アルティメット人狼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。
アルティメット人狼
Humax pavilion shinjuku IMG 5653 20140311.JPG
ヒューマックスパビリオン、新宿歌舞伎町
7F新宿FACEは「アルティメット人狼5」「同7」「同8」会場
イベントの種類 パーティーゲーム公演
開催時期 不定期
初回開催 2014年8月24日
最終開催 2017年5月7日
(「アルティメット人狼8」)
開催時間 午後
会場 東京カルチャーカルチャー
新宿FACE
幕張メッセ
Red Bull Studios Tokyo Hall
主催 眞形隆之
児玉健
桜庭未那
イシイジロウ
協賛 ファミ通.com
協力 人狼 ザ・ライブプレイングシアター
人狼ルーム
人狼ゲーム~牢獄の悪夢~
ファイナルトレジャー
麻雀スリアロチャンネル

アルティメット人狼(アルティメットじんろう)は、各分野で活動する人物が集い、パーティーゲーム人狼ゲーム」をプレイする、イベント、およびインターネットテレビ番組のシリーズである。ニコニコ生放送で配信される。

概要[編集]

開催までの経緯[編集]

イシイジロウと人狼ゲーム[編集]

人狼ゲームは、2000年代前半に日本に伝わると、カードを利用したアナログゲームや、インターネット掲示板を用いたチャットゲームとして、一部の愛好者にプレイされていった。2010年代に入ると、スマートフォンアプリ(「人狼ゲーム~牢獄の悪夢~」、「The Werewolf」、「汝人狼也」など)や、インターネット番組、テレビ番組(「ジンロリアン〜人狼〜」、「人狼〜嘘つきは誰だ?〜」)の影響で、より一層普及していった。人狼ブームの到来である[1][2]

428 〜封鎖された渋谷で〜』の制作者として知られる、ゲームクリエイターイシイジロウもまた、人狼ゲームの魅力に惹かれた一人だった。イシイは2004年、チュンソフト在籍時代に初めて人狼ゲームを知ると、社内で同僚たちとネット人狼、対面人狼を盛んにプレイするようになった。しかし、人数を必要とする、時間がかかるといったゲーム上の問題や、本人たちの飽きを理由として、社内での盛り上がりは数か月で過ぎ去り、ゲームをプレイする頻度は減っていった。

ところが2013年になると、イシイの、人狼ゲームに対する見方は一転する。ゲームクリエイターの友人のツイートから、アドリブ舞台劇である、人狼 ザ・ライブプレイングシアター略称『人狼TLPT』)の存在を聞き興味を持ったイシイは、2013年2月に、公演「#03:VILLAGE I 雪深い村」を観覧したことで、TLPTが掲げる「魅せる人狼」に感銘を受けたのだった。そしてクリエイターである自身もまた、それを表現したいという意欲が強まり、2013年3月14日に、自らが主宰として、第1回ゲームクリエイター人狼会を開いたのだった。ゲームクリエイター人狼会には、ゲームクリエイターのみならず、ドイツゲームスペース@Shibuyaの児玉健や、人狼TLPTプロデューサーの桜庭未那、人狼TLPTの一部のキャストも関わった[3][4][5][6]

なおイシイは、人狼ゲームを知った当初から、人狼ゲームのテレビゲーム化については構想があった旨を明かしている。加えて、そのまま「(人狼ゲームのあり方である)議論をする」という方向性では限界があるためゲーム化は難しいとする判断や、その一方で人狼TLPTのようなアナログゲームの先行からゲームクリエイターはテレビゲーム化のヒントを得られるとの考えを、述べている[7]

マドックとの対決を経て[編集]

2013年10月10日に、「異種格闘技人狼」が、ドイツゲームスペース@Shibuya主催で開催された。プレイヤーとしてイシイジロウ、児玉健らが参加し、「新しい観覧参加型人狼イベント」と称された[8][9]

そして、ゲームクリエイター人狼会初開催からおよそ1年後の2014年4月19日、ニコニコ生放送で、「将棋棋士の人狼」シリーズ第5弾である「将棋棋士vsゲームクリエイター」が配信された[10]。この番組では、人狼TLPTより、「医師マドック」として松崎史也がゲスト参戦し、イシイとマドックとの対戦が初めて放送されることとなった。

最終戦、マドックはプレイヤーたちのみならず視聴者の多くを騙して勝利を収め、イシイを負かした。イシイはさらなる勝負を求め、そしてマドックはこの挑戦に応じた。これに、プレイヤーとして参加していた、「人狼伝道師」の一面を持つ眞形隆之が検討を述べる形で、アルティメット人狼の構想が初めて公に表面化したのである。

イベントの位置づけ[編集]

イベントの意義[編集]

2014年8月24日の初開催時は、「ゲームクリエイター人狼会vs人狼TLPT」と題されていたが、のちに、将棋棋士評論家雀士なども参加するようになり、ほかの業界との団体戦もしたいというイシイの思い[11]が結実してきた。イベントは、先述した2013年開催の「異種格闘技人狼」の系統であることから、「人狼ゲームの異種格闘技戦」と紹介されることがあった[12]

その後、初開催からおよそ2年後となる2016年9月1日、ニコニコチャンネルで「アルティメット人狼チャンネル」が開設され[13]、公式ページにて、「魅せる人狼ゲームの最高峰を目指す」と紹介されるようになった。

イベントでは、人狼TLPTに出演している役者は、TLPTにおけるキャラクターのコスチュームでのゲーム参加となっている。また、役者によっては、TLPT本公演と同様のロールプレイングを披露している。たとえば、「医師マドック」として白衣の姿で出演している松崎史也の場合、ゲーム中の口調は医師マドックとしてのそれである。ゲーム間のインターバル、また、ゲーム中における夜のターン(「幽霊タイム」)におけるトークも合わさって、イベントは、TLPTやゲームクリエイターをはじめとした出演陣による、作品・公演・他イベント等の宣伝の場としても機能していると言える。

2016年1月17日に開催された「アルティメット人狼5」では、ニコ生総視聴者数が20万人を超えている。

第1部と第2部の位置づけ[編集]

初回のアルティメット人狼では3戦、「2」では2戦が開かれた。

「3」以後のナンバリングタイトルでは、それぞれ第1部に2戦、第2部に2戦を行う、計4戦の構成となっている。第2部は、「将棋棋士vsゲームクリエイター」の流れを汲んだ、人狼TLPT、将棋棋士、ゲームクリエイターの3団体による戦いが基盤となっている。対して、第1部では、より多彩なジャンルからプレイヤーが参加している。ニコニコ生放送では、「3」以後、第2部第2戦のみ、プレミアム会員限定で視聴可能となっている。

闘会議2016」では1戦が開かれた。

「昼の部」「夜の部」へ名称変更[編集]

「アルティメット人狼8」では、それまでの「第1部」「第2部」の区分が、それぞれ「昼の部」「夜の部」の名称に変更。これに伴い、第2部に見られた、人狼TLPT将棋棋士ゲームクリエイターの3団体を基盤とした出演者構成が廃止となった。

ゲームの形式[編集]

ゲームのルール[編集]

シリーズを通し、ゲームのルール、およびゲーム進行の形式は、人狼TLPTの劇中で使用されるものを基調としている[14]

  • ゲームは13人のプレイヤーで開始する。
    人間陣営:計9人【人間6人/予言者1人/霊媒師1人/狩人1人】
    人狼陣営:計4人【人狼3人/狂人1人】
  • 昼のターンはステージ上にて、議論の後に、投票を行う。夜のターンではステージ外にて、GM(ゲームマスター)の指示に合わせて、各プレイヤーがそれぞれの役職に応じた行動をする。
  • 各日の議論時間は、日数が経過するにつれて短くなる。
  • 投票の順番はプレイヤーの任意である。また、投票の時間には、議論に発展しない程度の発言ができる。
  • 最多得票者が複数いた場合は、最終弁明の後に決選投票を行う。決選投票では、最多得票者自身は投票の権利を持たない。決選投票を1度行った時点で、最多得票者が単独で決定しなかった場合は、決選投票における最多得票者のみを投票対象とした、2度目の決選投票を行う。さらに、決選投票を2度行った時点で、最多得票者が複数いた場合は、その日の処刑者をなしとする。
  • 処刑者は遺言を残せる。
  • 投票時・最終弁明時・遺言時に、能力者CO(カミングアウト:自分の正体を明かす)ができる。(ただし初開催時は、議論時間外に、具体的な能力名までCOすることは禁じられていた)
  • 予言者はゲーム開始前に、人狼ではないプレイヤーを1人、GMより知らされている。
  • 狩人は2日続けて同じプレイヤーを守れない。(「連続ガード」不可)
  • 夜のターン、人狼同士は、どの人間を襲撃するか以外の相談はできない。
  • 人狼陣営のプレイヤーだけでなく、人間陣営のプレイヤーも嘘をつける。(「村騙り」「結果騙り」可)

投票には、薔薇造花が使用される。テーブル上の本数によって未投票者の人数が、また、所持している本数によって得票数がわかる仕組みとなっている。「4」「5」「6」の第1部では、薔薇の代わりに、スライム(ドラゴンクエスト)棒が使用され、スライムの色によって、得票の順番がわかる仕組みとなっていた。「7」では、第1部・第2部ともに、投票の前半が赤い薔薇、後半が白い薔薇のルールだった。

役職公開[編集]

「1」「2」「3」の1戦目に限り、幽霊タイムに、処刑と襲撃によって退場したプレイヤーの役職を客席に公開していた。「4」以降は、退場したプレイヤーの役職を公開しない、人狼TLPTにおける「フルクローズ」の方法を採用している。

歴史[編集]

各陣営・各役職のイメージカラーは、人狼TLPT公式サイトプレイログにおける表記に準拠している。

  • 人間陣営(緑)【人間(緑)、予言者(青)、霊媒師(茶)、狩人(黄)
  • 人狼陣営(赤)【人狼(赤)、狂人(紫)
開催日 開催場所 タイトル ゲーム数 勝利 MVP(役職) 通算ゲーム数
2014年8月24日 東京カルチャーカルチャー Ultimate Werewolf Federation

アルティメット人狼 ゲームクリエイター人狼会vs人狼TLPT

第1戦 人狼 コーダ(狂人) 1
第2戦 人狼 選出なし 2
第3戦 人狼 3
2014年12月19日 アルティメット人狼2 第1戦 人狼 4
第2戦 人間 5
2015年5月6日 ファミ通.com アルティメット人狼3 第1部 第1戦 人間 6
第2戦 人間 7
第2部 第1戦 人間 8
第2戦 人間 9
2015年9月13日 アルティメット人狼4 Supported by ファミ通.com 第1部 第1戦 人狼 スパイク(人狼) 10
第2戦 人間 ドリス(狩人) 11
第2部 第1戦 人狼 香川愛生(人狼) 12
第2戦 人狼 中田功(人狼) 13
2016年1月17日 新宿FACE アルティメット人狼5 supported by ファミ通.com 第1部 第1戦 人狼 大崎初音(人狼) 14
第2戦 人間 歌広場淳(狩人) 15
第2部 第1戦 人狼 マドック(人狼) 16
第2戦 人間 香川愛生(人間) 17
2016年1月30日 幕張メッセ アルティメット人狼 in 闘会議2016 1戦のみ 人間 村中秀史(予言者) 18
2016年6月5日 Red Bull Studios Tokyo Hall アルティメット人狼6 supported by ファミ通.com 第1部 第1戦 人間 齊藤陽介(狩人) 19
第2戦 人狼 イシイジロウ(人狼) 20
第2部 第1戦 人間 村中秀史(予言者) 21
第2戦 人間 児玉健(予言者) 22
2016年10月1日 新宿FACE アルティメット人狼7 supported by ファミ通.com 第1部 第1戦 人狼 ムサシ(人狼) 23
第2戦 人間 児玉健(予言者) 24
第2部 第1戦 人間 香川愛生(人間) 25
第2戦 人間 ハイラム(予言者) 26
2017年2月11日 幕張メッセ アルティメット人狼 in 闘会議2017 1戦のみ 人狼 村中秀史(人狼) 27
2017年5月7日 新宿FACE アルティメット人狼8 supported by ファミ通.com 昼の部 第1戦 人狼 メイソン(人狼) 28
第2戦 人間 平はちろー(人間) 29
夜の部 第1戦 人間 初美メアリ(人間) 30
第2戦 人間 イシイジロウ(人間) 31

各イベント・各ゲームの内容[編集]

それぞれのゲーム結果を示す表においては、プレイヤーの役職と生死を、客席から見た席順に記載している。中央(議長席)に座る議論の進行役には(C)と記している。生死については、処刑による死亡を「吊」、襲撃による死亡を「噛」と記している。

アルティメット人狼[編集]

2014年8月24日、東京カルチャーカルチャーにて、「Ultimate Werewolf Federation アルティメット人狼 ゲームクリエイター人狼会vs人狼TLPT」のタイトルで開催された[15][16]ゲームクリエイター人狼会からは、ゲームクリエイター人狼会主宰のイシイジロウ、「将棋棋士vsゲームクリエイター」に参戦していた外山圭一郎GRAVITY DAZE)、大野聡機動戦士ガンダム バトルオペレーション)、小高和剛ダンガンロンパシリーズ)のほか、新たに、藤澤仁ドラゴンクエストシリーズ)、森本茂樹ポケットモンスターシリーズ)が出場した。人狼TLPTからは、「将棋棋士vsゲームクリエイター」にゲスト参戦した医師マドック(松崎史也)のほか、菓子職人デイジー(寺島絵里香)、修道女エスター(横山可奈子)、未亡人キャシー(都倉伶奈)、踊り娘ドリス(森本未来)、賢者コーダ(児玉健)、局長サミー(加藤靖久)が出場した。サミーは、自由人メイソン(石井由多加)の代役としての出演だった。また、団長ダンカン(池永英介)がゲームの解説役を務めた。公演の司会進行は主宰の眞形隆之が務めた。ナレーションは桜庭未那が七城ナナとして務めた。ほか、人狼ゲーム~牢獄の悪夢~、ファイナルトレジャー、人狼ルーム、麻雀スリアロチャンネルが協力。ゲームマスターは、阿部洸希と長谷川貴広が務めた。

前売りチケットは3分で完売した[17]。2戦の予定として告知されていたが、2戦目終了後、アンコールの形で3戦目が上演された。

  • ゲームごとに議長席のプレイヤーが交替した唯一の回である。

第1戦[編集]

マドック 外山圭一郎 デイジー 大野聡 エスター 小高和剛  キャシー(C) 藤澤仁 ドリス 森本茂樹 コーダ イシイジロウ サミー
予言者 人狼 人間 人狼 人間 狩人 人間 人狼 人間 人間 狂人 人間 霊媒師
1日目噛 生存 2日目噛 生存 3日目噛 生存 4日目吊 生存 4日目噛 1日目吊 生存 3日目吊 2日目吊
バッドエンド/人狼勝利

初日の議論終盤、マドック、大野が予言者COをし、マドックはコーダを、大野はイシイを人間であると宣言。2日目になると、マドックが襲撃死していた一方、生存していた大野は、初日のコーダの誘導に従い、コーダを占ったと述べ、人間の判定を出した。これにより人間として確定したコーダは霊媒師CO。信用を得ると、同じ霊媒師をCOしていたサミーを処刑することに成功した。3日目の議論では、襲撃されない大野に対する、なぜまだ生きているのかという疑問や、会議に加わらない外山に対する、狼として潜伏しているのではないかという意見が出たものの、結果的に、人狼と疑われ処刑されたのは、初日に大野が人間判定を出していたイシイだった。そうして4日目、仲間を1人として失わなかった人狼陣営はパワープレイ(パワープレイ、PP:会議の総人数の半数を超えた人狼陣営が票を合わせ、任意の人間を処刑する)を起こしたのだった。シリーズ最初のゲームは、人狼TLPTゲーム指導の児玉が、3人のゲームクリエイターの人狼を巧みに補佐し、TLPTは全滅してしまうという展開だった。

  • ゲーム終了後に行われたニコ生の視聴者アンケートによるMVP投票では、狂人の児玉(コーダ)が76.7%の票を集めて、MVPとなった。なおこれ以後、MVPを決める視聴者アンケートは「4」まで行われなかった。

第2戦[編集]

マドック 外山圭一郎 デイジー 大野聡 エスター 小高和剛  サミー(C) 藤澤仁 ドリス 森本茂樹 コーダ イシイジロウ キャシー
人間 狂人 霊媒師 人間 人狼 狩人 人間 人狼 人間 人狼 人間 人間 予言者
6日目噛 1日目噛 4日目吊 5日目噛 2日目吊 1日目吊 4日目噛 3日目吊 3日目噛 生存 2日目噛 6日目吊 5日目吊
バッドエンド/人狼勝利

初日に唯一予言者COをしていた外山は、最後の投票権を持つと、決選投票に持ち込むことなく、小高に止めを刺した。このとき小高は能力者COをし、これは後日の議論まで尾を引いた。2日目になると、外山は殺されていたが、代わってキャシーが予言者CO。また、デイジーとエスターが霊媒師CO。この日には人狼のエスターを、さらに3日目には、潜伏していた人狼の藤澤を処刑できたものの、能力者がまだ生きているのはおかしいとして、4日目には霊媒師デイジーが、5日目には予言者キャシーが処刑された。本物の予言者キャシーは誰に対しても人狼の判定を出していなかったが、イシイとマドックを人間と占っていたことから、3人生存の6日目、キャシーの視点では、生き残っている森本がラストウルフ(ラストウルフ、LW:最後の人狼)と確定していた。しかしマドックとイシイは、キャシーへの不信に加え、ライバル対決の再現となるこの最終日をつくりあげた相手こそが人狼であるという判断から、互いに票を入れ合ったことで、2人を争わせた人狼の森本が独り勝ちを果たした。

  • イベントの翌月、2014年9月9日から15日まで、『人狼 ザ・ライブプレイングシアター X 新撰組 〜壬生村の狼 至誠の巻〜』が公演されることから、サミーは近藤勇、マドックは山南敬介として、それぞれ同公演で演じる役でプレイした[18]

第3戦[編集]

マドック 外山圭一郎 デイジー 大野聡 エスター 小高和剛  コーダ(C) 藤澤仁 ドリス 森本茂樹 キャシー イシイジロウ サミー
人間 人間 人間 人狼 人狼 霊媒師 人間 人狼 狂人 狩人 人間 予言者 人間
5日目吊 6日目吊 6日目噛 4日目吊 生存 3日目吊 4日目噛 1日目吊 2日目噛 1日目噛 3日目噛 2日目吊 5日目噛
バッドエンド/人狼勝利

初日、順に、狂人のドリス、人狼の藤澤、予言者のイシイが予言者CO。藤澤が処刑された。2日目、人狼の大野、霊媒師の小高が霊媒師COをする中、処刑されたのはイシイだった。3日目、ドリスが前夜の襲撃によって死んでいたことや、前日に霊媒師の小高が投票した相手が、対抗の大野ではなく、また、大野に人間と判定を出しているドリスでもなく、イシイだったことが、小高への疑いを形作り、「イシイ‐小高」のライン(ライン:能力によって判明する仲間どうしの繋がり)ではなく「ドリス‐大野」のラインが本物として見られ、小高が処刑された。しかし4日目になると、小高がなぜ仲間であるイシイに投票したのかという疑問が人間たちを迷わせ、安全策としてローラー(ローラー:能力者COした人物をすべて処刑する)が実行され、大野が処刑された。外山、デイジー、エスターが残った最終日、連日議論に参加せず酒を飲み続けてきた外山は、デイジーの問いかけに対し、面白がって人狼COをしたことで、最後の処刑者に。生き残った人狼エスターが勝利した。

アルティメット人狼2[編集]

2014年12月19日、東京カルチャーカルチャーにて開催された[19]。 オープニングムービーにおけるキャッチコピーは、「勝るのは クリエイターの想像力か 役者の演技力か 勝負師の理論か 目指すは… 究極の魅せる人狼」。

人狼TLPTから初回に引き続き参戦したのは、医師マドック(松崎史也)、菓子職人デイジー(寺島絵里香)、賢者コーダ(児玉健)。自由人メイソン(石井由多加)は、前回参加が予定されながらも急遽不参加となっていたため、今回が初出場となった。また、人狼TLPTルーキーとして、12月12日に[20]に初めて出演したばかりだった女主人ヒルダ(大崎初音)が初出場した。ゲームクリエイター人狼会からは、森本茂樹イシイジロウ大野聡が引き続き参加したほか、「将棋棋士vsゲームクリエイター」に出場していた安西崇が初出場した。ほか、人狼ゲーム~牢獄の悪夢~の開発者である鈴木教久、将棋棋士の門倉啓太、プロレスラーの男色ディーノ、そしてアルティメット人狼主宰である眞形隆之が初参戦した。

司会進行は、桜庭未那が七城ナナとして担当した。ほか、イベントの進行の補助を、TLPTから、団長ダンカン(池永英介)、世捨て人デヴィッド(溝口謙吾)、秘書ナタリー(手島紗樹)、機織りリネット(治田あかり)が担った。協力は、前回に引き続き、人狼TLPT、人狼ゲーム~牢獄の悪夢~、ファイナルトレジャー、人狼ルーム、麻雀スリアロチャンネル。

  • 門倉は、「将棋棋士vsゲームクリエイター」の際にマドックから命名された「カドック」として、白衣眼鏡という格好で出場した。
  • この回以後、イシイ、大野、森本、安西の4人は、イベントのシリーズに参加するゲームクリエイターの基本形となった。なお、小高和剛が不参加となった理由について、小高自身は、具体的な経緯については述べていないものの、「1回目のときにポンコツ『人狼』プレイヤーっぷりをいかんなく発揮してしまったせい」と記述している[21]
  • デイジー役の寺島が誕生日だったため、2戦終了時に、バースデーケーキが贈られた。

第1戦[編集]

マドック 門倉啓太 鈴木教久 デイジー 森本茂樹 眞形隆之 コーダ(C) イシイジロウ 大野聡 ヒルダ 安西崇 男色ディーノ メイソン
人間 予言者 人間 人間 狩人 人間 人間 狂人 霊媒師 人狼 人狼 人間 人狼
生存 4日目吊 3日目噛 1日目噛 2日目吊 2日目噛 生存 生存 1日目吊 生存 生存 3日目吊 生存
バッドエンド/人狼勝利

初日、予言者の門倉に注目が集まり、処刑の候補者として挙げられてしまう。人狼の安西が予言者COをしたあとに、続けて門倉も予言者COをするが、門倉はなかなか信用を得られない。さらにこの日の投票では、最後の投票権を持ったコーダが、本物の霊媒師である大野を殺してしまう。2日目、狂人のイシイが霊媒師COをすると、マドック、コーダの両人間は、前日遺言でCOをした大野は霊媒騙りの人狼であると強く主張する。一方門倉については、緊張している、声が震えている、占い結果を提示するときの腕が奇妙な動きをした、霊媒師COをしたイシイを人間と占ったといった要素から、人々は門倉を狂人であると見なす。本物の能力者2人が偽物として扱われる危機的状況の中、この日はさらに、狩人である森本を処刑してしまう。3日目、予言騙りの安西はディーノを人狼と判定を出すと、後出しでディーノを人間と宣言した門倉の占い結果は人々に通じず、結局ディーノは処刑された。4日目、イシイや安西が襲撃されていないことにマドックとコーダは混乱するが、議論終了間際、メイソンの人狼COをきっかけに、人狼陣営4人が攻め出した。哀れな門倉は、ミスリードした2人の人間からも投票され最後の犠牲となったのだった。

  • 予言者、狩人、霊媒師、3種の能力者を全て処刑した上での、最短日数での人狼の勝利だった。
  • アルティメット人狼において初めて、予言者は人狼を占い、かつ会議中に人狼の判定を宣言できた。
  • シリーズ最初の4戦全てで人狼陣営が勝ち、うち2戦がパワープレイ(PP)によるものだった。

第2戦[編集]

マドック 門倉啓太 鈴木教久 デイジー 森本茂樹 眞形隆之 コーダ(C) イシイジロウ 大野聡 ヒルダ 安西崇 男色ディーノ メイソン
霊媒師 人間 人狼 人間 人間 人間 人狼 予言者 狂人 狩人 人狼 人間 人間
生存 生存 4日目吊 生存 1日目噛 1日目吊 2日目吊 生存 3日目噛 生存 3日目吊 生存 2日目噛
ハッピーエンド/人間勝利

2日目、予言者騙りの狂人、大野から人間の判定を出された人狼コーダは、すかさず霊媒師CO。しかし本物の予言者イシイは、コーダは人狼であると、反対の占い結果を宣言。霊媒師COをしたマドックも信用され、コーダの処刑が決定。そして3日目、マドックは、コーダの霊媒結果を人狼と視たことから、イシイを完全に信用すると述べ、イシイ・マドックのコンビが出来上がった。しかもイシイは安西、鈴木と、潜んでいた人狼を順調に見つけ出した。

  • アルティメット人狼通算5戦目にして、初めて人間陣営が勝利した。また、1戦目と対照的に、予言者、狩人、霊媒師の3種の能力者が全て生存した。
  • 予言者のイシイは、3回の予言のうち、3回全てで人狼を占い、その結果を宣言した。

アルティメット人狼3[編集]

2015年5月6日、東京カルチャーカルチャーにて開催された[22]。この回から、ファミ通.com冠スポンサーとなっている。また、この回から、第1部と第2部に2戦ずつ、計4戦の構成となった。ニコニコ生放送では、最初の3戦が無料視聴可能、第2部第2戦のみ、プレミアム会員限定で視聴可能となった。 主宰の眞形隆之はゲームには出場せず、イベントの司会進行役に復帰した。ナレーションは前回までと同じく、桜庭未那が七城ナナとして務めた。またこの回から、人狼TLPTの薬屋アリスン(吉成由貴)が罰ゲーム担当として、昼のターンの処刑者に飲料(出演者いわく「苦いお茶」)を渡す役を担った。協力は、ファミ通.com、児玉健、人狼TLPT、人狼TLPT代表・桜庭未那。スポンサーは、ファミ通.com、人狼ゲーム~牢獄の悪夢~、ファイナルトレジャー、麻雀スリアロチャンネル。音響は相川幸恵。

第1部第1戦[編集]

第1部は「レジェンド降臨 Legend Advent」と題された。勝間和代堀江貴文堀井雄二の著名人3人が新たに参戦し、アルティメット人狼はさらに、人狼ゲームの大きな展開の様相を見せた[5]人狼TLPTからは、医師マドック(松崎史也)が「2」に引き続き出場。踊り娘ドリス(森本未来)と未亡人キャシー(都倉伶奈)は初回以来の出場。団長ダンカン(池永英介)は、初回ではゲームの解説役、「2」ではイベント進行の補助役だったが、今回初めてプレイヤーとして出場。また、奏者ノエル(永石匠)も初出場となった。ゲームクリエイター人狼会からは、小高和剛が初回以来の出場を果たしたほか、「2」に引き続き、森本茂樹安西崇大野聡イシイジロウが出場した。

  • 堀江は、2015年2月14日、「人狼TLPT #17 DEPTH ~贖罪の海~」とさぬき映画祭による企画、「人狼TLPT×さぬき映画祭 EXステージ」に出場して以来、2回目となる、人狼TLPT・イシイジロウとの共演となった[23]
マドック 小高和剛 ドリス 森本茂樹 勝間和代 堀江貴文 ダンカン(C) 堀井雄二 安西崇 キャシー 大野聡 ノエル イシイジロウ
狂人 霊媒師 人間 人間 人狼 人狼 人間 人狼 人間 予言者 人間 狩人 人間
3日目吊 4日目吊 5日目噛 生存 6日目吊 5日目吊 1日目噛 2日目吊 2日目噛 3日目噛 生存 1日目吊 4日目噛
ハッピーエンド/人間勝利

初日、予言者COをしたキャシーとマドックの2人は、村の投票対象にできない人物であるとする、堀井をともに占うことに合意。しかし2日目、キャシーが堀井を人狼と判定を出したのに対し、マドックが人狼と判定を出したのはキャシーだった。処刑は堀井に。3日目、前日に霊媒師COをしていた、霊媒師の小高と人狼の堀江の両霊媒師が、堀井は人狼だったと宣言し、マドックを偽者としたことや、マドックが予言者COの撤回、さらに、狩人COをしたことから、マドックの味方をする者はいなくなり、マドックが処刑された。その後、4日目に小高を処刑、5日目に堀江を処刑と、霊媒師ローラーを遂げる。3人生存の6日目の最後には、森本と大野は、最後の人狼である勝間を処刑。2人のゲームクリエイターは人間勝利を喜んだ。

  • 勝間、堀江、堀井の、レジェンド3人が人狼だった。

第1部第2戦[編集]

マドック 小高和剛 ドリス 森本茂樹 勝間和代 堀江貴文 ダンカン(C) 堀井雄二 安西崇 キャシー 大野聡 ノエル イシイジロウ
狩人 予言者 人間 人間 狂人 人狼 霊媒師 人狼 人狼 人間 人間 人間 人間
1日目噛 3日目噛 2日目噛 4日目吊 3日目吊 1日目吊 生存 5日目吊 2日目吊 生存 4日目噛 生存 生存
ハッピーエンド/人間勝利

初日、順に、狂人の勝間が予言者CO、人狼の安西が予言者CO、予言者の小高が予言者CO、人狼の堀江が霊媒師CO、霊媒師のダンカンが霊媒師COをする、5COの状態となった。この日は堀江を、さらに2日目には安西を処刑できた。3日目に勝間を処刑したのち、4日目の朝になると、小高が襲撃されていたことから、小高・ダンカンの組み合わせを人々は完全に信用した。ノエルが一貫してイシイを強く疑う中、5日目の処刑者が堀井に決定し、村から人狼が消え去ったのだった。

  • シリーズ通算7戦目にして、初めて、人狼陣営(人狼・狂人)に、人狼TLPTのプレイヤーが含まれなかった。

第2部第1戦[編集]

第2部は「棋士の逆襲 Revenge of Shogi players」と題された。将棋棋士からは、アルティメット人狼2に引き続き門倉啓太が出場したほか、中田功村中秀史伊藤真吾が初参戦となった。人狼TLPTからは、第1部に引き続き、医師マドック(松崎史也)、団長ダンカン(池永英介)が出場、また、アルティメット人狼2に引き続き、菓子職人デイジー(寺島絵里香)、自由人メイソン(石井由多加)が出場、そして修道女エスター(横山可奈子)が初回以来の出場となった。ゲームクリエイター人狼会からは、第1部に引き続き、大野聡森本茂樹安西崇イシイジロウが出場した。

  • マドックがシリーズ通算出場8戦目にして、初めて、人狼TLPTにおける1番席(最も下手に近い席)から外れた。
中田功 村中秀史 伊藤真吾 門倉啓太 マドック デイジー ダンカン(C) エスター メイソン 大野聡 森本茂樹 安西崇 イシイジロウ
人狼 狩人 人狼 人間 人間 人間 霊媒師 予言者 人狼 人間 人間 狂人 人間
6日目吊 2日目噛 3日目吊 生存 生存 5日目噛 1日目吊 3日目噛 2日目吊 5日目吊 1日目噛 4日目吊 4日目噛
ハッピーエンド/人間勝利

初日、人狼のメイソンは最後の投票権を握ると、COをしていなかった霊媒師のダンカンを殺した。この日の夜、予言者のエスターはメイソンの正体を見破っていたが、2日目、エスターが予言結果を述べると、メイソンは反撃の狩人CO。エスターが疑われ、メイソン、また、予言者を騙る狂人の安西、さらに霊媒師を騙る人狼の伊藤が信じられつつある危険な状況だったが、イシイの働きかけにより、人間確定していた狩人の村中が狩人COで対抗。メイソンは自身が人狼だと開き直り死んでいった。3日目、村中が襲撃の犠牲となっていたものの、生き残っていたエスターは伊藤を人狼と占えていたため、2日連続で人狼を処刑できた。エスターが襲撃された4日目、狂人COをした安西を処刑するが、最後の人狼が特定できないまま勝負は6日目までもつれこんだ。人間のマドック、人狼の中田が、門倉に最後の選択を託すと、門倉はマドックを信じ、中田に止めを刺した。

評価[編集]

ファミ通.comでは、「ニコニコ生放送でも“神回”と称され、絶賛されたこの回は、とくに見てほしい熱戦」と評された[22]

第2部第2戦[編集]

中田功 村中秀史 伊藤真吾 門倉啓太 マドック デイジー ダンカン(C) エスター メイソン 大野聡 森本茂樹 安西崇 イシイジロウ
人狼 人狼 狩人 人間 人間 予言者 人間 人間 人狼 人間 狂人 霊媒師 人間
4日目吊 2日目吊 1日目吊 1日目噛 生存 生存 3日目噛 4日目噛 5日目吊 生存 3日目吊 2日目噛 生存
ハッピーエンド/人間勝利

2日目、霊媒師COをしたのは、本物の安西、続いて、人狼の村中。前日に処刑された伊藤をそれぞれ、人狼、人間と述べた。予言者COをしたのは、人狼のメイソン、人間のマドック。しかしどちらもCOを撤回したことで、前日にCOしていた予言者デイジーが信頼されそうになった。これを危機と見た人狼の中田が4番目となる予言者CO。さらにこのあと、安西が霊媒結果を撤回、死んだ伊藤は人間と宣言した。相次ぐCOと撤回による混沌に人々は動揺するが、安西が偽者であれば霊媒結果を変える必要がないという理由から、処刑者は村中に。その判断の正しさを証明するように、3日目の朝、安西は襲われていた。この日処刑されたのは、グレー(グレー:占われていない)から投票すべきと意見しつつ、片方から白(白:ある予言者から人間と占われている)を得ているマドックに投票した、潜伏狂人の森本。さらに、4日目には中田、5日目にはメイソンと、人狼を順に処刑。人間たちは、中田を支持する大野が最後の人狼と思い込んでいたため、突然の勝利だった。

  • シリーズ9戦目にして、初めて狂人がCOをしなかった。
  • この回以後、第2部第2戦はプレミアム会員のみ視聴可能となったため、事実上の、シリーズ初の有料のゲームである。

アルティメット人狼4[編集]

2015年9月13日、東京カルチャーカルチャーにて開催された[24]。正式タイトルは「アルティメット人狼4 Supported by ファミ通.com」。 司会進行は、「3」に引き続き眞形隆之が務め、加えて、人狼TLPTから葬儀屋ソール(ウチクリ内倉)が抜擢された。ナレーションは桜庭未那が七城ナナとして、罰ゲームは薬屋アリスン(吉成由貴)が担当した。

  • 坂本英城が作編曲した「アルティメット人狼のテーマ」がオープニングに、「人狼会議」がイベントのインターバルのBGM、ゲームの自己紹介時のBGMに使用されるようになった[25]
  • 罰ゲームの飲料を飲むタイミングは、「3」では処刑時だったが、この回以後、処刑後、夜のターン中のトーク時に変更された。

第1部第1戦[編集]

ドラゴンクエスト勢として、「3」に引き続き堀井雄二が出場したほか、青海亮太斎藤陽介が初出場した。人狼TLPTからは、「3」に引き続き、踊り娘ドリス(森本未来)、団長ダンカン(池永英介)、修道女エスター(横山可奈子)が出場し、また、賞金稼ぎスパイク(谷口賢志)が初出場した。児玉健は「2」以来の、堀江貴文勝間和代は「3」に引き続いての出場となった。ほか初出場者は、「アルティメット人狼のテーマ」作編曲の坂本英城映画評論家有村昆、イラストレーターの岩元辰郎

  • この回以後、児玉は「賢者コーダ」としてではなく、ドイツゲームスペース@Shibuya代表、あるいはTLPTゲームアドバイザー「児玉健」としての出演となっている。
  • イベントの10日後である9月23日から、「人狼TLPTX PSYCHO-PASS INNOCENT MURDERER -無垢なる殺人者-」が公演されること[26]から、スパイクは作中の特殊銃「ドミネーター」を所持しての出演だった。
スパイク ドリス ダンカン エスター 坂本英城 堀江貴文 児玉健(C) 堀井雄二 青海亮太 斎藤陽介 有村昆 勝間和代 岩元辰郎
人狼 人間 人間 人狼 人狼 人間 人間 人間 人間 予言者 狩人 狂人 霊媒師
生存 3日目噛 2日目噛 生存 生存 生存 4日目噛 4日目吊 生存 3日目吊 1日目吊 1日目噛 2日目吊
バッドエンド/人狼勝利

初日、予言者の斎藤と狂人の勝間が予言者CO、霊媒師の岩元が霊媒師CO。議論終了間際にピアニカを演奏した人狼の坂本が人々から批判され、票が集まったが、人狼仲間スパイクの庇いから、有村との決選投票に移り、有村が処刑となる。このとき有村は遺言で狩人COをしてしまった。2日目、襲撃により殺されていたのは勝間だった。人狼のエスターが霊媒師COをすると、本物である岩元のほうに票が集中し、処刑者は岩元に。3日目、その岩元は人間であったと、霊媒騙りのエスターが宣言したことから、予言者CO側に人狼が含まれるとの推理が議論で勢いづく。そのため本物の予言者斎藤が、信用されないまま、かつ人狼を発見できないまま処刑された。絶体絶命の4日目、会議の論点は生き残っているエスターの扱いだった。児玉、堀井、青海3人の人間はエスターに投票するが、スパイク、エスター、坂本の3人狼は、エスターを責めていた堀井に投票する。最後の投票権を堀江が持つと、長考の末、人間の堀井に投じてしまった。

  • 視聴者アンケートにより、MVPは潜伏人狼のスパイク(53.2%)となった。
  • 「2」の第1戦以来、6戦ぶりとなる、人狼陣営の勝利だった。そのゲームと同様、本物の能力者全員が処刑され、対して人狼は全員生存した。
  • アルティメット人狼シリーズ通算10戦目である。

第1部第2戦[編集]

スパイク ドリス ダンカン エスター 坂本英城 堀江貴文 児玉健(C) 堀井雄二 青海亮太 斎藤陽介 有村昆 勝間和代 岩元辰郎
人間 狩人 人間 人間 人間 人狼 人間 予言者 人狼 狂人 人間 霊媒師 人狼
5日目噛 生存 生存 1日目吊 1日目噛 3日目吊 生存 3日目噛 2日目吊 4日目吊 5日目吊 生存 6日目吊
ハッピーエンド/人間勝利

2日目、霊媒師の勝間、人狼の青海が順に霊媒師COをするが、予言者堀井は、前日の占いで青海を人狼と視ていた。狂人の斎藤も予言者を騙るが、より人々から信じられたのは堀井のほうだった。処刑者は青海に。3日目の朝、グッジョブ(グッジョブ、GJ:狩人による護衛成功)が起きていたため襲撃された人物はなく、さらに堀井は嬉々として、潜んでいた人狼の堀江を見つけることができたと宣言。人間たちは2日続けて人狼を処刑できた。4日目になると、村は襲撃により、人狼を2人発見したにこやかな予言者を失っていた。この日は対抗の斎藤を処刑することを決定。5日目、2度目となる護衛成功のために、朝を7人で迎えていた。最後の人狼探しは難航し、この日に決着はつかず、6日目にようやく、連日プレイヤーの似顔絵を黙々と描き続けていた、児玉いわく「お絵描き人狼」の岩元を処刑できたのだった。

  • 視聴者アンケートにより、MVPは、護衛を2度成功した、狩人のドリス(55.5%)となった。
  • アルティメット人狼通算11戦目にして、狩人が初めて護衛を成功させた。

第2部第1戦[編集]

児玉健が第1部に引き続き出場。人狼TLPTからは、医師マドック(松崎史也)、未亡人キャシー(都倉伶奈)、自由人メイソン(石井由多加)、菓子職人デイジー(寺島絵里香)が、「3」に引き続き出場。将棋棋士からは、門倉啓太中田功村中秀史が「3」に引き続き出場したほか、「将棋棋士vsゲームクリエイター」に出演していた、女流棋士香川愛生が初出場。ゲームクリエイター人狼会からは、「3」と同じく、大野聡安西崇森本茂樹イシイジロウが出場した。

マドック キャシー メイソン デイジー 門倉啓太 中田功 児玉健(C) 香川愛生 村中秀史 大野聡 安西崇 森本茂樹 イシイジロウ
人間 人間 人間 人間 狩人 人間 人狼 人狼 霊媒師 人狼 予言者 人間 狂人
4日目吊 6日目噛 6日目吊 4日目噛 5日目噛 生存 生存 生存 2日目噛 2日目吊 3日目吊 1日目吊 5日目吊
バッドエンド/人狼勝利

初日の決選投票で安西が予言者CO、中田は人間判定を受けた。夜が明けるとその安西に疑いが向く。前日の最終弁明時に、中田が人間という事実を素早く口にしなかったことや、中田を人間と知っていながら中田を占いたいと発言していたことが、村人たちに作戦として理解してもらえない。対抗COが出ないもどかしさの中、児玉による予言者CO、撤回を経て、大野が予言者CO、さらにイシイも予言者CO。一気に場が動き、処刑されたのは大野だった。3日目、2日連続で襲われた霊媒師の村中が死んでいた一方で、安西は児玉を、イシイはマドックを人狼と宣言。安西への疑念は払拭されず、安西は処刑された。2人から人間と占われていたデイジーに対する護衛を成功して迎えた4日目、処刑されたのは、予言者を名乗るイシイではなく、イシイから前日人狼と言われた、喚き騒ぐマドックだった。5日目、門倉はイシイを援護したい心情から狩人COするが、イシイへの疑いは村で再燃、予言者ローラーは一日挟んで完遂された。そして5人生存の6日目、イシイが真予言者でない限り2人の人狼が生存中という危険な状況下で決選投票に挙がったのは、安西から人狼判定を出されていた児玉ではなく、キャシーとメイソンだった。翌日、最後まで生かされた中田は、自身が人間と信じていた香川、処刑すべきと思いながら手を付けられなかった児玉、正体を現した2人の人狼を前に、悔しさで意気消沈するのだった。

  • MVPは、視聴者アンケートで48.7%の票を得た、潜伏人狼の香川に決定した。
  • 2戦続けて、狩人が2度の護衛を成功した。

第2部第2戦[編集]

マドック キャシー メイソン デイジー 門倉啓太 中田功 児玉健(C) 香川愛生 村中秀史 大野聡 安西崇 森本茂樹 イシイジロウ
人間 狩人 狂人 霊媒師 人狼 人狼 人狼 人間 人間 人間 人間 予言者 人間
生存 1日目噛 4日目吊 2日目噛 生存 生存 2日目吊 3日目噛 4日目噛 5日目噛 3日目吊 5日目吊 1日目吊
バッドエンド/人狼勝利

初日、4人の決選投票を行うという取り決めに誰もが従うが、12番目の投票者メイソンは約束を守らず、イシイに4票目を投じた。メイソンへの追及が進みそうになる2日目、森本が予言者CO。児玉が人狼と占い結果を述べると、中田も対抗で予言者CO。処刑対象は児玉ではという意見が強まり、デイジーは、霊媒結果を確実に出すことを求めてCOした。ここで児玉が足掻きの狩人COをすると、メイソンも対抗で狩人CO。しかしメイソンは投票中に狂人COの暴走。児玉処刑後の3日目、デイジーが襲撃され、かつメイソンが生き残る、苦しい朝が訪れた。メイソンに疑いの目が向くが、メイソンは、前日の狂人COは襲撃回避のため、デイジーの護衛失敗は初日に護衛していたためと弁解し、森本もメイソンを庇ったことで、この日の処刑は、中田が人狼と判定した安西に。そして4日目、なお生きているメイソンは狩人と言い張り嘆くが、とうとう処刑された。迷える5日目、一貫してメイソンを信じ熱弁する森本だったが、中田・門倉のみならず、自らが人間と占っていたマドックと大野からも票を投じられ処刑される。そして決着の朝、騙りの中田と潜みの門倉、2人の人狼がマドックと対面。中田がマドックから門倉を奪い返す衝撃のエンディングに。皮肉にも、「棋士の逆襲」は遅れて果たされるのだった。初日の夜に殺害されていた狩人を狂人メイソンが乗っ取っていた事実は、最後まで暴かれなかった。

  • MVPは、48.7%の得票率だった、予言者を騙った人狼の中田だった。
  • シリーズ通算13戦目にして、初めて、狂人が狩人を騙った。
  • 森本が、自身通算11戦目にして、初めて能力者COをした。

アルティメット人狼5[編集]

2016年1月17日に開催された[27]。会場はこれまでの東京カルチャーカルチャーから新宿FACEへと移り、過去最多の観客を収容することとなった。 司会進行は主宰の眞形隆之のほか、人狼TLPTより、踊り娘ドリス(森本未来)、船乗りルーサー(高地真吾)が務めた。罰ゲームは「3」「4」に引き続き薬屋アリスン(吉成由貴)が担当した。ナレーションはこれまでと同じく桜庭未那が務めたほか、世捨て人デヴィッド(溝口謙吾)も加わった。ほか、音楽:坂本英城、音響:相川幸恵、音響操作:吉村寿信・潮麻由子、ゲームマスター:渡部慎也・阿部洸希(人狼ルーム@Shibuya)、制作:五町麻衣子、舞台監督:吉川尚志。

  • イベントの2日後、2016年1月19日から、「人狼TLPT #22 DEPTH II 贖罪の海 ~SPIRAL~」の公演が始まることから、ドリスとルーサーはそれぞれ、「2nd chief ドリス」、「Fellow"US"ルーサー」の衣装での出演だった[28]
  • プレイヤーの入場ナレーションは、ルーサーとデヴィッドが担当した。なお、2016年2月26日放送のセブンスキャッスルch「第18回セブンスエデン」では、TLPT勢の紹介文は、ルーサー(高地)が作成したことが取り上げられた。
  • プレイヤーが座る椅子の後方には、それぞれのプレイヤーの名前が記されたのぼりが設置された。
  • 「人狼会議」は、ゲームの議論時間のBGMとしても使用されるようになった。

第1部第1戦[編集]

人狼TLPTからは、局長サミー(加藤靖久)が初回以来、奏者ノエル(永石匠)が「3」以来、暇人キンバリー(はぎのりな/このときの表記は「萩野梨奈))が初めての出場。女流雀士からは、勝間和代が「4」に引き続き、大崎初音が「人狼TLPT 女主人ヒルダ」として出場した「2」以来、樋口清香が初めての出場。ドラクエ軍として、「4」に引き続き、堀井雄二安西崇が出場。モンスト軍として、マックスむらい、さしみ、りえっくすがそれぞれ初出場。歌広場淳は初出場、イシイジロウは「4」に引き続き出場。

  • イシイと安西は、2部構成になった「3」以来、初めて第2部に出場せず、よって初めて、マドック・森本・大野と共演しなかった。
歌広場淳 大崎初音 樋口清香 勝間和代 ノエル キンバリー サミー(C) 堀井雄二 安西崇 マックスむらい さしみ りえっくす イシイジロウ
人間 人狼 狩人 人間 人狼 予言者 人狼 人間 狂人 人間 人間 霊媒師 人間
5日目吊 生存 4日目噛 6日目噛 3日目吊 3日目噛 4日目吊 1日目吊 2日目吊 6日目吊 5日目噛 1日目噛 生存
バッドエンド/人狼勝利

初日、キンバリーと安西が予言者CO。夜、キンバリーから人間判定を受けていたりえっくすが襲撃され、2日目、ノエルと大崎が霊媒師CO。サミーが村人たちに、信じている霊媒師はどちらかと問うと、ノエルの味方が皆無であることが明らかに。この状況から、村人たちはノエルは人狼ではないと推理し、この日の処刑は、予言者と名乗りながら発言に意欲的でない安西に決まった。夜の犠牲者なしで迎えた3日目、霊媒師を殺すべきだと議論がまとまり、前日から怪しまれていたノエルを処刑。ノエルは狂人の大崎を放置するよう遺言を残した。夜にキンバリーが襲われ、4日目、大崎はノエルの霊媒結果を人狼と宣言。村人たちは、大崎は最悪狂人なので処刑は不必要と合意。樋口が疑われるが、狩人COで潔白を証明すると、代わりに、大崎を敵視してきたサミーが処刑された。5日目、大崎の霊媒結果ではサミーは人狼で、大崎視点では残りの人狼は1人。この日に決着はつかず、4人生存で6日目を迎える。勝間とむらいは互いに疑いつつも、両者は大崎に対する不信を伝えた。予言者2人から人間と占われていたイシイは、大崎は除外すべきだと主張。結果最終処刑者はむらいに。そして翌朝、勝間は襲撃死していた。実は大崎は、初日の夜に殺されたりえっくすの正体、霊媒師を乗っ取っていた、最後の人狼だったのだ。

  • シリーズで初めて、偶数進行(昼のターンの生存人数が偶数)で最終日を終え、決着の朝を迎えた。
  • シリーズで初めて、2人の人狼が同一の能力者として振る舞った。
  • 「4」第2部第2戦に続き、2戦連続で、同一能力を称する2COに本物の能力者が含まれなかった。
PSYCHO-PASS 第5ステージの経験から[編集]

人狼の大崎が、人狼仲間であるノエルの霊媒師騙りに被せる形で、自ら霊媒師を騙り、人狼2人による霊媒師乗っ取りを実行した背景には、イベントのおよそ4か月前、2015年9月26日の公演での経験があった[29]。人狼TLPTX「PSYCHO-PASS サイコパス」第5ステージである[30]。(セブンスキャッスルchでは2016年2月27日に放送。)

初日、人狼の千草篠忍(セシル/小林涼)が、予言者は自分を占うようにと発言。すると2日目には3人が予言者COをし、千草に対する占い結果を述べた。狂人の灰音宙軌(サイファ/杉原勇武)は「人狼」、本物の予言者の黄倉椿芽(ヒルダ/大崎初音)は「人狼」、そして人狼の蒼樹智聖(三原大樹)は「人間」と宣言。投票対象は千草と黄倉の二択となり、一票差で千草が隔離される。3日目が始まった途端、3人目の人狼、深影依墨(スパイク/谷口賢志)は霊媒師CO、千草は人間だったと宣言。対抗で本物の霊媒師である不知火恭(サミー/加藤靖久)もCO、千草は人狼だったと宣言。本物の予言者・霊媒師の視点からは、3日目にして全ての人狼が顕現する事態となる中、この日隔離されたのは狂人の灰音だった。翌日、霊媒騙りの深影は灰音を人間と宣言、そして予言騙りの蒼樹は雪ノ宮唯(ノエル/永石匠)を潜んでいた人狼と宣言。「黄倉-不知火-雪ノ宮」vs「蒼樹-深影-千草」の構図が明白になり、ライン戦は、涙が流れ怒声が飛び激しさを増した。結局、蒼樹・深影・千草を圧倒的に信頼する速水彬尚(マドック/松崎史也)の心向きを、人間陣営は覆せず、4日目に黄倉、5日目に不知火が隔離され、人狼陣営が勝利した。

対敵の奇策によって敗北した苦い経験から得た大崎の向上心と、それを助けるTLPTのチームワークが、アルティメット人狼の舞台で再び仲間となったサミー、ノエル、大崎に、人々を驚かせるゲームを創造させたのだった。

第1部第2戦[編集]

歌広場淳 大崎初音 樋口清香 勝間和代 ノエル キンバリー サミー(C) 堀井雄二 安西崇 マックスむらい さしみ りえっくす イシイジロウ
狩人 人狼 人狼 予言者 狂人 人間 人間 人間 人間 人間 人狼 霊媒師 人間
生存 5日目吊 4日目吊 生存 生存 1日目噛 3日目噛 生存 生存 1日目吊 2日目吊 3日目吊 生存
ハッピーエンド/人間勝利

2日目、予言者COは勝間とノエル、霊媒師COは樋口とりえっくす。処刑されたのは、勝間が人狼判定を出していたさしみだった。3日目、襲撃された者がいない中、さしみに対する霊媒結果は、樋口は人間、りえっくすは人狼と判定が割れた。村人たちは勝間を真予言者と考えながらも、安全策を採ることを決断。この日は疑わしいほうの霊媒師であるりえっくすを、4日目には生き残っている霊媒師である樋口を処刑し、霊媒師ローラーを果たした。5日目、またしても襲撃による死人なしで7人で朝を迎えると、勝間は大崎を、ノエルは歌広場を人狼であると宣言。すると歌広場は勝負を決定づける狩人CO。会場を沸かせた。

  • MVPは、視聴者アンケートで92.6%の得票率だった、狩人の歌広場。1度目の護衛成功は人間のサミー、2度目は人間のイシイで、能力者に対する護衛成功を含まなかった。
  • シリーズで初めて、人間陣営は狂人を生き残らせて勝利した。また、シリーズで初めて、予言者COをしたプレイヤーが全て最後まで生き残った。

第2部第1戦[編集]

主宰の児玉健が「4」に引き続き議長席のプレイヤーとして出場。人狼TLPTからは、「4」第2部に引き続き、医師マドック(松崎史也)、菓子職人デイジー(寺島絵里香)、自由人メイソン(石井由多加)が出場。「4」第1部に出場していた団長ダンカン(池永英介)は、今回は第2部への参戦となった。将棋棋士からは、「4」第2部に引き続き、中田功村中秀史香川愛生、また伊藤真吾が「3」以来の出場となった。ゲームクリエイターからは、シリーズ皆勤となる、森本茂樹大野聡に加え、藤澤仁が、初回以来の出場となった。また、ゲームクリエイター人狼会に参加している[31]が初出場となった。

  • メイソン役の石井は、人狼ルームの公式プレイヤーとなって以降初めてのアルティメット人狼への出場となった[32]
  • 入場時の紹介ナレーションにて、結が、人狼最大トーナメント[33]の第1回MVPであることが取り上げられた。
マドック ダンカン デイジー メイソン 藤澤仁 児玉健(C) 森本茂樹 大野聡 伊藤真吾 香川愛生 村中秀史 中田功
人狼 人狼 狩人 人狼 人間 人間 霊媒師 人間 人間 人間 狂人 人間 予言者
生存 5日目吊 6日目吊 生存 5日目噛 1日目吊 3日目吊 生存 生存 1日目噛 2日目吊 3日目噛 4日目噛
バッドエンド/人狼勝利

初日の決選投票時の弁明で、ダンカンと中田が予言者CO。能力なしとCOした藤澤が処刑された。翌日、その藤澤は人狼だったと香川が霊媒師CO。時間が経っても対抗の霊媒師が出現しないことから香川は一旦信用されるが、その流れを断ち切ろうと児玉が霊媒師CO。藤澤は人間だったと香川を否定する。そしてダンカンがすでに、香川と児玉の2人に人間の判定を出していたため、ダンカンの視点では対抗の中田が人狼と決定した。するとさらに、「2人目が出るのを待っていた」とマドックが3人目の霊媒師CO。ダンカンとマドックの表面上の繋がりが途切れ、マドックは最も遠くに立つ中田へと歩み寄る。5COの状況となり、全人狼が露出したとする香川の視点が疑われ、処刑者は香川に。襲撃を防いで迎えた3日目、児玉は、マドックが人狼仲間のダンカンと敵対するのをわかってCOするわけがないという推理から、自身の味方の予言者はダンカンだと判断。「ダンカン-児玉」vs「中田-マドック」のライン戦になった。それぞれが推理を述べ、処刑されたのは児玉だった。8人での4日目、デイジー、森本、大野は最後の霊媒師マドックの処刑を求めるが、中田、メイソン、結はマドックを完全に信じ、ダンカンの処刑を主張。決選投票でも票は動かず、この日は処刑者なしに。そして5日目、襲撃死していたのは中田だった。これで予言騙りのダンカンが破綻し、開き直って霊媒師CO。ここでデイジーは狩人COをし、中田に占われていない最後の人物、メイソンが人狼だと追い詰めるが、すかさずメイソンも対抗狩人CO。さらにダンカンも狩人CO。人間勝利が目前に見える弛緩した雰囲気の中、マドックは議論を仕切ると、この日はダンカンを処刑、狩人の真偽の問題を持ち越し、マドック、森本、大野を含む5人で6日目に移る。森本だけが、なぜ人狼は中田を襲い自ら詰んだのか、もしやマドックこそが人狼なのではと違和感を覚えるが、その声は、真狩人は誰かという問いに掻き消される。森本はメイソンに投票する一方、マドックは、本物の霊媒師の自分を殺そうとしたデイジーが最後の人狼だと主張し、大野もそれに乗じたことで、処刑者はデイジーに。すると翌朝、決着の時を告げる鐘が鳴り響いた。人間の勝利、そう装って現れたマドックは、デイジーの正体が本物の狩人であること、さらに、自身とメイソン、5日目に処刑されたダンカンが人狼である真実を告げた。能力者同士の絆は捻じ曲げられていたのだ。「ニコ生の奴等にも伝えておく、これが人狼TLPTだ!」マドックは高らかに宣言した。

  • MVPはマドックだった。視聴者アンケートで50.2%の票を集めた。またマドックは、このゲームで、シリーズにおいて自身初めての人狼を引いたことで、シリーズで初めて全ての役職(人間・予言者・狩人・霊媒師・人狼・狂人)を経験したプレイヤーとなった。自身通算12戦目である。
  • シリーズで初めて、処刑者なしの日があった。また、シリーズで初めて、撤回を含まない7COのゲームとなった。
  • 「2」第1戦以来、12戦ぶりに、狂人が霊媒師を騙った。
  • メイソンは自身が出場した最初の7戦中、5戦で人狼陣営となり、うち3戦で狩人を騙ったことになった。
評価と内情[編集]

ファミ通.comでは、「これぞ『人狼』という大どんでん返し」「待っていたのは驚愕の結末」「会場では、大きな悲鳴と拍手が上がっていた」と評された[27]

2016年4月28日放送のセブンスキャッスルch「人狼TLPTアンコール 石井由多加 & 松崎史也 100ステカーニバル」と、同年5月13日放送の「マドックとメイソンが責任を持って進める番組略してマメばん #1」において、マドック役の松崎は、人狼の大崎が霊媒騙りを被せた第1部第1戦が好ゲームだったことが重圧であったと回想し、「普通に勝っちゃ駄目っていう状態だった」旨を述べた。また、この「人狼TLPTアンコール 石井由多加 & 松崎史也 100ステカーニバル」において、メイソン役の石井は、マドックが霊媒師として名乗り出たのを見て、自身は以後マドックを強く支持し続けようと決意したという旨を述べた。また、同年5月26日放送の「人狼TLPTアンコール 池永英介 & 寺島絵里香 100ステカーニバル」において、ダンカン役の池永は、自身とマドックが対立してしまった以上どちらかが必ず処刑されなければならなくなったことを考慮し、マドックとの対立直後の夜のターン、自身がすぐさま破綻しようと中田を襲撃する意向をマドックとメイソンに伝えたが、差し止められたという旨を述べた(このとき村中に対するGJが起きた)。なお、マドック、ダンカン、メイソンの3人が人狼仲間となるのは、人狼TLPTの公演でも稽古でも起きていなかった、初の出来事だった[34]

ちなみに、人狼TLPTの舞台本番でマドック、ダンカン、メイソンが人狼仲間になったのは、『人狼TLPT×新撰組〜払暁の狼〜』5/22日(月)の8stであった。(それぞれ山南敬介、伊藤甲子太郎、吉村貫一郎 役) そして、人狼全員生存で幕を降ろしたこの公演のMVPを獲得したのは、医師マドック役の松崎史也演じる山南敬介だった。 伊藤甲子太郎を演じた池永英介は、この公演を「役職確認ではいつぞやを思い出す顔ぶれでにやにや。」と振り返った [35]

第2部第2戦[編集]

マドック ダンカン デイジー メイソン 藤澤仁 児玉健(C) 森本茂樹 大野聡 伊藤真吾 香川愛生 村中秀史 中田功
人間 人狼 人間 狂人 人間 霊媒師 狩人 人間 予言者 人狼 人間 人間 人狼
4日目噛 2日目吊 3日目吊 5日目吊 1日目吊 3日目噛 生存 1日目噛 2日目噛 6日目吊 生存 5日目噛 4日目吊
ハッピーエンド/人間勝利

2日目、前日に予言者COをしていた大野は、ダンカンが人狼だったと占い結果を宣言。そのダンカンも対抗で予言者CO、またメイソンも予言者COで児玉に人狼判定を出し、予言者3COの状況に。対して霊媒師は、前日にCOした藤澤1人。この日処刑されたのはダンカンだった。3日目、大野は夜に殺されていたが、藤澤はダンカンが人狼だったと述べたことで、ダンカンに投票していなかったデイジーが疑われ処刑される。霊媒師の藤澤を失って迎えた4日目、最後の予言者メイソンは、中田を人狼と占ったと発言。すると中田は狩人CO、さらに児玉も狩人CO。これにより、メイソンは本物の予言者で、2人の人狼がともに狩人を騙っているのでは、との説が浮上する。処刑対象は、中田、児玉、メイソンの3択となったが、最多の票を得たのは中田だった。5日目、狩人を称する児玉が、護衛成功できずに生存している中、狂人と思われるメイソンを殺すことで議論はまとまる。場に人狼2人がいないと見たメイソンは遺言で狂人CO。そして6日目、護衛は成功せず、児玉、伊藤、香川の3人が生存していた。児玉と伊藤が票を入れ合うと、迷った香川は伊藤に投票。生き延びた本物の狩人児玉は、人間の香川と翌日を迎えた。

  • MVPは、視聴者アンケートで62.4%の投票を得た香川だった。これにより、香川はシリーズで初めて、複数回MVPに選出されたプレイヤーとなった。

アルティメット人狼 in 闘会議2016[編集]

2016年1月30日幕張メッセで、ニコニコ闘会議2016内にて開催された[36]。人狼TLPTからの出演は、医師マドック(松崎史也)、踊り娘ドリス(森本未来)、未亡人キャシー(都倉伶奈)。ゲームクリエイターからの出演は、大野聡森本茂樹、安西崇、イシイジロウ将棋棋士女流棋士からの出演は、中田功村中秀史香川愛生。また、ゲーム実況者からの出演は、牛沢、スナザメ、内藤さん。司会進行は世捨て人デヴィッド(溝口謙吾)、薬屋アリスン(吉成由貴)、ナレーションは七城ナナ(桜庭未那)。

  • 入場時の紹介ナレーションにて、村中が、人狼最大トーナメント最強決定戦[37]のMVPであることが取り上げられた。また、村中は、イシイから祝いのために贈られたベルトを携えての入場だった。
  • 中央の席のプレイヤーは牛沢だったが、議長を務めたのはキャシーだった。
マドック ドリス キャシー(C) 中田功 村中秀史 香川愛生 牛沢 スナザメ 内藤さん 大野聡 森本茂樹 安西崇 イシイジロウ
人間 人狼 人狼 人間 予言者 人間 人間 霊媒師 人間 狂人 人狼 狩人 人間
3日目噛 2日目吊 4日目吊 生存 生存 生存 4日目噛 3日目吊 生存 2日目噛 5日目吊 1日目吊 1日目噛
ハッピーエンド/人間勝利

1日目、大野が予言者COすると、村中も渋々予言者CO。村中は大野を人間と知っていると話し、村中視点では大野が狂人確定する。2日目、ドリス、スナザメ、キャシーが順に霊媒師CO。霊媒師3人のうち2人が人狼となる村中の視点が怪しまれるが、この日は、予言者に人狼を見つけたか尋ねたのちCOしたドリスが最も疑われ処刑された。その夜大野が襲撃される。3日目、霊媒師から処刑すべきという意見からスナザメを処刑。4日目、キャシーがスナザメの霊媒結果を人間と視たことで、キャシーと村中の視点が矛盾するが、最後の霊媒師キャシーは処刑される。5人での5日目、依然として潜伏の人狼を見つけられない村中は、まだ占っていない森本に投票し、内藤さんも賛同。村中自身も2票を得る中、最後の投票者中田は、村中を信じて森本に投票。これが人間勝利の最後の一手だった。

  • MVPは、ニコ生視聴者のコメントから、熱烈に論じ続けた予言者の村中に決定した。
  • ドリスは、自身通算8戦目にして、初めて処刑された。

アルティメット人狼6[編集]

2016年6月5日、Red Bull Studios Tokyo Hallにて開催された[38][39]。司会進行は、人狼TLPTより、仕立屋テイラー(渡邊隆義)が初出演。 天の声は七城ナナ、音楽は坂本英城、GMは、人狼ルームより、阿部洸希、渡部慎也。

  • 「闘会議2016」までのシリーズ全18戦中、「4」の1部と「5」の1部を除く14戦に出演していた医師マドック(松崎史也)は、松崎が演出する「A Midsummer Night’s Dream[40]の舞台公演のために不参加[41]となり、シリーズ7回目にして初めて、マドック不在の開催となった。

第1部第1戦[編集]

「『DQX』TV vs 人狼TLPT」と題された。ドラクエ勢として、堀井雄二が「5」第1部に引き続き出演、齊藤陽介が「4」第1部以来の出演。「ドラゴンクエストX初心者大使」として、初美メアリたぬきごはんほりゆうこ大山雄史の3名が初出演。また、「ファミ通.comからの刺客」として椿姫彩菜が初出演。人狼TLPTからは、修道女エスター(横山可奈子)が「4」以来の出演。踊り娘ドリス(森本未来)は「闘会議2016」に引き続き出演。奏者ノエル(永石匠)は「5」に続いての出演。神父クリス(林修司)は初出演。また、イベント音楽担当の坂本英城が「4」以来の出演。そして主宰の、イシイジロウ児玉健が出演。

  • ゲーム中、処刑者は処刑時に、自身が指定した人物からピコピコハンマーで叩かれるルールだった。
イシイジロウ 児玉健 坂本英城 ドリス ノエル エスター クリス(C) 堀井雄二 椿姫彩菜 齊藤陽介 ほりゆうこ 大山雄史 初美メアリ
人間 人間 狂人 人間 予言者 人間 霊媒師 人狼 人間 狩人 人間 人狼 人狼
1日目吊 1日目噛 生存 生存 生存 生存 生存 4日目吊 生存 生存 2日目噛 2日目吊 3日目吊
ハッピーエンド/人間勝利

初日の最後の投票者坂本は、バイオリニストを指揮してから投票、決選投票に。そこで坂本は予言者CO、初美が霊媒師CO。処刑はCOのないイシイに。2日目、坂本から人間と判定を受けていたノエルが予言者CO、さらに大山が人狼と予言結果を述べたことで、処刑者は大山となった。3日目、初美に加え、前日に霊媒師COをしていたクリスも、大山を人狼であったと宣言し、2人の霊媒結果が一致。ノエルが本物、坂本が偽者との見方が勢いづく。坂本を狂人と見て、人々は霊媒師の片割れである初美を処刑。夜の死人なしで4日目を迎えると、ノエルは堀井を人狼と占ったと宣言。さらに昨晩守られたのはノエルであると、齊藤が狩人CO。堀井も議論終了間際にクリスを守ったと狩人COするが、堀井の処刑が決定。ドラクエ勢の人狼仲間たちに先立たれた最後の人狼堀井は、「無理がありました」と遺言を残した。

  • MVPは、視聴者アンケートで41.3%の票を得た、狩人の齊藤だった。ゲームクリエイターがMVPを獲得したのは、選考通算11回目にして初だった。また、予言者のノエルはそれに次ぐ38.5%の得票率だった。
  • エンディングの人数7人はシリーズ最多で、初めて過半数のプレイヤーが最後まで生き残った。
  • シリーズで初めて、ゲーム中に、プレイヤー以外の人物がステージでパフォーマンスをした。

第1部第2戦[編集]

イシイジロウ 児玉健 坂本英城 ドリス ノエル エスター クリス(C) 堀井雄二 椿姫彩菜 齊藤陽介 ほりゆうこ 大山雄史 初美メアリ
人狼 人間 人間 霊媒師 予言者 人間 人間 人狼 人間 人狼 人間 狩人 狂人
生存 5日目噛 3日目噛 1日目吊 5日目吊 2日目噛 2日目吊 生存 4日目吊 3日目吊 1日目噛 4日目噛 生存
バッドエンド/人狼勝利

1日目、イシイとノエルが予言者CO、注目が集まったドリスが霊媒師CO。児玉がいかにもといった挙動で霊媒師COをすると、3人目の霊媒師として初美がCO、これにより児玉はCOを撤回、2-2の4COの状態に。霊媒師の信用勝負は初美が勝ち、処刑者はドリスに。2日目、初美は対抗のドリスが人狼であったと霊媒結果を宣言。イシイが人狼と占ったクリスが処刑されるが、3日目、そのクリスは人間であると初美は霊媒結果を告げる。よって初美はイシイと対立、ノエルの仲間に。この日はノエルが人狼と占った齊藤が処刑される。4日目、初美はイシイから人狼と判定を受ける。無意味な予言をしたイシイは狂人ではと人々は考え、処刑されたのは、どの予言者からも占われていない椿姫だった。5日目、ノエルは堀井に人狼判定。ノエルと児玉は、堀井が最後の人狼であると、初美とともに戦いを落ち着かせる調子だった。しかしイシイはひたすら、ひどく困惑した様子の初美に、自分たちが味方だと諭す。人々が見守る中、最後の投票者初美の票は、ノエルへ。事態の意味を悟ったノエルと児玉は、失意の中ピコピコハンマーで互いを叩き合った。本物の予言者ノエルの仲間を演じていた初美の正体は、狂人だったのだ。

  • MVPは、58.4%の票を得た、人狼のイシイだった。イシイが人狼となったのは、自身通算16戦目にして初だった。
  • 「2」第1戦以来、16戦ぶりとなる、パワープレイ(PP)による人狼陣営勝利だった。人狼2人と狂人1人によるパワープレイはシリーズ初。
  • アルティメット人狼通算20戦目である。
  • 齊藤はステージから退場後、ゲーム5日目の経過を見て飛び跳ねた際に足を痛め、よってシリーズで初めてプレイヤーが負傷した。齊藤は第1部終了後の宣伝の際には、患部に湿布を貼って登場した。

第2部第1戦[編集]

第1部に引き続き、児玉健イシイジロウが出演。人狼TLPTからは、「5」の第2部に引き続き、菓子職人デイジー(寺島絵里香)、自由人メイソン(石井由多加)、団長ダンカン(池永英介)が出演。ゲームクリエイターからは、「闘会議2016」に引き続き、安西崇森本茂樹大野聡が出演。将棋棋士女流棋士からも、「闘会議2016」に引き続き、中田功村中秀史香川愛生が出演。そしてプロ雀士から、大浜岳武中真が初出演。

  • 2部構成となってから初めて、イベント協力の麻雀スリアロチャンネルの番組「麻雀プロの人狼スリアロ村」からの、第2部への出演となった。
メイソン ダンカン デイジー 大浜岳 武中真 香川愛生 児玉健(C) 中田功 村中秀史 安西崇 大野聡 森本茂樹 イシイジロウ
狩人 人間 狂人 人狼 人狼 人間 霊媒師 人間 予言者 人間 人狼 人間 人間
2日目噛 5日目噛 4日目吊 6日目吊 5日目吊 生存 2日目吊 1日目吊 生存 生存 3日目吊 4日目噛 3日目噛
ハッピーエンド/人間勝利

初日、村中と大浜が予言者CO。霊媒師COは、大野に加え、襲撃を防いで迎えた2日目に、デイジーと児玉、よって計3人に。また、村中は児玉を、大浜はデイジーを人間と判定したため、両予言者の視点から霊媒師の内訳にヒントが生じた。決選投票に挙がった2人の霊媒師は大野と児玉だったが、児玉を人間と占った村中が挙手をミスしたために、児玉の処刑が決定してしまう。3日目は大野を処刑、4日目はデイジーを処刑、霊媒ローラーが遂げられる。両予言者が生き続け、6人での5日目、武中のことを、村中は人狼と判定、大浜は人間と判定、勝負の分かれ目に。武中は4票を受け取り処刑される。最後の日となる6日目、予言者同士の一騎討ち。村中は大浜を激しく責め処刑に追い込んだ。勝利した本物の予言者だったが、2日目の決選投票における自らの失敗に落胆し続けていた。

  • MVPは、視聴者アンケートで35.1%の投票を集めた、予言者の村中だった。村中を支持した人間のダンカンはそれに次ぐ34.2%の投票率だった。
  • デイジーが、自身通算12戦目にして、初めて人狼陣営となった。
  • 1日目夜に襲撃から護衛されたのは狂人のデイジーだったが、次の夜に襲撃されたのは狩人のメイソンだった。護衛が成功した次の夜、連続で同じ人間が襲撃されなかったのは、シリーズで初めて。護衛成功自体は、シリーズ通算10回目。

第2部第2戦[編集]

メイソン ダンカン デイジー 大浜岳 武中真 香川愛生 児玉健(C) 中田功 村中秀史 安西崇 大野聡 森本茂樹 イシイジロウ
狩人 人狼 狂人 人間 人間 人間 予言者 人間 人狼 人狼 人間 人間 霊媒師
4日目噛 3日目吊 2日目噛 1日目吊 3日目噛 生存 生存 生存 5日目吊 4日目吊 2日目吊 生存 生存
ハッピーエンド/人間勝利

能力者を一斉に出す作戦が採られた初日、予言者COはダンカンと児玉の2人に対し、霊媒師COはデイジーが単独。夜の襲撃を防いで2日目を迎えると、護衛されたと推測されるデイジーは投票時に狂人CO。本物の霊媒師は隠れている、その人物を噛むようにと人狼たちに呼びかけるが、その願いは叶わず、3日目の朝デイジーは殺されていた。しかし新たに霊媒師COが1人。児玉から人間判定を受けていた、イシイである。イシイの処刑が無難な策とされたが、武中を人間確定した児玉が信用され、処刑されたのはダンカンだった。4日目、イシイによる、ダンカンの霊媒結果は人間。よって児玉と対立。児玉は安西を人狼と占ったため、イシイ・安西らと、児玉らの陣営に二分される。問い質されたイシイは、「本物の予言者は噛まれた」と述べ、人々から呆れられるが、議論終盤、霊媒結果を撤回。安西らを裏切っていきなり児玉の仲間に。安西が処刑され、さらに5日目、児玉は村中を人狼と占い村中も処刑される。全人狼を滅ぼし6日目を迎えると、正体を改めて訊かれたイシイは、本物の霊媒師だと答えた。潜み、嘘をつき、村を混乱に陥れたトリッキーな霊媒師が、人狼を追い詰めたのだった。

  • MVPは、視聴者アンケートで32.4%の投票を集めた、予言者の児玉だった。
  • シリーズで初めて、本物の霊媒師が、3日目にCOした。
  • 2戦続けて、メイソンが狩人、デイジーが狂人、そして1日目の夜、デイジーに対する襲撃をメイソンが防いだ。

アルティメット人狼7[編集]

2016年10月1日に開催[42]。会場は「5」以来の新宿FACE。司会進行はアルテ(副島和樹)とイメット(手島沙樹人狼TLPTでは「秘書ナタリー」)、天の声は七城ナナ。スタッフは、音楽:坂本英城、音響:相川幸恵、音響操作:吉村寿信、ゲームマスター:渡部慎也(人狼ルーム)・阿部洸希(人狼ルーム)、制作:五町麻衣子、舞台監督:吉川尚志。

  • イベント情報・出演者情報については、同年9月3日放送の、ニコニコチャンネル「アルティメット人狼チャンネル」の開設記念特番内で発表された。

第1部第1戦[編集]

主宰の児玉健イシイジロウ、「ファミ通.comからの刺客」の椿姫彩菜が、「6」に引き続き出演。人狼TLPTからは、奏者ノエル(永石匠)も「6」に引き続き出演。暇人キンバリー(はぎのりな)は「5」以来の出演。「4」でイベント司会進行役だった葬儀屋ソール(ウチクリ内倉)は、プレイヤーとして初出演。剣豪ムサシ(渡辺隼斗)も初出演。初出演はほか、クイズ王の古川洋平、歌い手の蛇足お笑いトリオニブンノゴ!森本英樹ハンゲーム『人狼パーティー』プロデューサーの猪飼良平。また、実業家堀江貴文が「4」以来、『人狼ゲーム〜牢獄の悪夢〜』開発者の鈴木教久が「2」以来の出演。

ノエル 古川洋平 蛇足 鈴木教久 キンバリー 堀江貴文 児玉健(C) 猪飼良平 椿姫彩菜 森本英樹 ソール ムサシ イシイジロウ
人狼 人間 狩人 人間 予言者 人間 人間 霊媒師 人間 人間 人狼 人狼 狂人
4日目吊 5日目噛 5日目吊 6日目吊 1日目噛 6日目噛 生存 1日目吊 3日目噛 4日目噛 2日目吊 生存 3日目吊
バッドエンド/人狼勝利

1日目、予言者COと霊媒師COが2人ずつで、計4人。しかし、この日の処刑と襲撃でそのうち2人が死に、2日目と3日目の会議でも残り2人が殺されたことで、能力者を名乗る人物4人全員が、最初の死者4人となる事態に。手掛かりの少ない議論の中一貫して目立っていたのは、ムサシの存在だった。ムサシは児玉を、1日目の投票で霊媒師を殺すきっかけを作ったからと、激しく疑うが、児玉もまた、自分が人狼なら、霊媒師COした人物への投票は後日に回すはずだと責め返す。8人で迎えた4日目、自説に固執し続けるムサシは、人々から疑念を抱かれ3票を得るが、ムサシのもう1人の対敵だったノエルが4票を得たためなんとか免れた。そして4人での6日目。児玉は、ノエルが最後にムサシに投票しなかった事実から、ノエルとムサシがともに人狼の可能性にふれるものの、ムサシを信頼し、ムサシに投票せず。やがて夜が明け、決着の朝、生存していたのは、沈み込む児玉と、刀を振り誇らしげなムサシだった。演技を貫いた剣豪人狼に、村は滅ぼされたのだった。

  • MVPは、人狼のムサシ。77.3%の得票率だった。

第1部第2戦[編集]

ノエル 古川洋平 蛇足 鈴木教久 キンバリー 堀江貴文 児玉健(C) 猪飼良平 椿姫彩菜 森本英樹 ソール ムサシ イシイジロウ
人間 人間 人間 狩人 人間 人間 予言者 霊媒師 人狼 人狼 人狼 人間 狂人
生存 2日目噛 1日目吊 生存 生存 4日目噛 生存 2日目吊 5日目吊 3日目吊 4日目吊 1日目噛 生存
ハッピーエンド/人間勝利

2日目に児玉とイシイが予言者CO、猪飼と森本が霊媒師CO。猪飼の処刑が決定した。3日目になると、児玉はソールに人狼判定。安全策を採り、もう片方の霊媒師である森本を処刑するが、4日目、児玉はさらに、椿姫に対して人狼判定。これにより児玉の視点からは全ての敵が明らかに。潜伏人狼を発見しないイシイを尻目に、人々はこの日ソールを処刑、そして5日目に椿姫も処刑。人間陣営の勝利は、人狼ソールの遺影で彩られ、狂人イシイの切腹で締めくくられた。

  • MVPは、予言者の児玉。68.4%の得票率だった。

第2部第1戦[編集]

主宰の児玉健イシイジロウが第1部に引き続き出演。人狼TLPTからは、自由人メイソン(石井由多加)と菓子職人デイジー(寺島絵里香)が「6」に引き続き出演。医師マドック(松崎史也)は「闘会議2016」以来、大崎初音(人狼TLPTとしては「女主人ヒルダ」)は「5」第1部以来の出演。配達人ハイラム(澤田拓郎)は初出演。ゲームクリエイター人狼会からは、安西崇スクウェア・エニックス)、大野聡B.B.スタジオ)、森本茂樹ゲームフリーク)が「6」に引き続き出演。将棋棋士女流棋士からは、中田功村中秀史香川愛生が「6」に引き続き出演。

マドック ハイラム メイソン デイジー 村中秀史 中田功 児玉健(C) 香川愛生 大崎初音 大野聡 安西崇 森本茂樹 イシイジロウ
人間 人間 人間 人間 人間 霊媒師 人狼 人間 人狼 人狼 狂人 予言者 狩人
生存 2日目噛 生存 3日目噛 1日目吊 2日目吊 4日目吊 生存 3日目吊 5日目吊 4日目噛 生存 1日目噛
ハッピーエンド/人間勝利

2日目になると、香川は、予言者COした2人の人物から、異なる占い結果を告げられる。森本による判定は「人間」、大野による判定は「人狼」。しかし人々は、とりあえず霊媒師から手をつけるべきと判断し、この日は、前日に霊媒師COしていた中田を、3日目には、霊媒師を名乗るもう1人である大崎を処刑。そして4日目、森本は初めての人狼判定を児玉に対して宣言。これにより「森本・香川」対「大野・児玉」が表面化した。人々は、生存する7人中3人が人狼陣営の、最終局面と感じ取る。森本は危機感がなくへらへらとし、香川は感傷から涙を流す中、処刑者は児玉に決まり、これで大野と児玉の陣営の敗北がほぼ決定的に。5人での5日目、大野の視点で残りの人狼は、戦いが続いている以上、必然的に、森本と香川の2人。対して森本の視点では、生存者を占いつくしたため、残りの人狼は大野ただ1人。人狼の数の問題から、狂人か霊媒師がCOしないまま死んだ状況と推理されたが、大野を処刑すべきとの総意はスムーズに形成された。平穏を取り戻した村で、人々は森本の誕生日を祝福した。人間勝利の要因の1つが、潜伏狂人の安西が4日目、人間である香川への投票を避けたことにある真実までは、誰も辿り着いていなかった。

  • MVPは、人間の香川。30.2%の得票率だった。また、予言者の森本は、香川に次ぐ27.0%の得票率だった。
  • 香川は、「5」第2部第2戦から、自身5戦連続で、人間としてエンディングまで生き残り勝利したことになった。
  • 「3」第2部第2戦以来、16戦ぶりに、狂人が能力者COをしなかった。
評価と内情[編集]

ゲームライターの田下広夢は、5番目の能力者COをせず狂人として潜伏した安西のプレイには、2つの理由があった旨を、取材を経て記述している。1つは、将棋の対局を終えたばかりである香川には投票したくない意向であったこと、もう1つは、MVP獲得を狙っていたことである。とくに後者については、「予言者育成学園」のMVP予想で1位となっていたことが、土壇場で人狼を救ってMVPを狙おうという意志を後押ししていたという。そして安西は、香川の決選投票の翌日に、状況次第で、大野を庇うつもりであったという。「安西を信じて涙した香川」と「香川を裏切ることも企んでいた安西」について、田下はゲーム中のドラマと表現している[43]

第2部第2戦[編集]

マドック ハイラム メイソン デイジー 村中秀史 中田功 児玉健(C) 香川愛生 大崎初音 大野聡 安西崇 森本茂樹 イシイジロウ
人間 予言者 人間 狩人 人間 狂人 人間 人狼 人狼 人間 人狼 霊媒師 人間
生存 3日目噛 生存 5日目吊 4日目吊 3日目吊 生存 6日目吊 2日目吊 5日目噛 1日目吊 4日目噛 生存
ハッピーエンド/人間勝利

1日目、中田、安西、ハイラムの3人が予言者CO、森本が霊媒師CO。中田は安西に対して人間の判定を出したため、中田の視点からハイラムが人狼と決定、ハイラム処刑による手掛かりの大きさに人々は気づく。しかし児玉は、安西に対する霊媒結果が人狼と出れば中田が嘘つきとわかり、かつハイラムが予言者として確定すると提案。安西は挙動も疑われたことで、最多得票となり処刑が決まる。すると翌日、その霊媒結果は人狼。しかも真予言者と判明したハイラムは、大崎を人狼と占っていた。2日連続で人狼を処刑でき、最後の人狼探しが始まる。3日目、偽予言者の中田を処刑、4日目、1日目にハイラムに投票した村中を処刑、そして5日目、同じく1日目にハイラムに投票したデイジーを処刑。それでも勝負が決まらない中、6日目に香川を処刑。人間10人対人狼1人という順調からの難航を過ぎ、ようやく平和な朝を迎えた。生き残ったマドック、メイソン、児玉、イシイの4人は、次の舞台「アルティメット人狼8」での健闘を約束するのだった。

  • MVPは、予言者のハイラム。43.5%の得票率だった。最後まで生き残らなかったプレイヤーがMVPとなったのは初めて。
  • シリーズで初めて、2夜連続で狩人の護衛が成功した。

アルティメット人狼 in 闘会議2017[編集]

2017年2月11日幕張メッセにて、ニコニコ闘会議2017の1日目に開催された[46]。主宰の児玉健イシイジロウが出演。ゲームクリエイターからは、大野聡(『将棋RPG つめつめロード』)、森本茂樹(『ポケットモンスター』)が出演。人狼TLPTからは、自由人メイソン(石井由多加)、奏者ノエル(永石匠)、医師マドック(松崎史也)が出演。将棋棋士女流棋士からは、中田功村中秀史香川愛生が出演。ゲーム実況者からは、セピア、コジマ店員、SIGUMAが出演。MCは、七城ナナ(天の声)、眞形隆之、人狼TLPTより仕立屋テイラー(渡邊隆義)、ゲームマスターは、人狼ルームより阿部洸希が担当した。

マドック メイソン ノエル セピア SIGUMA コジマ店員 児玉健(C) 香川愛生 村中秀史 中田功 大野聡 森本茂樹 イシイジロウ
人間 人狼 人狼 狂人 予言者 人間 人間 人間 人狼 人間 霊媒師 狩人 人間
1日目噛 生存 1日目吊 4日目吊 3日目吊 生存 5日目吊 2日目噛 生存 4日目噛 2日目吊 3日目噛 5日目噛
バッドエンド/人狼勝利

ノエルと大野は、自らを霊媒師と名乗り、それぞれ、1日目、2日目に処刑された。さらにSIGUMAとセピアは、自らを予言者と名乗り、それぞれ、3日目と4日目に処刑された。こうして5日目、能力者と名乗らない者5人が残り、うち人狼が最大2人と思われる場面に。SIGUMAを信じるならば、人狼は、メイソンと村中の2人で確定、対して、セピアを信じるならば、児玉とイシイのうち最大2人が人狼とするのが濃厚という状況だった。最初の夜に襲撃されたマドックが本当の予言者なのではとの説も打ち消えず、コジマ店員にも疑念が向く。そんな中、児玉とイシイはともに、メイソン・村中のペアへの信頼を理由として、処刑者を自分たちの二択とすることを一旦受け入れる。しかしこれは、児玉とイシイの中に人狼が含まれる場合、必ず人狼が詰む道だった。児玉は、この策が浮上した事実こそが、自分たちが人狼でない証明であると気づくものの、遅きに失していた。イシイはすでに、児玉へ票を投じてしまっていた。

  • MVPは、ゲーム後の視聴者アンケートで55.0%の投票を集めた、人狼の村中となった。闘会議2016に引き続く、2年連続の選出となった。

アルティメット人狼8[編集]

2017年5月8日に開催[47]。会場は「7」に引き続き新宿FACE。司会進行は高地真吾人狼TLPTでは「船乗りルーサー」)、天の声は七城ナナ。スタッフは、音楽が坂本英城、ゲームマスターが渡部慎也(人狼ルーム)、阿部洸希(人狼ルーム)。

  • 「アルティメット人狼3」より続いていた「第1部」「第2部」の区分が、それぞれ「昼の部」「夜の部」の名称に変更。これに伴い、これまでの第2部に見られた、人狼TLPTゲームクリエイター将棋棋士の3団体を基盤とする出演者構成が廃止となった。
  • 七城ナナ役の桜庭未那は、体調不良のため欠席となった。そのため、高地真吾(人狼TLPT「船乗りルーサー」)が代役を務めた。よって夜時間の舞台上には、処刑死したプレイヤーと襲撃死したプレイヤーのみとなった。

昼の部 第1戦[編集]

主宰の児玉健イシイジロウが出演。ゲームクリエイターからは、大野聡(B.B.スタジオ)、安西崇(スクウェア・エニックス)が、また、将棋棋士からは中田功が、それぞれ「7」に引き続き出演し、クイズ王の古川洋平も「7」に引き続き出演。声優藤田咲、麻雀スリアロチャンネルから平はちろー(RMU)とBOSS(スリアロチャンネル代表)が、それぞれ初出演。人狼TLPTからは、自由人メイソン(石井由多加)、配達人ハイラム(澤田拓郎)が「7」に引き続き出演し、未亡人キャシー(都倉伶奈)は「4」以来、団長ダンカン(池永英介)は「6」以来の出演となった。

メイソン ダンカン ハイラム キャシー Boss 平はちろー 児玉健(C) 藤田咲 中田功 古川洋平 安西崇 大野聡 イシイジロウ
人狼 狩人 人間 人間 人間 人間 人狼 人間 人間 人狼 予言者 霊媒師 狂人
生存 2日目噛 3日目噛 3日目吊 1日目吊 2日目吊 生存 生存 生存 生存 1日目噛 4日目吊 生存
バッドエンド/人狼勝利

2日目にただ一人予言者として名乗り出たメイソンは、人狼を見つけたと宣言。その相手は、1日目にグループ分けの作戦を提案した平だった。霊媒師と名乗り出たイシイ、大野を含め、誰もが平の処刑に賛同する。しかし3日目になると、平は人間であったと大野が霊媒結果を宣言。それでも依然としてメイソンを信頼する村人たちに、大野の説得は通じず、この日会議で殺されたのはキャシー。4日目、潜んでいた人狼の児玉、古川、そして霊媒師騙りの狂人イシイが正体を現し、村は滅ぼされた。本物の予言者は1日目に襲撃されていたのだ。

  • MVPは人狼のメイソン。46.1%の得票率だった。「2」第1戦以来24試合ぶりとなる、陣営全員が生存しての人狼勝利だった。
  • シリーズで初めて、予言者COが1人にとどまり、また、能力者COの数が4を下回った。

昼の部 第2戦[編集]

メイソン ダンカン ハイラム キャシー Boss 平はちろー 児玉健(C) 藤田咲 中田功 古川洋平 安西崇 大野聡 イシイジロウ
人狼 人間 人狼 人間 人狼 人間 人間 霊媒師 狩人 人間 予言者 人間 狂人
3日目吊 生存 4日目吊 生存 2日目吊 生存 2日目噛 生存 生存 生存 生存 3日目噛 1日目吊
ハッピーエンド/人間勝利

1日目、能力者を全て名乗り出させる策が採られ、Bossが霊媒師CO、藤田が霊媒師CO、安西が予言者CO、そしてハイラムが予言者CO。能力者の処刑は翌日に持ち越され、2日目、霊媒師の真贋を見極めるための議論に。この日信頼されたのは、初日にハイラムから人間と告げられていたBossではなく、予言結果を受けていない藤田のほうだった。その藤田は3日目、処刑されたBossが人狼であったと霊媒結果を宣言、藤田の視点ではハイラムが偽予言者に。ハイラムの陣営が危機的状況となる中、その勢いで村人たちは、安西が人狼と占ったメイソンを処刑。4日目にはついにハイラムが処刑され、村は全ての人狼を絶やしたのだった。騙りに出ていた2人の偽者はどちらも人狼で、初日に処刑されたイシイが、騙らずに死んだ狂人だった。

  • MVPは人間の平はちろー。22.1%の得票率だった。

夜の部 第1戦[編集]

主宰の児玉健とイシイジロウが出演。ゲームクリエイターからは、森本茂樹ゲームフリーク)が「7」に引き続き出演、齊藤陽介スクウェア・エニックス)が「6」以来の出演。将棋棋士女流棋士からは村中秀史が「7」に引き続き出演し、山口恵梨子が初出演となった。プロ雀士からは、大浜岳日本プロ麻雀協会)が「6」以来の出演。また、初美メアリが「6」以来の出演、「ファミ通.comからの刺客」として椿姫彩菜が「7」に引き続き出演。人狼TLPTからは、医師マドック(松崎史也)、奏者ノエル(永石匠)、菓子職人デイジー(寺島絵里香)がそれぞれ「7」に引き続き出演し、木こりイーゴリ(柳原聖)が初出演となった。

マドック イーゴリ デイジー ノエル 山口恵梨子 村中秀史 児玉健(C) 大浜岳 椿姫彩菜 齊藤陽介 初美メアリ 森本茂樹 イシイジロウ
人狼 霊媒師 人間 狂人 人狼 人間 予言者 人狼 人間 狩人 人間 人間 人間
5日目吊 1日目吊 生存 3日目噛 4日目吊 生存 2日目吊 3日目吊 生存 4日目噛 生存 2日目噛 生存
ハッピーエンド/人間勝利

1日目、予言者COをした大浜が児玉に対して人間の判定。また、山口は霊媒師CO。続けて、ノエル、児玉も予言者CO、最後にイーゴリが霊媒師COで、能力者を名乗る者が5人現れた。この日の処刑は、遅れて正体を明かしたイーゴリに。2日目、そのイーゴリは狂人であると山口は霊媒結果を宣言し、山口と大浜が本物同士である可能性が消滅。一方、児玉はマドックを、大浜はデイジーを最後の人狼であると、予言結果を宣言。この日、投票対象を大浜とデイジーの2択に絞る方針が決まりかけるが、結果的に処刑されたのは、山口が最終票を投じた児玉だった。明けて3日目、児玉に対する山口の霊媒結果は人狼。これで山口とノエルの繋がりが明らかになった。この日はデイジーの強い働きかけで、処刑は大浜に決定。すると4日目、襲撃されていたのはノエルだった。これにより大浜が破綻。村人たちは、ノエルが真予言者の線を検証するが、齊藤による狩人COを受けて、ノエルを狂人と推し量り、かつ、児玉と大浜とが人狼同士の場合もないと結論づける。その流れで、この日の処刑はノエルの仲間だった山口に。5日目、亡き児玉が本物の予言者であったと村は総意を形成し、マドックを処刑。推理の積み重ねで、村に平和がもたらされた。

  • MVPは人間の初美メアリ。37.3%の得票率だった。

夜の部 第2戦[編集]

マドック イーゴリ デイジー ノエル 山口恵梨子 村中秀史 児玉健(C) 大浜岳 椿姫彩菜 齊藤陽介 初美メアリ 森本茂樹 イシイジロウ
人間 人間 予言者 人間 人狼 狂人 人狼 人狼 狩人 人間 人間 霊媒師 人間
1日目噛 生存 5日目噛 3日目噛 4日目吊 5日目吊 1日目吊 6日目吊 3日目吊 4日目噛 2日目噛 2日目吊 生存
ハッピーエンド/人間勝利

1日目に村中が予言者CO、そして大浜、森本が霊媒師CO。最多得票で児玉が死ぬと、続く2日目、その霊媒結果について、大浜は人間、森本は人狼と宣言。一方、デイジーは新たに予言者CO、また、村中は椿姫に対して人狼の判定。投票対象が定まらない中、人狼と占われた椿姫が狩人COを決する。すると、対抗で山口も狩人CO。これにより、能力者を名乗る人物が6人生きているという事態に。この状況が、最後の人狼までもが騙って現れ出たとする森本の視点への疑念を生み、森本の処刑が決まる。3日目、大浜を真霊媒師と置いた村人たちは、投票対象を狩人の2択にすべきと考え、椿姫を処刑。明けた4日目、大浜は椿姫の霊媒結果を人狼と告げ、村中への信頼を口にする。一方、潜伏の人狼を占いで発見できないデイジーは、消去法からイーゴリが最後の人狼と判断。村中にも占われていないイーゴリの処刑が決まりかけるが、村人たちは、村中、大浜、山口がそれぞれ偽予言者、偽霊媒師、偽狩人という場合の危機に気づく。前日に続き狩人と名乗る者への投票を行い、山口を処刑。そして5日目、イーゴリを人間と占ったデイジーの目からは、騙っていない人狼がすでに存在しないと判明し、ゆえに森本こそが本物の霊媒師であったことを知る。それぞれの関係がはっきりしていく中、投票は予言者の2択となり、イシイの一票で村中の処刑が決まる。戦いは終わることなく、デイジーが襲われ6日目に突入するものの、イシイはイーゴリとともに大浜に投票。混乱の中で真実に辿り着いた人間陣営が、勝利を手にしたのだった。

  • MVPは人間のイシイジロウ。31.4%の得票率だった。
  • シリーズで初めて、予言者CO、霊媒師CO、狩人COがそれぞれ2人ずつ現れた。

脚注[編集]

  1. ^ 大人気の「人狼ゲーム」を徹底解説する集中連載「特集:人狼」。その歴史と広がりを再検証.4Gamer.net(2014年3月22日).2016年5月22日閲覧。
  2. ^ エンターブレイン『人狼読本』KADOKAWA、2013年、ISBN 4047292486、7頁
  3. ^ 『人狼読本』、302-307頁
  4. ^ 著名クリエイターが『人狼』で激突! “ゲームクリエイター人狼会”ってなんだ?.ファミ通.com(2013年6月9日).2016年5月22日閲覧。
  5. ^ a b ブームはまだこれから?著名人も巻き込む「人狼ゲーム」の人気の秘密に迫る!QREATORS(2015年11月27日).2016年5月22日閲覧。
  6. ^ イシイジロウ(@‏jiro_ishii)Twitter(2016年4月26日).2016年5月22日閲覧。
  7. ^ 『人狼読本』、303-304頁
  8. ^ 異種格闘技人狼 - 原宿ヒミツキチオブスクラップ.原宿ヒミツキチオブスクラップ公式サイト.2016年9月11日閲覧。
  9. ^ 観客参加型「人狼」観戦イベント,「異種格闘技人狼」。各界の人狼フリーク達が集結したステージを,出演者の男色ディーノ選手が自らレポート.4gamer.net(2013年10月23日).2016年9月11日閲覧。
  10. ^ 将棋棋士の間で、人狼が流行っている?ニコ生でも話題になった、人狼のルールとハマってしまう理由とは?.将棋コラム 日本将棋連盟(2017年1月27日).2017年2月7日閲覧。
  11. ^ 『人狼読本』、307頁
  12. ^ 堀江貴文氏vs勝間和代氏vs堀井雄二氏vsイシイジロウ氏vs人狼TLPT!? 人狼異種格闘技戦“アルティメット人狼3”、5月6日に開戦!.ファミ通.com(2015年5月1日).2016年9月11日閲覧。
  13. ^ アルティメット人狼チャンネル.ニコニコチャンネル.2016年9月3日閲覧。
  14. ^ 「人狼」ゲームのルール人狼TLPT公式サイト.2016年5月22日閲覧。
  15. ^ 『428』のイシイジロウ氏をはじめとするクリエイターたちと役者陣が、「人狼」でガチバトル.INSIDE(2014年8月23日).2016年10月2日閲覧。
  16. ^ ゲーム開発者の人狼の腕前はいかに!? イシイジロウ氏らゲームクリエイター人狼会vs人狼スペシャリスト“人狼TLPT”の人狼勝負リポート!ファミ通.com(2014年8月25日).2016年5月22日閲覧。
  17. ^ アルティメット人狼 ゲームクリエイターvs人狼TLPTTOKYO CULTURE CULTURE @nifty.2016年5月22日閲覧。
  18. ^ 人狼 ザ・ライブプレイングシアター X 新撰組 〜壬生村の狼 至誠の巻〜.人狼TLPT公式サイト.2016年5月22日閲覧。
  19. ^ アルティメット人狼2が12月9日に開催!イシイジロウ氏らゲームクリエイター人狼会、人狼のスペシャリストTLPTほか、多ジャンルからメンバーが集結.ファミ通.com.(2014年12月15日)2016年5月22日閲覧。
  20. ^ #16:VILLAGE IX雪の花咲ける村 人狼TLPT公式サイト.2016年5月22閲覧。
  21. ^ コラム『絶対絶望小高』CHAPTER20(エンターブレイン『Weekly ファミ通』KADOKAWA 2016年6月4日号、197頁)。
  22. ^ a b 堀井雄二氏をゲームクリエイター陣が攻め立てる!? 白熱バトルが展開した“アルティメット人狼3”リポート!ファミ通.com(2015年5月7日).2015年5月22日閲覧。
  23. ^ ステージ別出演者 #17:DEPTH.人狼TLPT公式サイト.2016年5月22日閲覧。
  24. ^ 俺たちが最高の『人狼』を見せてやる!“アルティメット人狼4”開催!!ファミ通.com(2015年9月14日).2016年5月22日閲覧。
  25. ^ アルティメット人狼のテーマ .ノイジークロークレコーズ.2016年5月22日閲覧。
  26. ^ 人狼TLPTX PSYCHO-PASS INNOCENT MURDERER -無垢なる殺人者-.人狼TLPT公式サイト.2016年5月22日閲覧。
  27. ^ a b 究極の『人狼』プレイに観客も釘付け!“アルティメット人狼5”開催!!(2016年1月18日).ファミ通.com.2016年5月22日閲覧。
  28. ^ 人狼TLPT #22 DEPTH II 贖罪の海 ~SPIRAL~.人狼TLPT公式サイト.2016年5月22日閲覧。
  29. ^ アルティメット人狼5・2。大崎初音オフィシャルブログ「MPGP Diary」Powerd by Ameba(2016年1月18日).2016年5月22日閲覧。
  30. ^ プレイログ:第5ステージ 人狼TLPT 人狼TLPTX 「PSYCHO-PASS サイコパス」人狼TLPT公式サイト.2016年5月22日閲覧。
  31. ^ イシイジロウ(@jiro_ishii) .Twitter(2015年10月25日).2016年5月22日閲覧。
  32. ^ 人狼ルーム、公式人狼プレイヤーメイソン(石井由多加)!ドイツゲームスペース@Shibuya(2015年9月21日).2016年5月22日閲覧。
  33. ^ リアル人狼番組「人狼最大トーナメント」ニコニコ動画(2015年8月28日放送).
  34. ^ 究極と深海日めくりえんぎノート(2016年2月3日).2016年5月22日閲覧。
  35. ^ 池永英介(@Eisukelke) .Twitter(2017年5月22日).2017年5月22日閲覧。
  36. ^ 人気イベント“アルティメット人狼”が 豪華メンバーで闘会議に殴り込み!【闘会議2016】ファミ通.com(2016年1月31日).2016年5月22日閲覧。
  37. ^ 人狼最大トーナメント最強決定戦ニコニコ動画(2016年1月24日放送).
  38. ^ アルティメット人狼6”が6月5日(日)に開催決定! 堀井雄二氏ほか、今回も豪華メンバーが集結ファミ通.com(2016年5月12日).2016年5月22日閲覧。
  39. ^ ゲームクリエイター、雀士、棋士が『人狼』のスペシャリストたちと頭脳バトル!"アルティメット人狼6"リポートファミ通.com.(2016年6月11日).2016年6月11日閲覧。
  40. ^ Casual Meets Shakespeare 『A Midsummer Night’s Dream』.SP/ACE=project公式サイト.2016年5月22日閲覧。
  41. ^ 眞形@人狼伝道師_予言問題作成師(@newmagata).Twitter(2016年5月11日).2016年5月22日閲覧。
  42. ^ ゲームクリエイターら各業界の著名人が『人狼』で魅せる!“アルティメット人狼7 ”イベントリポート.ファミ通.com(2016年10月7日).2016年10月7日閲覧。
  43. ^ a b アルティメット人狼7解説―潤んだ瞳のそばに陰謀―.[ゲーム業界ニュース]All About(2016年10月11日).2016年10月13日閲覧。
  44. ^ 将棋の女流王将戦、里見が先勝.共同通信(2016年10月1日).2016年10月2日閲覧。
  45. ^ イシイジロウ氏が手掛ける自主制作映画『女流棋士の春』発表、主演は女流棋士の香川愛生氏.ファミ通.com(2016年10月1日).2016年10月7日閲覧。
  46. ^ “アルティメット人狼”ステージリポート ゲームクリエイター、ゲーム実況者、将棋棋士、人狼TLPTが四つ巴バトル!【闘会議2017】.ファミ通.com(2017年2月13日).2017年2月14日閲覧。
  47. ^ 各業界を代表する頭脳派プレイヤーが直接対決!“アルティメット人狼8 ”リポート.ファミ通.com(2017年5月10日).2017年5月10日閲覧。

外部リンク[編集]