鈴木ふみ奈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
すずき ふみな
鈴木 ふみ奈
プロフィール
愛称 ふみにゃん
生年月日 1990年7月5日
現年齢 32歳
出身地 日本の旗 日本埼玉県[1]
血液型 AB型[1]
瞳の色
毛髪の色
公称サイズ(2020年[1]時点)
身長 / 体重 167 cm / kg
スリーサイズ 96 - 60 - 93 cm
カップサイズ I
靴のサイズ 24.5 cm
活動
デビュー 2009年
ジャンル グラビアアイドル
モデル内容 一般、水着
他の活動 女優
事務所 オフィスポケット
その他の記録
ミスFLASH2011 グランプリ
モデル: テンプレート - カテゴリ

鈴木 ふみ奈(すずき ふみな、1990年7月5日[1][2] - )は、日本グラビアアイドル女優埼玉県出身。オフィスポケット所属。

来歴[編集]

日本大学芸術学部音楽学科サックス専攻卒業[3][4]

2009年より雑誌のグラビアページに登場して以降、各雑誌のグラビアに掲載され、名前が知られることとなった。2010年にはテレビにも登場し、同年9月には初のイメージDVDを発売。

2011年2月には「ミスFLASH2011」グランプリ[5]。「ミスFLASH2011」出場者で結成された「G☆Girls」に参加。

2015年8月24日、ベルサール秋葉原で開催された第3回「AKIBA TOKYO COLLECTION」において、人気グラビアアイドル総勢30人超参加のコスプレファッションショーが行われ、グランプリを獲得[6]

2017年4月10日発売の『週刊プレイボーイ』(17号、集英社)の企画「グラドルくびれ番付2017」にて東の横綱に選出された。これまでに「美尻番付」(2015年)[7]、「おっぱい番付」(2016年)[8]でも横綱に選出されており、同誌グラドル番付企画にて胸・尻・腰の3冠を達成した[9]

2018年7月17日、世界で最も歴史のあるミス・コンテスト「ミス・ワールド」の2018年度日本代表を決める「ミス・ワールド・ジャパン2018」のファイナリスト30名に選ばれた[10]

2018年8月28日、「ミス・ワールド・ジャパン2018」にて、上位10名まで残ったが、惜しくもグランプリは逃すも審査員特別賞を受賞した[11]。さらにWeb投票など、一般投票で競った「マルチメディア部門」において1位に輝いた[12]

人物・エピソード[編集]

特技はサックス演奏、ピアノ(幼稚園から続けている)、腕を組んで体を一周、ハイキック殺陣ハンドスプリングスマイル[1]色鉛筆イラスト[13]

趣味は麻雀、読書(ビジネス書)[1]

高校は吹奏楽で知られる学校で、「関東大会で金賞を受賞」とのこと。

芸能界デビューのきっかけは、親友がタレントとして所属している事務所のイベントに遊びに行った先でのスカウト。更衣室で着替えをしているところを間違えて入って来たマネジャーに見られたことがグラビアを始めるきっかけになったという[3][14]

有名キャラクターのコスプレをすることもある[15]

作品[編集]

イメージDVD[編集]

  • ピュア・スマイル(2010年9月17日、竹書房
  • ミスFLASH2011(2011年3月30日、イーネット・フロンティア
  • ふみにゃん(2011年6月24日、竹書房)
  • 恋ふみ(2011年9月20日、ラインコミュニケーションズ
  • ふみきゅん1 じゅーしーピーチ(2011年12月17日、晋遊舎
  • ふみきゅん2 ぷるるんプリン(2011年12月17日、晋遊舎)
  • フミナップル!(2012年5月23日、イーネット・フロンティア)
  • ふみもも(2012年9月20日、ラインコミュニケーションズ)
  • フミナップル2(2012年12月20日、イーネット・フロンティア)
  • ふみなの実(2013年4月26日、竹書房)
  • ふみなの雫(2013年7月20日、ラインコミュニケーションズ)[13]
  • 極上フミナップル!(2013年10月24日、イーネット・フロンティア)
  • フミプリン(2014年1月20日、ラインコミュニケーションズ)
  • ふみぱい(2014年6月20日、竹書房)
  • ふみきっす(2014年9月25日、イーネット・フロンティア)
  • 僕だけのふみ奈先生(2015年1月20日、ラインコミュニケーションズ)
  • 甘ふみ×熱ふみ(2015年5月20日、ラインコミュニケーションズ)[3]
  • VENUS☆FUMINA(2015年9月18日、イーネット・フロンティア)
  • ふみ、たわわ。(2015年12月15日、ラインコミュニケーションズ)
  • メロンの福音(2016年4月22日、竹書房)
  • ふみももリターンズ(2016年7月20日、ラインコミュニケーションズ)
  • with(2016年10月28日、エスデジタル)
  • Golden Smile(2019年2月20日、ラインコミュニケーションズ)
  • CURE(2020年5月20日、ラインコミュニケーションズ)[16]

VR[編集]

  • トキメキメテオ3DVR・ゴーグル付き鈴木ふみ奈(2017年10月19日、ギルド)

写真集[編集]

オムニバス写真集[編集]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

2011年
2013年
2015年
2017年
2018年
2019年
2021年
  • 桜の塔(4月15日 - 6月10日、テレビ朝日) - ホステスの重美 役
2022年

バラエティ[編集]

2010年
2011年
2012年
2013年
2016年
  • 水曜日のダウンタウンSP(6月15日、TBS) - ほかの出演者にばれないよう博多大吉の指示通りにコメントするという「グラドルが芸人の言う通り発言すれば面白い説」の仕掛け人として出演
2017年
  • 水曜日のダウンタウン(4月12日、TBS) - 服の背面が切り取られて丸出しという状態でデートをばれずに完遂する「びんぼっちゃまチャレンジ」にリベンジしたオードリー春日のデート相手として出演、実は自身もびんぼっちゃまスタイルで春日を騙すという仕掛け人役
2018年
  • 水曜日のダウンタウン こち亀検証SP(4月11日、TBS) - 『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の劇中にあった「裸にラップを30cm巻いたら見えなくなるのか」という検証にラップを巻かれるモデルとして出演

ラジオ[編集]

映画[編集]

ネットムービー[編集]

ネット配信[編集]

イベント[編集]

  • オフィスポケットWANGAN2008コラボ撮影会(2010年2月27日)
  • 鈴木ふみ奈ファーストDVD発売記念オフィスポケット撮影会(2010年10月3日)
  • オフィスポケット撮影会(2011年1月9日)

舞台[編集]

ゲーム[編集]

  • ELCHRONICA - ベルマ 役

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 2011年3月4日に再放送された。
  2. ^ 正確には12日、19日および26日の深夜2時からの放送。
  3. ^ G☆Girls(ミスFLASH2011)の黒田有彩は同番組のアシスタントでレギュラーで出演。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 公式プロフィール”. オフィスポケット. 2020年11月19日閲覧。
  2. ^ 徳間書店『アサ芸シークレットVol.64』(2020年)36頁
  3. ^ a b c 鈴木ふみ奈 (2015年6月12日). (インタビュー). “着替え見られてスカウト!?鈴木ふみ奈無敵のHカップ”. ドワンゴジェイピーnews (ドワンゴ). https://news.dwango.jp/gravure/9727-1506 2021年1月28日閲覧。 
  4. ^ a b 鈴木ふみ奈写真集「奇跡のH。」”. リイド社 (2015年). 2021年12月26日閲覧。
  5. ^ “ミスFLASH集結! 鈴木ふみ奈「トップ目指す」”. ZAKZAK (産経デジタル). (2011年2月8日). オリジナルの2011年2月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110211044400/https://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20110208/enn1102081540009-n1.htm 2023年1月17日閲覧。 
  6. ^ コスプレNo.1グラドルは誰!?[AKIBA TOKYO COLLECTION]写真レポ”. 日刊SPA!. 扶桑社 (2015年8月26日). 2022年2月3日閲覧。
  7. ^ 鈴木ふみ奈 [@suzukifumina] (2015年11月16日). "本日発売の #週刊プレイボーイ の美尻番付に西の横綱として掲載されてます♩" (ツイート). Twitterより2023年1月14日閲覧
  8. ^ 最新「グラドルボイン番付2016」発表! 今年は満場一致で決定?”. 週プレNEWS. 集英社 (2016年10月30日). 2023年1月14日閲覧。
  9. ^ 鈴木ふみ奈「くびれ番付」東横綱に、おっぱい・美尻と三冠達成”. ドワンゴジェイピーnews. ドワンゴ (2017年4月10日). 2023年1月14日閲覧。
  10. ^ グラビアアイドル鈴木ふみ奈「ミス・ワールド・ジャパン2018」ファイナリストに選出”. ドワンゴジェイピーnews. ドワンゴ (2018年7月17日). 2020年8月5日閲覧。
  11. ^ グラビアアイドル・鈴木ふみ奈、2018ミス・ワールド日本代表選考会で審査員特別賞受賞”. Deview-デビュー. oricon ME (2018年8月28日). 2021年1月6日閲覧。
  12. ^ グラドル界初、鈴木ふみ奈「ミス・ワールド」日本代表選考会で審査員特別賞受賞の快挙”. ドワンゴジェイピーnews. ドワンゴ (2018年8月29日). 2020年8月5日閲覧。
  13. ^ a b Hカップ鈴木ふみ奈、旅館の一室で禁断プレイに目覚めた?”. マイナビニュース. マイナビ (2013年8月13日). 2020年6月20日閲覧。
  14. ^ “【365日グラドル日記(100)】Hカップ巨乳で悩殺!!人気グラドル、鈴木ふみ奈”. サンスポ (産経デジタル). (2017年9月8日). https://www.sanspo.com/article/20170908-GZS2P5WIPZM65IIDQDVBTYXLFM/ 2017年9月10日閲覧。 
  15. ^ Iカップグラドル・鈴木ふみ奈 カウントダウングラビアがセクシーすぎる”. Sirabee. NEWSY (2020年5月10日). 2020年7月23日閲覧。
  16. ^ 鈴木ふみ奈 セクシー“ふみナース”に癒されて♡、復帰した柳瀬さきにエールも”. ドワンゴジェイピーnews. ドワンゴ (2020年11月4日). 2021年5月9日閲覧。
  17. ^ 「Maganda! 鈴木ふみ奈写真集」 - 木村晴 (写真集)”. 双葉社 (2016年). 2023年1月17日閲覧。
  18. ^ 鈴木ふみ奈写真集「FISH」”. リイド社 (2017年). 2023年1月17日閲覧。
  19. ^ 「鈴木ふみ奈写真集 Leap」 鈴木 ふみ奈”. KADOKAWA (2021年). 2023年1月17日閲覧。
  20. ^ マニア垂涎のすごい“着衣巨乳写真集”とは!? 「おっぱいには本当にいろいろあって…」”. 週プレNEWS. 集英社 (2018年6月16日). 2018年6月17日閲覧。
  21. ^ 鈴木ふみ奈、TVアニメ「絶対防衛レヴィアタン」公式コスプレイヤーに就任”. Livedoor ニュース. ライブドア (2013年4月5日). 2013年5月19日閲覧。
  22. ^ 東京無国籍少女”. Filmarks. 2021年3月14日閲覧。
  23. ^ 【映画】鐘が鳴りし、少女達は銃を撃つ <予告編> (YouTube). つくばテレビ. (2014年2月18日). https://www.youtube.com/watch?v=hKTMt_pnsTc 2023年1月17日閲覧。 
  24. ^ 仮面ライダー:冬映画「令ジェネ」追加キャスト10人解禁 鈴木ふみ奈、或人のギャグ指導・ハッピー遠藤も”. まんたんウェブ. MANTAN (2019年11月24日). 2019年11月24日閲覧。
  25. ^ パンフレット & 仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション
  26. ^ 鈴木ふみ奈 [@suzukifumina] (2022年4月28日). "映画「終わりが始まり」が5/27(金)より池袋シネマ・ロサさんで公開されます☺️" (ツイート). Twitterより2023年1月19日閲覧
  27. ^ Recommended Eggs 鈴木ふみ奈”. スクランブルエッグon the Web (2010年10月6日). 2023年1月17日閲覧。
  28. ^ 鈴木ふみ奈の挑戦”. テレ朝動画 (2014年6月24日). 2023年1月17日閲覧。
  29. ^ “【VR】鈴木ふみ奈 おやすみ前のマッサージを自画撮り❤︎”. 360Channel. (2017年1月27日). https://www.360ch.tv/video/view/223 2023年1月17日閲覧。 
  30. ^ “【VR】鈴木ふみ奈 キックボクシングを自画撮り❤︎”. 360Channel. (2017年1月27日). https://www.360ch.tv/video/view/224 2023年1月17日閲覧。 
  31. ^ 放送スケジュール”. 麻雀最強戦. 竹書房 (2019年). 2019年4月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年2月16日閲覧。
  32. ^ 麻雀ウォッチ編集部 (2019年2月6日). “麻雀最強戦2019 最強戦ガールズとアシスタントが決定 女流プレミアトーナメントの対局メンバーも発表!”. 麻雀ウォッチ. ムー. 2020年2月16日閲覧。

外部リンク[編集]