発売予定[36]。ただし、BD-ROMやゲームカードなどのメディアは同梱されず、本編はダウンロードによってインストールする。追加アイテム用のコードのみ同梱される。

開発[編集]

当初はマインクラフトLeft 4 Deadのような協力型サバイバルゲームであったが、後にPLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS(以下PUBG)のような爆発的な人気を博していたバトルロイヤルモードを追加することによって急速に人気を得た[37]

2012年6月には中国のテンセントがEpic Gamesの株式の40%を約3億3千万ドルで買収し、発行済み株式の48.4%を保有する筆頭株主となっている[38]

マスタードによれば、エピックのチームは「PUBGのようなバトルロイヤルゲームを愛しており」フォートナイトのエンジン内に同様のモードを制作する方法を探った[39]。開発の早い時期から「プレーヤーが遊ぶのを躊躇わないように1ゲームの試合時間が長すぎないよう設定する」という点に留意しており18-25分ぐらいを目安にしていた。建築要素がバトルロイヤルモードでどの様に機能するかは未知数であったが、プレイ動画を見たりして十分に機能しており、また行動範囲の縮小のために建築を高速に行えるよう調整もした[40]

フォートナイト開発に注力するためにリソースを移行し同社の「PRAGON」は正式版になることなく運営を終了した[41]

2018年6月12日にリリースされた任天堂Switch版においてはゲーム単独でボイスチャット可能な初のゲームとなった(他のゲームは別途ボイスチャットアプリが必要になる)[42]

クロスプレイはソニーのPS4以外は対応している状況だったが、後にクロスプレイ対応になった[43]

評価・社会影響[編集]

リリースから2週間弱で1000万人を記録した[44]

一年弱で1億2500万人を超え、同時接続が830万人を超えたと発表された。2018年11月には登録プレイヤー数が2億人を突破している。Switch版が配信されたときには任天堂アメリカのCOOは、24時間で200万ダウンロードされたと発言している。

2018年3月には調査会社SuperDataはフォートナイトの月間売上がPUBGを超えたとの調査結果を公開した。対象期間は2017年2月でPUBGの1億300万ドル(約109億円)に対しフォートナイトが1億2600万ドル(約133億円)の売上を達成。その後月間売上は3億ドル(340億円)に達している[45]

ゲーム動画配信サイトTwitchでは平均視聴者数が15万人とトップでありフォートナイト(すべてのモード合算)の注目の高さが伺える[46]

ワールドカップ決勝で点を決めたグリーズマンがゴールパフォーマンスとして、本ゲームのエモートと言われる動作を行った[45]

2018年7月にはIMGの仲介によりJazwaresと提携し関連製品の製作を発表している[47]

フォートナイトと似ている「フォーク・ナイフ」といった誤用・ネットミームを生み出しており[48]、ゲーム内に資源を収集できるが操作はできないフードトラックのフォーク・ナイフを実装している[49]

子どもたちが学校でプレイすることをやめてくれないとの苦情から、タイトル画面に「ヒルマン先生が学校で遊ぶなと言っている」と表示されたことがある[50]。イギリスの複数の大手メディアからは子供への悪影響であるとしてフォートナイトへの批判が出ている[51]。ゲームスキル向上のための指導者の市場も僅かではあるが存在する[52][53]

大会・eスポーツ[編集]

海外人気プロゲーマーNinjaが2018年4月末に主催したNinja Vegas 18ではプロアマ混合で大会が行われた。ゲーム実況配信サイトのTwitchで行われたこのイベントの実況中継は66万7000人という最多同時視聴者記録となった。

2018年5月21日、エピックゲームはeスポーツを支援するとし、公式大会の賞金に1億ドル(約110億円)を提供すると発表した[54]。その公式大会「Fortnite World Cup」は2018年後半から予選を行い2019年後半に本大会となる予定である[55]

その他にも「スカーミッシュ」という大会も既に行っており続いて夏と秋に既に連続して行われている[56][57]

問題点[編集]

同じバトルロイヤルゲームであるPUBGから提訴されており、荒野行動とともにゲーム性やシステム面での類似性が問題となっている[58]

PLAYERUNKNOWN'S_BATTLEGROUNDS#フォートナイトとの類似性PLAYERUNKNOWN'S_BATTLEGROUNDS#競合類似タイトルの訴訟も参照。

出典[編集]

  1. ^ ゲームソフト|フォートナイト|プレイステーション PlayStation.com 2018年3月8日
  2. ^ Epic Games『フォートナイト』” (日本語). Epic Games『フォートナイト』. 2018年4月10日閲覧。
  3. ^ スマホ版『フォートナイト(FORTNITE)』の配信日&事前登録情報まとめ ファミ通.app 2018年4月27日
  4. ^ a b “フォートナイトAndroid版ベータ” (日本語). Epic Games『フォートナイト』. https://www.epicgames.com/fortnite/ja/news/android 2018年8月10日閲覧。 
  5. ^ “【フォートナイト】”世界を救え”の日本語版アーリーアクセスがついに解禁! – ファミ通AppVS” (日本語). ファミ通AppVS. https://appvs.famitsu.com/20180824_10528/ 2018年11月6日閲覧。 
  6. ^ a b c “バトロワ/タワーディフェンスTPS『フォートナイト』PS4/PC向けに国内配信!公式サイトも公開に | インサイド” (日本語). インサイド. https://www.inside-games.jp/article/2018/03/08/113213.html 2018年11月4日閲覧。 
  7. ^ a b 『フォートナイト』PvEモード「世界を救え」の無料プレイローンチが延期―Epicが開発状況を報告GameSpark 2018年10月23日
  8. ^ Entertainment, Sony Interactive. “ゲームソフト | フォートナイト | プレイステーション” (日本語). www.jp.playstation.com. 2018年11月4日閲覧。
  9. ^ 『Fortnite Battle Royale』同時接続数『PUBG』超え340万人達成! GameSpark 2018年2月9日
  10. ^ 月間売上325億円 世界的人気ゲーム「フォートナイト」”. 2018-06-07. 2018年6月11日閲覧。
  11. ^ 『フォートナイト』の月間売上が『PUBG』を超えたとの報告。モバイル版も4日間で1.5億円と好調な滑り出し AUTOMATON 2018年3月22日
  12. ^ a b Inc., Aetas. “Epic Gamesが「Fortnite」のローンチトレイラーを公開。タワーディフェンスとCo-opアクションのハイブリッド的タイトル” (日本語). https://www.4gamer.net/games/144/G014484/20170711032/ 2018年12月3日閲覧。 
  13. ^ Epic Games『フォートナイト』” (日本語). Epic Games『フォートナイト』. 2018年11月8日閲覧。
  14. ^ “【フォートナイト】”世界を救え”の日本語版アーリーアクセスがついに解禁! – ファミ通AppVS” (日本語). ファミ通AppVS. https://appvs.famitsu.com/20180824_10528/ 2018年11月4日閲覧。 
  15. ^ 『フォートナイト』はバトロワだけじゃない 新モード「世界を救え」の面白さに迫る” (日本語). Real Sound|リアルサウンド テック. 2018年12月3日閲覧。
  16. ^ バトロワ/タワーディフェンスTPS『フォートナイト』PS4/PC向けに国内配信!公式サイトも公開に インサイド 2018年3月8日
  17. ^ 「フォートナイト バトルロイヤル」の日本語版が2018年3月8日に配信開始。100人参加のバトルロイヤルは、もちろん基本無料で楽しめる 4Gamer.net 2018年3月6日
  18. ^ 『フォートナイト』バトルロイヤルとクラフト要素が魅惑の遺伝子結合! プレイインプレッションをお届け”. ファミ通.com (2018年3月9日19時15分0秒). 2018年3月22日閲覧。
  19. ^ 『フォートナイト』はバトロワだけじゃない 新モード「世界を救え」の面白さに迫る” (日本語). Real Sound|リアルサウンド テック. 2018年12月3日閲覧。
  20. ^ Kim, Matt (2018年3月1日). “Fortnite's V-Bucks Currency is Another Battleground for a Community at Odds”. USGamer. USGamer. 2018年3月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年3月22日閲覧。
  21. ^ 『フォートナイト バトルロイヤル』シーズン4の変更点はどこ?新要素とともにマップを探索してみる【特集】” (日本語). Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト. 2018年12月9日閲覧。
  22. ^ Kuchera, Ben (2018年4月30日). “Fortnite’s comet is hitting tomorrow”. Polygon. Polygon. 2018年7月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月14日閲覧。
  23. ^ Statt, Nick (2018年5月1日). “Fortnite season 4 arrives with an answer to the mystery of the meteor”. The Verge. The Verge. 2018年7月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月14日閲覧。
  24. ^ Hernandez, Patricia (2018年6月30日). “Fortnite’s rocket launch created a spectacular dimensional rift in the sky”. The Verge. The Verge. 2018年7月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月14日閲覧。
  25. ^ Santangelo, Nick (2018年7月9日). “Fortnite Rifts Are Now Spawning New Items Into The Game”. IGN. IGN. 2018年7月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月14日閲覧。
  26. ^ Geeter, Darren (2018年7月13日). “'Fortnite' Season 5 is being played in real life”. CNBC. CNBC. 2018年7月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月14日閲覧。
  27. ^ Hussan, Tamoor (2018年7月14日). “Fortnite Season 5 Out Now With Map Changes, New Skins, And Battle Pass”. GameSpot. GameSpot. 2018年7月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月14日閲覧。
  28. ^ Knezevik, Kevin (2018年9月21日). “Fortnite Season 6 Start Date Confirmed”. GameSpot. GameSpot. 2018年9月21日閲覧。
  29. ^ Hernandez, Patricia (2018年8月24日). “Fortnite’s lightning rift has created a purple interdimensional cube”. The Verge. The Verge. 2018年8月24日閲覧。
  30. ^ Webster, Andrew (2018年8月27日). “Fortnite’s mysterious cube keeps moving, and I can’t stop following it”. The Verge. The Verge. 2018年8月27日閲覧。
  31. ^ Bailey, Dustin (2018年9月19日). “Fortnite’s cube made its last stop – now Loot Lake is purple and bouncy”. PCGamesN. PCGamesN. 2018年9月19日閲覧。
  32. ^ Goslin, Austin (2018年9月27日). “5 things to know about Fortnite Season 6”. Polygon. Polygon. 2018年9月27日閲覧。
  33. ^ フォートナイト攻略班. “【フォートナイト】期間限定モード一覧【FORTNITE】” (日本語). GameWith. 2018年12月9日閲覧。
  34. ^ フォートナイト攻略班. “【フォートナイト】7/28開催!ソロ頂上決定戦第二弾について【FORTNITE】” (日本語). GameWith. 2018年12月9日閲覧。
  35. ^ パッチノートv7.00” (日本語). Epic Games『フォートナイト』. 2018年12月9日閲覧。
  36. ^ PS4/Switch版「フォートナイト」,スキンとV-Bucksがセットになったパッケージ版「ディープフリーズバンドル」を12月13日に発売 4Gamer.net 2018年10月23日
  37. ^ 『フォートナイト』の登録プレイヤー数が2億人を突破。「人口の多い国」世界6位を超える世界規模の現象に” (日本語). 電ファミニコゲーマー – ゲームの面白い記事読んでみない?. 2018年12月9日閲覧。
  38. ^ Tencent is the games industry's silent giant” (英語). GamesIndustry.biz. 2018年12月9日閲覧。
  39. ^ Chalk, Andy (2017年9月12日). “Fortnite Battle Royale is a 100-player last-man-standing mode, coming this month”. PC Gamer. PC Gamer. 2017年12月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月29日閲覧。
  40. ^ Gamasutra - Q&A;: How Epic pared down Fortnite Battle Royale to be fast and approachable”. web.archive.org (2018年3月14日). 2018年12月9日閲覧。
  41. ^ Epic GamesのMOBAアクション『Paragon』が運営終了―返金受付も実施中” (日本語). Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト. 2018年12月9日閲覧。
  42. ^ Santangelo, Nick (2018年6月13日). “Switch版『フォートナイト』で内蔵ボイスチャット機能が利用可能に” (日本語). IGN Japan. 2018年12月9日閲覧。
  43. ^ PlayStation®4用ソフトウェアタイトル『フォートナイト』にて、クロスプレイ機能を拡張するベータテストを実施 | PlayStation.Blog” (日本語). PlayStation®4用ソフトウェアタイトル『フォートナイト』にて、クロスプレイ機能を拡張するベータテストを実施 | PlayStation.Blog. 2018年12月9日閲覧。
  44. ^ 『Fortnite Battle Royale』プレイヤー数が1000万人突破!人気急上昇ーツイッターで発表” (日本語). Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト. 2018年12月9日閲覧。
  45. ^ a b “『フォートナイト』の登録プレイヤー数が2億人を突破。「人口の多い国」世界6位を超える世界規模の現象に” (日本語). 電ファミニコゲーマー – ゲームの面白い記事読んでみない?. http://news.denfaminicogamer.jp/news/181128b 2018年12月3日閲覧。 
  46. ^ 今や『Fortnite Battle Royale』はTwitchにて最も注目されるゲーム。平均して15万人の視聴者数を誇るトップタイトルに – DPQP”. dpqp.jp. 2018年12月9日閲覧。
  47. ^ プレスリリース:JazwaresがEpic Gamesと提携して幅広いフォートナイト製品を年内発売(共同通信PRワイヤー)” (日本語). 毎日新聞. 2018年12月9日閲覧。
  48. ^ 『フォークナイフ』という存在しないゲームが海外で注目集める―真相は『フォートナイト』の言い間違い?” (日本語). Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト. 2018年12月9日閲覧。
  49. ^ 『フォートナイト』の言い間違いで話題の「フォークナイフ」がゲーム内に実装―Epic Gamesの本領発揮” (日本語). インサイド. 2018年12月9日閲覧。
  50. ^ 『フォートナイト』“教室では遊ばないように”注意書き追加―裏にはある教員の要望が” (日本語). Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト. 2018年12月9日閲覧。
  51. ^ 『フォートナイト』“教室では遊ばないように”注意書き追加―裏にはある教員の要望が” (日本語). Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト. 2018年12月9日閲覧。
  52. ^ Ishii, Ryuki (2018年8月1日). “我が子のために『フォートナイト』のコーチを雇う親が増えつつあるとの報道。「親の敵」扱いから一転、子供を伸ばす手段に”. AUTOMATON. 2018年12月9日閲覧。
  53. ^ 「フォートナイト」のプロゲーマーを家庭教師に雇って子どもにゲームのレッスンを受けさせる親が続出している” (日本語). GIGAZINE. 2018年12月9日閲覧。
  54. ^ 100億円以上というeスポーツ界トップクラスの賞金がフォートナイトの公式大会にかけられるとEpic Gamesが発表” (日本語). GIGAZINE. 2018年12月9日閲覧。
  55. ^ 『フォートナイト』2019年後半に“Fortnite World Cup”を開催! 予選開始は2018年秋より” (日本語). ファミ通.com. 2018年12月9日閲覧。
  56. ^ 【フォートナイト】”Summer Skirmish Series” 全ウィーク結果まとめ【サマースカーミッシュ】” (日本語). ファミ通AppVS. 2018年12月9日閲覧。
  57. ^ 【フォートナイト】”Fall Skirmish” 全ウィーク結果まとめ【フォールスカーミッシュ】” (日本語). ファミ通AppVS. 2018年12月9日閲覧。
  58. ^ “「PUBG」開発元が「フォートナイト」を著作権侵害で提訴 韓国でのサービス中断を求める” (日本語). ねとらぼ. http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1805/29/news115.html 2018年12月3日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]