この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

山口恵梨子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 山口恵梨子 女流二段
名前 山口恵梨子
生年月日 (1991-10-12) 1991年10月12日(26歳)
プロ入り年月日 2008年4月1日(16歳)
棋士番号 39
出身地 鳥取県
師匠 堀口弘治七段
段位 女流二段
戦績
2013年2月16日現在

山口 恵梨子(やまぐち えりこ、1991年10月12日 - )は、日本将棋連盟所属の女流棋士堀口弘治七段門下。女流棋士番号は39。鳥取県東伯郡三朝町出身。山脇学園高等学校卒、白百合女子大学卒。通称「攻める大和撫子」。

棋歴

女流プロになるまで

6歳・小学1年生のときアマ四段の父親に将棋を習う[1][2]。その1週間後に地元の将棋まつり先崎学七段(当時)に十枚落ちで教わり、プロのすごさに感動する[2]。このときから早くも女流棋士になることを志し、毎日将棋道場に通いつめるようになる[2]。そして、小学3年生のころにはアマ二段となり、二枚落ちでプロ(当時四段の渡辺明)に教わることができるほどまで上達する[2]

2002年、女流アマ名人戦A級で優勝[3]。2003年、11歳のとき、第35期女流アマ名人戦でベスト8進出。

2003年女流棋士の育成機関である女流育成会に入会し、初年度はなかなか勝てず苦戦するが、2年目の2004年度は前後期とも勝ち越した。そして、2005年度前期に昇級点を得、2007年度後期に2度目の昇級点で2008年4月1日付けでの女流2級でプロ女流棋士になることとなった。

女流プロ入り後

2008年4月1日付で女流2級としてプロ入り。

プロ入り当初はなかなか勝てず初戦から3連敗を喫するが、第36期女流名人位戦の予選で3連勝し、デビュー年度でB級リーグ入りを果たした。それにより、女流棋士昇段級規定の1級の条件を満たし、女流1級に昇級した[4]

2009年度、第17期倉敷藤花戦で当時王位の石橋幸緒を破るなど、準々決勝に進出。第36期女流名人位戦B級リーグでは4勝5敗の成績を挙げるも、順位の関係で惜しくもリーグ残留はならなかった。年間成績で10勝10敗と5分の成績を挙げ、女流棋士昇段級規定の初段の条件を満たし、2010年4月1日付で初段に昇段した[5]

2010年度、第18期倉敷藤花戦で前年度に続き準々決勝進出。第22期女流王位戦では予選リーグを勝ち抜き、挑戦者決定リーグ入りを果たし、第38期女流名人位戦でも2期ぶりにB級リーグ復帰を果たした。

2011年度、第19期倉敷藤花戦で3期連続となる準々決勝進出。第5期マイナビ女子オープンでも初めて予選突破し、準々決勝まで進んだ。第38期女流名人位戦B級リーグでは4勝5敗となりまたも順位の差で残留ならなかったが、翌年度の予選を勝ち抜き即復帰を果たした。

2012年度、第39期女流名人位戦B級リーグでは5勝4敗として5位となったが、棋戦方式変更(1部制のリーグに移行)のため、リーグ残留とはならなかった。第24期女流王位戦で挑戦者決定リーグ入りを果たすも、強豪が揃うリーグでは苦戦し、5戦全敗でリーグ陥落となった。

2013年度、第25期女流王位戦で予選を勝ち抜いて挑戦者決定リーグ復帰を果たす。リーグは2勝3敗となりリーグ残留はならなかった。

2015年度、第43期女流名人戦で予選を勝ち抜いて初の女流名人リーグ入りを果たした。

人物

  • 同学年の里見香奈と共通点が多い(里見は早生まれ)。得意戦法はともに中飛車。出身地は山陰地方(里見は島根県出身)。
  • ただし鳥取は父の故郷で本籍があるのみで、生まれは大阪府、2歳から東京都在住と述べている[6]
  • 現在も祖父が東伯郡三朝町在住でほぼ毎年訪れており、その縁で同町で自身の名を冠した将棋大会を開いている[7]
  • 2008年に女流棋士になった時の憧れの棋士は上田初美[1]
  • 2010年度後期の「NHK将棋講座」で、講師・高橋道雄のアシスタントを務める。
  • 激しい攻め将棋の棋風から攻めダルマ攻める大和撫子の異名を持つ[8]

昇段履歴

昇段・昇級規定は、将棋の段級 を参照。

  • 2003年4月 女流育成会入会
  • 2008年4月1日 女流2級(女流育成会で2度目の昇級点) = プロ入り
  • 2009年3月25日 女流1級(女流名人位戦B級リーグ入り)
  • 2010年4月1日 女流初段(2009年度指し分け以上・7勝以上)…10勝10敗
  • 2016年5月25日 女流二段(勝数規定)

主な成績

出演

ウェブテレビ

脚注

  1. ^ a b 山口恵梨子女流育成会員が新女流棋士に!”. 日本将棋連盟 (2008年3月16日). 2018年2月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月7日閲覧。
  2. ^ a b c d 2010年10月10日放送「NHK将棋講座
  3. ^ 日本将棋連盟女流アマ名人戦ページ
  4. ^ 山口恵梨子女流2級が女流1級に昇級(3月25日付)”. 日本将棋連盟 (2009年3月26日). 2015年11月1日閲覧。
  5. ^ 2010年4月1日付昇段・昇級者”. 日本将棋連盟 (2010年4月1日). 2015年11月1日閲覧。
  6. ^ 鳥取県出身初の女流棋士誕生 16歳の山口さん”. 日本海新聞 (2008年5月9日). 2014年11月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年2月13日閲覧。
  7. ^ 山口恵梨子杯来てね きょうから三朝で将棋大会[リンク切れ]読売新聞  地域ニュース鳥取面 2014年11月8日
  8. ^ 女子力より棋力を磨きたい 山口恵梨子女流初段に聞く[リンク切れ]朝日新聞  2015年4月3日
  9. ^ AbemaTV 将棋講座”. AbemaTV. 2017年9月25日閲覧。
  10. ^ ニコファーレ, 【叡王戦開催記念】チーム対抗 詰将棋カラオケ|スケジュール|nicofarre. “【叡王戦開催記念】チーム対抗 詰将棋カラオケ|スケジュール|nicofarre ニコファーレ” (日本語). http://nicofarre.jp/. 2018年4月17日閲覧。

関連項目

外部リンク