汝は人狼なりや?

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

汝は人狼なりや?(なんじはじんろうなりや、Are You a Werewolf?)は、アメリカのゲームメーカーLoony Labs.より2001年に発売されたパーティーゲームである。

このゲームのもとになったパーティーゲームや、他社から発売されている同タイプのゲーム、ネット上でプレイされるようになったものなどが多種存在し、それらを総称してこのタイプのゲームは、「人狼WerewolfまたはMafia)」又は「人狼ゲーム[1]」と呼ばれている。日本においては、他社製ゲームについても「汝は人狼なりや?」と呼ばれることがある。

人狼ゲームの「デュスターヴァルトの人狼Die Werwölfe von DüsterwaldAsmodée Editionsが発売したLes loups-garous de Thiercelieuxの独語版)」は、2003年のドイツ年間ゲーム大賞でノミネートされた。2001年発売のこの作品は最初のライセンスフリーのゲームとされる。

日本においては、イタリアdaVinci社が発売したタブラの狼Lupus in Tabula)のルールがもっとも普及している。2002年、2004年、2009年にそれぞれ発売されており、カードやガジェットなどが追加されている。

解説[編集]

プレイヤーはそれぞれが村人と村人に化けた人狼となり、自分自身の正体がばれないようにしながら他のプレイヤーと交渉して相手の正体を探る。ゲームは半日単位で進行し、昼には全プレイヤーの投票により決まった人狼容疑者1名の処刑が、夜には人狼による村人の襲撃が行われる。全ての人狼を処刑することができれば村人チームの勝ち、生き残った人狼と同数まで村人を減らすことができれば人狼チームの勝ちとなる。

基本的には、村人、人狼、予言者(+GM)でプレイされるシンプルなゲームであるが、選択ルールとして存在したり、プレイヤーが自分たちで考案したりした、多種多様な特殊役職者を組み合わせてプレイされる場合も多い。その場合、ルールが少々複雑で初心者にはハードルの高いものとなっているが、慣れればあとは高い説得力を要するのみであり、いかに相手を説得するか、あるいは巧妙に騙し続けるかの駆け引きが重要な要素となる。

歴史[編集]

1930年頃、ヨーロッパでプレイされていた伝統的ゲームをもとに[要出典]、1986年、ソビエト連邦のモスクワ大学心理学部にてドミトリー・ダビドフ(ロシア語: Дми́трий Давы́дов, Dmitriy Davydov、欧米ではディマ・ダヴィドフ(Dimma Davidoff)の名で知られる)によって、市民とマフィアが争う「Mafia」といったゲームにまとめられる。これはGMをおき、昼フェイズと夜フェイズが存在する、現在プレイされているゲームに近しいものであった。これがヨーロッパ各地に広がり流行し、各地で様々なローカルルールや、特殊な役職を生み出した。

インターネットが普及したことにより、90年代後半頃より、ネット上でルールがまとめられたり、プレイされたりするようになる。これにより、さらに様々なバリエーションルールが増えた。現在商業出版されているカードセットに含まれている特殊役職の多くは、この頃に考案されたものが多い。

1997年頃、アメリカのアンドリュー・プロトキン (Andrew Plotkinは、Mafiaのゲームの背景を、狼人間と人間の戦いに置き換えることを思いつく。これは、ゲームと雰囲気があっていたため、従来のマフィアとともにアレンジバージョンとして広まった。(日本においては人狼vs村人の設定が主流であるが、海外においてはオリジナルであるマフィア版と人狼版の双方がプレイされている。ルールとしては基本的に同じである。)

それまでのMafia及び人狼は、役職カードを自作したり、トランプなどで代用してプレイされていたが、2001年、アメリカのLooney Labs.が、商業版のカードセット「Are You a Werewolf?」を販売する。 もとが伝統的ゲームであるため権利上の問題もなく[要出典]、これをはじめに各社から商業版のカードゲームが出版されるようになる。

基本的な遊び方[編集]

ゲームの準備[編集]

まず、各プレイヤーは、お互いを見通せるように円になるなどして着席する。 プレイヤーのうち1名がゲームマスター(以下GM)となり、司会進行を担当する。GMはあらかじめ決めておいても、役職を決定するときにランダムに決めてもよい。

役割名が記載されたカードをランダムに配るなどして、お互いの正体がわからないように各プレイヤーに役職を割り振る。

[編集]

GMは全員に夜が来たことを告げ、プレイヤーに目を閉じ頭を下げるよう指示する(例:「夜が来ました。プレイヤーは眠りについてください」)。

次に、GMは人狼に目を覚ますように伝え、誰を襲撃するかを指定させる(例:「人狼は目を開けてください。今晩、誰を襲撃するか指定してください」)。人狼は、襲撃対象のプレイヤーを指定する。人狼が複数いる場合は、人狼同士、黙ったまま身振り手振りで相談し、1名の対象を決める。対象が決定したら、人狼は目を閉じる。

次に、GMは予言者に目を覚ますように伝え、予言者が誰についての予言を行うかを指定させる(例:「予言者は目を開けてください。今晩、誰について予言を行うか指定してください」)。予言者は、黙ったまま任意の他プレイヤーを指定する。GMは周囲に気づかれないよう、あらかじめ決めておいた手振りや、カードを見せるなどして、対象のプレイヤーが人狼かそうでないかを予言者に伝える。 その後、予言者は目を閉じる。

[編集]

GMは全員に夜が明けたことを宣言し、襲撃されたプレイヤーを告げる(例:「夜が明けました。昨晩の犠牲者は○○さんです。」)。人狼に襲撃されたプレイヤーは死亡し、ゲームから除外される。

その後、生存者同士で人狼をさがすための、数分間の自由な会話が行われる。ただし、GM、死亡者、非参加者と話をしてはいけない。会話の内容は自由であるが、真実を話す必要はない。自由に嘘をついてもよい。自らの役割を明かすのも自由であるが、役職カードを公開してはいけない(カードを公開できる役職もある)。

あらかじめ決められた時間が経過したら、GMは会話を中断させる。生存者は、挙手や投票などで多数決を行い、1名の処刑者を互選する。最大得票者が複数いた場合は、決選投票を行う、ランダムに決定するなどして1名に決定する。選ばれた処刑対象者は、村の総意により処刑され、ゲームから除外される。最後の一言を言って手がかりを残すルールもある。

ここで昼は終了し、ゲームが終了するまで夜と昼を繰り返す。

死亡[編集]

死亡したプレイヤーはゲームから除外され、ゲーム終了まで会話してはいけない。もちろん、黙ったまま(表情や身振り手振りなどで)生存者に何かを伝えようとすることもできない。処刑投票に参加することもできない。

死亡したプレイヤーの正体は全員に明かされる(または、ゲーム終了まで伏せておくというルールもある。あらかじめ決めておく)。

ゲームの終了[編集]

以下のいずれかの条件が達成された時点で、GMはゲーム終了を宣言する。

人狼がすべて死亡した場合
村人側の勝利となる。
村人の数が、人狼の数と同数、またはそれ以下となった場合
人狼側の勝利となる。

主な役職[編集]

初期に販売された Are You a Werewolf? は、GM、人狼、予言者、村人だけのシンプルな構成であったが、あとから出版されたカードセットの多くはさまざまな役職を追加している。 基本的な役職として、『人狼読本』では以下の9種を挙げている[2]

村人陣営[編集]

村人陣営の勝利条件は、人狼の全滅である。

村人(市民、人間)
参加者の多数。何も能力を持たない一般の村人である。役職者を護るために人狼を騙して噛み先を操ったりして、わざと犠牲になる事が多い。
予言者(占い師)
夜の間にプレイヤーの中から1人を指定し、そのプレイヤーが人間か人狼かを知ることができる。
霊媒師(霊能者)
昼に処刑されたプレイヤーが人間か人狼かを知ることができる。ただし、ハンター(猫又)の道連れになった人の色は見れない。
狩人(ボディーガード、騎士)
夜の間にプレイヤーの中から1人を指定し、そのプレイヤーを人狼の襲撃から守ることができる。ただし、自分は守れない(ルールによって異なる)
フリーメイソン(共有者、共鳴者、恋人、双子)
2人一組の役職であり、お互いを(フリーメイソンであると)認識できる。つまり自分以外に1人、人狼でないプレイヤーを知ることができるのである。非常に騙られにくく、出られれば信用される。ただし騙りが出てきた場合(レアケースだが)、非常に酷い事になるので要注意。
ハンター(猫又)
死亡時に、報復として誰か1人を殺害できる。猫又の場合、噛まれれば人狼の1人を殺害、処刑なら生存者中の1人をランダム殺害となる。

人狼陣営[編集]

人狼陣営の勝利条件は、村人を人狼と同数以下まで減らすことである

人狼
人間に化けた狼であり、村人を殺し捕食するのが目的である。人狼が複数いる場合、他の人狼を全て把握できる。また、夜の間に人狼以外のプレイヤーを1人襲撃し、殺すことができる。
狂人(裏切り者、憑依者、多重人格者)
特殊な能力を持たず、予言者や霊媒師にも村人と判断される。嘘をつくことなどによって村人側を混乱させ、人狼に有利になるように動く役割を持つ。ただし、人狼と狂人は互いの正体を認識していない。ただし、ルールによって、人狼の会話を聞ける≪聴狂人≫も存在する。

第3陣営[編集]

村人にも人狼にも属さないプレイヤーである。独自の勝利条件を持つ。

妖狐(ハムスター人間、妖魔、ヴァンパイア、狐使い)
人狼に襲撃されても死なないが、予言者の能力の対象になると死んでしまう。予言者や霊媒師には村人と判断される。村人か人狼、どちらかが勝利条件を満たしたとき、自分が生存していればそのチームの代わりに勝者となる。
背徳者[編集]

簡単に言うと狂人の妖狐陣営版。妖狐が誰なのか把握しており、(ただし、狐からは背徳者が誰なのかはわからない)予言者や霊媒師には村人と判断される。妖きを生き残らせるように動く役職だが、妖狐が死んでしまうと、後追いで自殺してしまうのでそうなると他陣営に狐が死んだと簡単に判断させてしまうことになるため、狐よりも先に死ぬのが望ましい。

ちなみに、狐とは違って、狼に襲撃されると死亡し、予言者に占われても死なない。後追い自殺の場合は霊媒師は色を見れない。

キューピット(女神)[編集]

初めの夜に、2人を結び付けて恋人陣営にできる。GMがこれの場合、GMが選んだ2人が恋人となる。そのあとは、まあ、狂人のように動く役職。

恋人[編集]

キューピット(女神)によって結び付けられた2人のことを言う。初めの夜に通達が来る。

恋人になっても元の役職の能力はそのままで、最優先事項は相方を生き残らせること。村への貢献はしなくていい。

まあ、狼と村役職がセットになった場合、結果を騙ったり、狼仲間を誘導したりなど非常に面倒な役職である。

相方が死ぬともう片方も後追い自殺する。そうなると専用の表示がされ、簡単にわかるようになっている。

勝利条件は自分たち&キューピット以外の全員を皆殺しにすること。(ルールによって異なる)

主なカードセット[編集]

カードセットごとに役職やルールに独自のアレンジを加えて販売されている。海外においては、プレイヤーが独自に作成したカード画像なども多く公開されている。 日本で入手しやすい、カードセットは下記のようなものである。

Are You a Werewolf? (汝は人狼なりや?) Looney Labs.(アメリカ) 2001年
Les loups-garous de Thiercelieux(Thiercelieux村の人狼) Asmodée Editions(フランス)2001年
独語版は「デュスターヴァルドの人狼」、英語版は「ミラーズホロウの人狼」というように、言語版によってタイトルが異なる(内容は同じ)。日本では主に独語版、英語版が普及しているため、そちらの名前で呼ばれている。2003年ドイツ年間ゲーム大賞でノミネート。
Nouvelle Lune(新月)2006年
上記の追加カードセット。
Lupus in Tabula(タブラの狼)daVinci(イタリア) 2002年
日本でもっとも普及している。
Ultimate Werewolf(究極の人狼) Bezier Games(アメリカ) 2007年
インターネットでよくプレイされている特殊役職を多数収録した集大成的なもの。

日本においては複数の業者が輸入販売しているため、邦題には店によって差異がある場合がある。

日本には、「Are You a Werewolf?」が最初に輸入され、「汝は人狼なりや?」という邦題がつけられた。その後、他社製品が輸入された際に、「ミラーズホロウの人狼」や「タブラの狼」についても、汝は人狼なりや?のAsmodée版、daVinci版と名付けて販売していたショップがあったため、他社版についても「汝は人狼なりや?」と呼称される場合がある。

バリエーション[編集]

海外においては古くから普及しているため、派生したゲームやルールも多い。(en:Mafia (game)を参照)。

以下に、日本で派生したゲーム、作品を挙げる。

インターネット人狼
コンピュータによるチャットなどでも行うことが可能である。また、オンラインゲームのプレイヤー同士でも活発に行われている。関連項目を参照。
ダハブゲーム
バックパッカーによって「ダハブゲーム」としてアレンジされたものが、海外の日本人宿などで普及している。専用カードの代わりにトランプを利用し、王(人狼に相当)と平民に別れてプレイする。
iOSアプリ
iPhoneやiPod TouchなどiOSデバイス用のアプリとして、人狼ゲームが配信されている。1台のiOSデバイスをプレイヤー同士が手渡し、カードの確認と夜の行動を行う。ゲームマスターが進行しやすい工夫がされており、また、ゲームマスターもゲームに参加できる利点がある。2011年、初の日本語対応人狼ゲームアプリとして、「人狼ゲーム 〜牢獄の悪夢〜」が配信されている。2014年、イラストレーターの326がプロデュースし、株式会社クリップスが制作した「326人狼」がリリース。オンライン掲示板形式のアプリとしては「汝人狼也」がある。

テレビ番組[編集]

「汝は人狼なりや?」をもとにしたテレビ番組には下記のようなものがある。

人狼〜嘘つきは誰だ?〜
フジテレビ系列で放送されたゲームバラエティ番組
ジンロリアン〜人狼〜
TBS系列で放送されたゲームバラエティ番組
クイズ!スパイ2/7
フジテレビで放送されたクイズ番組
アルティメット人狼
ニコニコ生放送で配信されているネットテレビ番組

小説・漫画作品等[編集]

「汝は人狼なりや?」をもとにしたフィクション作品には下記のようなものがある。

DEATH NOTE -デスノート- キラゲーム
漫画「DEATH NOTE」をモチーフとしたニンテンドーDSソフト。
Doubt
本作を基にしたゲームを描いた漫画作品。
キャップストーン
本作を基にしたと思われる小説。
月見月理解の探偵殺人
本作を基にした[3]「探偵殺人ゲーム」を題材とする小説。
殺戮ゲームの館
本作を基にしたと思われる小説。作中では狼でなく魔物と呼ばれる。
次の犠牲者をオシラセシマス
本作を基にしたと思われるPlayStation Portableソフト。作中ではシリアルキラーゲームと呼ばれる。
人狼 ザ・ライブプレイングシアター
本作を舞台上で、プロの役者が生プレイする形式の公演。
人狼ゲーム
本作をテーマにした小説・漫画・映画。
人狼ゲーム~人事の悪夢~
iOSアプリ「人狼ゲーム~牢獄の悪夢~」作者による本作を基にした小説。
死神遊戯の契約者シリーズ
  • 死神遊戯の契約者 -Green- セブンデイズ・ゲーム
  • 死神遊戯の契約者 -Red- ナンバー・エイト
ライトノベル。本作を基にしたことを後書きで明言している。
レイジングループ
本作をテーマにしたゲームアプリ。日本の集落に伝わる伝承として本作の世界観が表現されている。

類似ゲーム[編集]

「汝は人狼なりや?」をもとにした類似ゲームには下記のようなものがある。

ルプスブルグ
タブラの狼をGMなしで4人 - 8人で遊べるようにしたゲームである。人狼と村人チームの戦いだけでなく、村人同士の個人戦にもなっている。
ワンナイト人狼[4]
ニコニコ動画運営の奥井晶久によって考案されたアレンジ版。ゲームマーケット2012秋にて初出。プレイヤーは3人から7人まで。少人数かつ短時間で遊べるようにルールがアレンジされている。ゲーム開始後最初の昼の投票で決着がつく。「ワンナイト」の名の通り、夜は役職カード配布直後の1回しかない。
基本ルールでは、必ず役職カードが何枚かGMの手元に残った状態でプレイを行うため、そのプレイで除外された役職を推理する事も攻略の鍵となる。まず、役職配布直後の夜パートでは占い師が任意の1名、もしくは配布されなかった役職全てを閲覧し、次に人狼が互いの仲間を確認し(この時、会話は不可)、次に怪盗は任意の1名の役職カードを自分の役職(怪盗のカード)と任意で交換することが出来る(閲覧できるのは交換後)。ゲームの結果は怪盗が役職を交換した後のものが適用され、怪盗の被害にあったプレイヤーは怪盗にしか分からないため、初期役職が人狼だったプレイヤーが知らない間に村人陣営である怪盗になっている可能性を前提にプレイを行わなければならない。なお、昼パートの会話で村に人狼がいないという合意に至った場合は各プレイヤーに1票ずつ(多くのハウスルールでは右隣のプレイヤーを指定)入れることでその結論をゲームマスターに示す。
超高校級の人狼[5]
ゲーム『ダンガンロンパ』シリーズのキャラクターと設定を取り入れたゲーム。固有の能力を持つキャラクターカードやアイテムカードが多数導入されており、役職も一部異なる。

日本国内でのインターネット上の人狼[編集]

日本ではTable@のaduma氏がタブラの狼をもとに、インターネット向けにアレンジして公開したものを皮切りに、様々な派生版、移植版が登場した。これらのゲームはそれぞれルールが細部で異なることが多い。また、これら以外にもスマートフォンの普及に伴い、人狼ゲームを題材にした携帯アプリが存在する。

チャット形式
大別して俗に「CGI版」と称されるものと「PHP版」と称されるものの二種類があるが、現在はCGI版が主流。1回のプレイが30分~2時間前後となる短期戦で遊ばれる事が多い。通称わかめて鯖、桃栗鯖、るる鯖、人狼オンライン(yahoo人狼)など。サーバーによって戦法や参加層に特徴がある。実際に村に参加する前に、各サーバーのwikiや過去ログを読んだり、進行中の村を観戦することが推奨される。
続わかめてエディション(わかめて鯖)
多人数用。プレイ自体は少人数から可能だが、主に12人以上の村が建つ。16~17人の村を普通村と呼ぶ。30人村が立つこともある。特殊役職は猫又、子狐、大狼、等。種類は少ないがGMの裁量次第で様々な特殊村を行うことができる。特殊ルールとして占い師2人や、デビルトリガー、デスノート等の設定も行なうことが出来る。発言ログを手動で取る必要があるため、多くのプレイヤーが「人狼わかめてメモ」などの支援サイトを利用している。
桃栗三年サーバー(桃栗鯖)
少人数用。4~10人で遊ぶ。わかめて鯖に比べて特殊役職が多い。8人以上の村にトリップを付けて参加し勝利すると桃栗ポイントが貯まり、ポイントを消費して最大15人までの特殊村を開催することができる。知り合い同士で人狼ゲームを行う際に使われることも多い。わかめて鯖のプログラムを流用しているため、わかめて鯖ユーザーにとっては非常に操作しやすい。わかめて鯖の支援プログラムは桃栗鯖でも使用可能であることが多い。
るる鯖「汝は人狼なりや?」
最低4人から最大30人まで参加可能。14人村、19人村など建つ村の傾向がわかめて鯖とは異なる。希望役職制を導入していて、村が始まる前に希望の役職を選ぶとその役職に就きやすくなる。わかめて鯖のサーバーが落ちた際の緊急避難場所として始まったという噂があり、デフォルトでわかめて鯖の欠点の幾つかに対応している(わかめて鯖では支援サイトを利用することでこれらの欠点を補う)。上記二つとは異なり、Javaスクリプトで作成されている。
人狼オンライン
「yahoo人狼」と呼ばれることもある。βサービスを経て2014年9月に正式サービスが開始された。「対面人狼のように人狼をする」がコンセプトでアバターが充実し、MMORPGのような趣を出している。基本プレイは無料で、有料アイテムとして特殊アバターや役職カードなどが販売されている。役職カードを使用すれば希望の役職になれる可能性が高くなる。従来の「村人チーム」「人狼チーム」「第3勢力」に分かれて戦う「オリジンモード」と、「善人チーム」「悪人チーム」に分かれて戦う「アナザーモード」の2種類がある。2016年3月31日にサービスが終了した。
オンライン人狼 えけけ鯖
2016年2月にベータ版として公開。TwitterGoogle+Yahoo! Japanのアカウントでログインし、完全無料でプレイできる。プレイヤーは3~18人で、配役は20種類以上用意されている。チャットとリアルタイム投票により進行し、過去ログを再生することもできる。
掲示板形式
長期戦の場合このタイプが向いていて、1回のプレイが通常1週間前後、長い場合は1ヶ月かけられることもある。昼フェーズと夜フェーズがひとつのフレーズに纏められていることが多い。短期戦の場合は昼フェーズと夜フェーズが分かれていることが多い。人狼BBSなど。
ウルティマオンライン
2005年にはMMORPGウルティマオンライン』の発売元であるエレクトロニック・アーツとタブラの狼の発売元であるdaVinciの間で公式サポート化の合意がなされ、ウルティマオンライン内でのプレイが公式に認められている。
Skype人狼
SkypeJinro!SEというツールを用いて行う。対話をリアルタイムで行うため、チャット形式やBBS形式とは違った楽しみ方ができる。
その他
インターネット・リレー・チャットMMORPGSNSなどを用いてプレイされることもある。またゲームマスター役とチャット等の通信手段さえあれば人狼はプレイできるため、媒体は事実上無限といえる。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 勝敗は会話の駆け引きで ブーム加速、「人狼ゲーム」 日本経済新聞 2014年7月9日
  2. ^ ファミ通コンテンツ企画部 『人狼読本』 エンターブレイン、2013年、9頁。ISBN 978-4047292482
  3. ^ 作者 明月千里インタビューより
  4. ^ ワンナイト人狼 公式ページ
  5. ^ ダンガンロンパ1・2 超高校級の人狼 特設サイト

外部リンク[編集]