黒田有彩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
くろだ ありさ
黒田 有彩
プロフィール
愛称 くろあり
生年月日 1987年10月29日
現年齢 34歳
出身地 日本の旗 日本兵庫県
血液型 A型
公称サイズ(2009年時点)
身長 / 体重 163 cm / kg
スリーサイズ 85 - 60 - 89 cm
カップサイズ F
靴のサイズ 23.5 cm
活動
デビュー 2006年
ジャンル タレント
事務所 アンタレス(代表取締役)
acali
その他の記録
ミスフラッシュ2011
モデル: テンプレート - カテゴリ

黒田 有彩(くろだ ありさ、本名同じ、1987年10月29日 - )は、日本タレント兵庫県出身。お茶の水女子大学理学部物理学科卒業[1]

略歴[編集]

  • 中学2年生の時「21世紀の国連と日本の役割」という主題の作文コンクールに入賞[2]。その特典として、NASAを訪れたことがある[3]。その約1年前には、WWFジャパンの第9回全国中学生・高校生作文コンクール「かけがえのない地球を大切に」で、最優秀賞を受賞している(作文の題名は「森はなくなった」)。さらに、中学3年の時には「第3回サイエンスビジョンコンテスト(主催は読売新聞社)」の中学生の部で作文の優秀賞を受賞している(題名は「20××年 セイバーZ 誕生!」)。
  • 2006年お茶の水女子大学理学部物理学科に入学、2011年3月に同大学を卒業。卒論のテーマは「背景重力波からわかる宇宙のインフレーション」[4]
  • 大学1年の春に池袋でスカウトされ芸能界入り[5]。2009年4月、『キャンパスナイトフジ』のキャンパスナイターズに抜擢され[6]、翌年2010年3月の放送終了までレギュラー出演[7]
  • 大学3年の時に宇宙航空研究開発機構JAXA)の宇宙飛行士募集に応募したが実務経験など募集要項を満たさず不合格[5]
  • 2011年2月に『ミスフラッシュ2011』グランプリを受賞する[8][注 1][注 2]。同年8月に「ミスFLASH2011」出場者で結成された『G☆Girls』に参加[注 3]
  • 2012年以降、リケジョ(理系女子)タレントとして活動開始[12]
  • 2015年9月30日をもって、所属事務所だったソニー・ミュージックアーティスツを退社し[13]、同年10月からはフリーで活動[14]。2016年11月、個人事務所兼宇宙関連のプロジェクトを行う、株式会社アンタレスを設立[15]。2018年6月25日よりacaliに所属[16]
  • 2017年4月より文部科学省国立研究開発法人審議会 宇宙航空研究開発機構部会 臨時委員に就任。
  • 2020年4月1日、YouTubeチャンネル『黒田有彩もウーチュー部』を開設し、定期的に宇宙に関する動画を投稿する。

人物[編集]

  • 兄が2人いる[17]
  • 趣味・特技は、ダンス。小さなころから“隠れ目立ちたがり屋“であった[5]
  • 書道は十段[9][4]
  • キャンパスナイトフジの番組内ではいじられキャラであり、春日俊彰オードリー)のお気に入りメンバーだったため、絡むことが多かった。2009年12月に番組内で24時間マラソンを完走。
  • 一度は宇宙飛行士の夢をあきらめたが、宇宙飛行士・山崎直子に「これからは"伝える人"が宇宙に行く時代」と教えられ志を改めた[3]。宇宙飛行士には実務経験が求められるが、「宇宙の魅力を発信すること」を実務経験と掲げ、将来的なJAXA宇宙飛行士の受験を目指している[18]
  • 2004年、現役時代のセンター試験では数学200点満点。2015年度センター試験の物理も100点満点
  • 2017年にレーシック手術を受け、0.07から1.5以上に視力を上げている[19]

出演[編集]

地上波テレビ[編集]

レギュラー出演[編集]

  • キャンパスナイトフジフジテレビ、2009年4月10日 - 2010年3月19日)※キャンパスナイターズ[6][7]
  • お笑い図鑑 ハマヌキtvk、2009年10月6日 - 2010年4月1日)※二代目アシスタント
  • シューイチ日本テレビ、2012年4月1日 - 2014年3月30日)※シューイチガール
  • 高校講座 物理基礎NHK Eテレ、2013年4月17日 - 2017年3月1日)※番組MC[20]
  • BSコンシェルジュNHK[注 4]
    ※2015年4月24日 - 2016年3月25日は2015年度司会[注 5]
    ※2016年9月23日および11月25日は代理司会[注 6]
  • ハッカテン (読売テレビ
    season1 - 2016年3月25日、4月3日はゲスト。
    season2 - 2016年7月24日、8月5日はレギュラーゲスト。
    season3 - 2016年9月30日、10月7日はレギュラーゲスト。
    未来のフェス!チームラボジャングル - 2016年12月29日
  • 化学反応論-分子の変化と機能('17)(放送大学、教養学部放送科目 アシスタント)
  • 初歩からの宇宙の科学('17)(放送大学、教養学部放送科目 アシスタント)
  • 初歩からの化学('18) (放送大学、教養学部放送科目 アシスタント)
  • 力と運動の物理('19) (放送大学、教養学部放送科目 アシスタント)
  • 場と時間空間の物理('20) (放送大学、教養学部放送科目 アシスタント)

ドラマ出演[編集]

単発出演[編集]

BS・CS波テレビ[編集]

レギュラー出演(BS・CS波テレビ)[編集]

単発出演(BS・CS波テレビ)[編集]

ラジオ[編集]

インターネット放送[編集]

CM[編集]

テレビ・ラジオ放送[編集]

web用[編集]

  • 「‘MIZU’-TOTOの水-(MOVIE)」(TOTO、2010年8月3日 - 2011年10月[注 19]
  • 「J:COMインフォマーシャル」(J:COM、2010年12月)

映画[編集]

舞台[編集]

  • 落下ガール(2011年2月3日 - 6日、渋谷区文化総合センター大和田 伝承ホール) - 三浦明子 役[注 20]
  • Stranger than Paradise 〜深愛〜(2011年8月9日 - 14日、シアターグリーン) - 白鳥舞 役
  • 空色ドロップ(2012年1月11日 - 15日、中野ザ・ポケット) - 樋口菊 役/樋口未来 役(二役)[注 21]
  • 月下のオーケストラ(2012年4月11日 - 17日、シアターグリーン) - 福田未桂 役[注 22]
  • ひまわりのソラネ(2012年7月18日 - 22日、シアターグリーン) - 奥田慶 役
  • 人狼 ザ・ライブプレイングシアター(2013年1月29日 - 30日、サンモールスタジオ) - 天文学者・ルナ 役
  • 落下ガール(2013年3月8日・10日 - 11日、シアターサンモール) - 三浦明子 役[注 23]
  • 人狼 ザ・ライブプレイングシアター 四月公演 #04:VILLAGEⅡ(2013年4月29日、上野ストアハウス) - 天文学者・ルナ 役
  • サムライカウボーイ(2013年12月19日 - 23日、中野テアトルBONBON) - 加藤ユキ 役[24]
  • 桃太郎外伝~竜宮城大決戦~(2014年3月12日 - 16日、築地ブディストホール) - 白狐 役[25]
  • 劇団ハーベスト 第5回公演 「反重力ガール -starting over!!-」(2014年3月29日、新宿SPACE107)※日替わりゲスト[注 24]
  • RAIN(2014年4月16日 - 20日、中野ザ・ポケット) - カレント 役/カエリーナ 役(二役)
  • 即興芝居×即プレビュー「potluck5」(2014年5月8日、原宿アストロホール)
  • MOON SAGA -義経秘伝- 第二章(2014年8月8日 - 18日、明治座)ほか - 陽和 役[注 25][27]
  • エデンズロック(2015年3月25日 - 29日、新宿村LIVE) - ジョアンナ 役
  • ゲーテ先生の音楽会 ~ せんせいの恋 ~〔2015年5月1日 - 5日、カフェマメヒコ宇田川町店) - 患者・アリサ 役
  • アリスインプロジェクト「ヨルハ Ver. 1.1」(2015年5月27日 - 28日、新宿村LIVE) - シード 役
  • なつのロケット(2015年7月7日、吉祥寺シアター) - ゲスト出演
  • 即興芝居×即プレビュー「potluck8」(2015年9月1日、原宿アストロホール)
  • 最高の食卓(2015年9月16日 - 20日、TACCS1179) - 近藤 役
  • 解体されゆくアントニン・レーモンド建築 旧体育館の話(2016年4月7日 - 10日、高円寺 明石スタジオほか)

ライブ[編集]

  • TECHS 1〔2016年10月25日)
  • TECHS 2〔2017年2月14日)

リリース作品[編集]

書籍[編集]

単行本[編集]

写真集[編集]

DVD[編集]

イメージDVD[編集]

  1. 「有彩色」(2007年2月23日、竹書房
  2. 「メビウス」(2007年5月25日、スパイスビジュアル)
  3. 「FLY H!GH」(2010年3月19日、イーネット・フロンティア[28][注 26]
  4. 「ふわあり -あっつぅ〜〜い!」(2010年7月20日、ラインコミュニケーションズ
  5. 「22 〜ダブルピース〜」(2010年10月27日、晋遊舎
  6. 「ミスFLASH2011 黒田有彩」(2011年3月30日、イーネット・フロンティア)

その他[編集]

  1. 映画「阪急電車」(2011年10月28日、ポニーキャニオン
  2. 「怨霊映像特別篇 奇怪女子会 戦慄!ナデシコの恐怖」(2011年12月2日、マジカル)
  3. 舞台「空色ドロップ」(2012年4月11日、FLYING TRIP[注 21]
  4. 舞台「月下のオーケストラ」(2012年8月10日、FLYING TRIP)[注 22]

CD[編集]

本人名義
ユニットで参加
キャンパスナイターズ
G☆Girls

連載[編集]

雑誌[編集]

連載中

連載終了

  • 週刊大衆双葉社、2015年1月5日発売号 - 2016年5月23日発売号)
    ロト&ナンバーズ「超ペア理論」

Webサイト[編集]

  • 日本テレビ「SENSORS」(2016年5月 - )

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 2月7日、グランプリ4名の発表会見がニッポン放送のimagineスタジオで開催された。[9][4]
  2. ^ 「グラビアで認めてもらったような気がして自信が持てた」と話す黒田ら受賞した4人は、グアムで撮影されたDVDの発売イベントや[10]、各種PR会見に出席した[11]
  3. ^ G☆Girlsでの活動期間は2012年12月まで。
  4. ^ a b BSコンシェルジュは総合テレビジョンの他にNHK BS1およびNHK BSプレミアムにて同日の時差放送。
  5. ^ 隔週で村井美樹秀島史香と黒田の3人で担当。
  6. ^ 2016年9月23日および11月25日は2016年度司会(安めぐみ福田彩乃)の代理で出演。
  7. ^ 「TEAM G-MARKETS」(阿井莉沙入矢麻衣・黒田有彩・夏生ありさ・西本明日香)がKARAミスターのフリマネをした。
  8. ^ 事務所のイベント「G-MARKET Vol.2」でダンスパフォーマンスで披露。
  9. ^ 正確には12日・19日及び26日の深夜2時からの放送。
  10. ^ 総合テレビジョンの他にNHK BS1およびNHK BSプレミアムにて時差放送もあった。
  11. ^ a b BSスカパー版とスペースシャワーTVプラス版は別編成・別楽曲で放送
  12. ^ 銀河と鉄道の旅は2015年7月から10月まで各月1回の全4回放送(リピート放送あり)。
  13. ^ 2011年2月7日にイマジンスタジオで行なわれた選出発表記者会見の様子を収録。[9]
  14. ^ NHKワールド・ラジオ日本は衛星ラジオのみでの放送。
  15. ^ 高橋みなみの番組、「高橋みなみの これから、何する?」の代理パーソナリティとして。
  16. ^ 5月13日は「G-MARKET LIVE」の(代替)公演日のため番組欠席
  17. ^ 2012年4月に「サンデーはみんなであっ!とおどろく祭り!」から変更
  18. ^ イメージキャラクター・宮里藍の後方にいる受付嬢
  19. ^ 同社HP上にて公開していた。
  20. ^ 初舞台出演作品
  21. ^ a b 映像(商品)化に当たって、1月12日(A組)公演を収録
  22. ^ a b 映像(商品)化に当たって、4月13日(A組)公演を収録
  23. ^ 福田朱子(元SDN48)とダブルキャスト
  24. ^ 黒田と同じく同日ゲストの酒井瞳と一緒に「真心シスターズ」として出演。
  25. ^ 100名の公募から黒田とモデルの初音がWヒロインに選ばれた。[26]
  26. ^ 3枚目となるDVDは、2009年12月にバリ島で撮影され、2010年4月4日には発売記念イベントが行われた[29]。その様子とDVDのオフショットがブログで公開された[30]

出典[編集]

  1. ^ 公式ツイッタープロフィール
  2. ^ 黒田有彩”. ザテレビジョン. 2019年12月13日閲覧。
  3. ^ a b 宇宙飛行士を目指すタレント・黒田有彩--私が宇宙に惹かれる理由”. SENSORS(センサーズ). 2016年5月10日閲覧。
  4. ^ a b c 理学部4年生のミスFLASH・黒田有彩が、ビキニで物理学とグラビアを融合?(Deview)”. ORICON NEWS. 株式会社oricon ME (2011年2月14日). 2021年11月19日閲覧。
  5. ^ a b c 黒田有彩、センター今も満点 お茶大時代、ダメ元で宇宙飛行士応募”. withnews(ウィズニュース). 2015年2月28日閲覧。
  6. ^ a b 黒田有彩 (2009年4月7日). “☆ジフトイナスパンャキ☆ 「フジテレビ系列で4月10日からはじまるキャンパスナイトフジだょ」”. 黒田有彩 official blog. 2021年11月20日閲覧。
  7. ^ a b 黒田有彩 (2010年3月18日). “明日はてんこ盛りなんでよろしくヽ(´ー`)ノ 「キャンナイが明日で最終回…(´;ω;`)」”. 黒田有彩 official blog. 2021年11月20日閲覧。
    黒田有彩 (2010年3月20日). “卒業 「1年間ありがとうございました!!!!」”. 黒田有彩 official blog. 2021年11月20日閲覧。
    黒田有彩 (2010年3月21日). “感謝 「ほんとにほんとにありがとう!!!!!ヽ(*´∇`*)ノ」”. 黒田有彩 official blog. 2021年11月20日閲覧。
  8. ^ ミスFLASH2011の黒田有彩「4人でFLASHの表紙を飾りたい!」”. マイナビニュース (2019年4月11日). 2020年1月15日閲覧。
  9. ^ a b c JKから理学部、音大生まで白ビキニで集合! 『ミスFLASH2011』グランプリ決定(Deview)”. ORICON NEWS. 株式会社oricon ME (2011年2月7日). 2021年11月19日閲覧。
  10. ^ Hカップの仁藤みさきら『ミスFLASH2011』、セクシー水着姿でDVDアピール”. eltha エルザ. 株式会社oricon ME (2011年4月10日). 2021年11月19日閲覧。
  11. ^ 仁藤みさきら『ミスFLASH』が“透け透け”セクシーコスプレで悩殺ポーズ”. eltha エルザ. 株式会社oricon ME (2011年6月1日). 2021年11月19日閲覧。
  12. ^ センター試験は成功、でも… 宇宙女子「可能性信じて」(朝日新聞デジタル 2015年1月16日掲載)
  13. ^ ご報告。(有彩色---arisairo--- 2015年10月1日投稿)
  14. ^ 本人のFacebook 2015年11月14日投稿
  15. ^ ご報告(黒田有彩 official blog 2016年11月23日投稿)
  16. ^ 黒田有彩が所属となりました。”. acali (2018年6月25日). 2020年6月16日閲覧。
  17. ^ 黒田有彩、センター今も満点 お茶大時代、ダメ元で宇宙飛行士応募 withnews(2015年2月28日)”. 2021年8月22日閲覧。
  18. ^ 宇宙飛行士を目指すタレント・黒田有彩--私が宇宙に惹かれる理由(日本テレビ「SENSORS」2016年5月10日)
  19. ^ 宇宙飛行士を目指す黒田有彩、レーシック手術受け「世界がハイビジョン」”. スポニチ Sponichi Annex. 2017年2月9日閲覧。
  20. ^ 「物理基礎|NHK 春の新番組 春ナビ」より
  21. ^ 第20週(119話)「mp ミュージック・パレード」舞台裏に潜入 高志のバンドTV出演(NHK連続テレビ小説「まれ」公式HP)
  22. ^ 2011年6月6日のブログより
  23. ^ 宇宙博2014 NASA・JAXAの挑戦 宇宙開発大百科 - NHK名作選(動画・静止画) NHKアーカイブス
  24. ^ ミニシアター通信 女優・黒田有彩、豊富な才能に恵まれた理系女子の素顔
  25. ^ ミニシアター通信 元AKB48中塚智実・室龍規らが舞台「桃太郎外伝」会見、黒田有彩は「背筋をゾクゾクさせたい!」
  26. ^ 黒田有彩&初音、GACKT主演舞台のヒロインに決定”. ORICON NEWS. 株式会社oricon ME (2014年7月29日). 2021年11月20日閲覧。
  27. ^ GACKT舞台のヒロイン発表!感激のあまり… 舞台「MOON SAGA-義経秘伝-第2章」(1)[リンク切れ](まんたんウェブ2014年7月29日)
  28. ^ 黒田有彩 / FLY H!GH [DVD]”. CDJournal WEB. 株式会社シーディージャーナル (2010年3月). 2021年11月20日閲覧。
  29. ^ 高橋千文 (2010年4月5日). “元キャンパスナイターズの現役女子大生グラドル黒田有彩が男たちを誘惑!?”. マイナビニュース. 株式会社マイナビ. 2021年11月20日閲覧。
  30. ^ 黒田有彩 (2010年3月31日). “イベントまであと…”. 黒田有彩 official blog. 2021年11月20日閲覧。
    黒田有彩 (2010年4月2日). “ありがとうございました”. 黒田有彩 official blog. 2021年11月20日閲覧。
    黒田有彩 (2010年4月3日). “ついに明日”. 黒田有彩 official blog. 2021年11月20日閲覧。
    黒田有彩 (2010年4月4日). “最終章”. 黒田有彩 official blog. 2021年11月20日閲覧。
    黒田有彩 (2010年4月4日). “DVD発売記念イベント”. 黒田有彩 official blog. 2021年11月20日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]