斎藤慎太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 斎藤 慎太郎 七段
名前 斎藤 慎太郎
生年月日 (1993-04-21) 1993年4月21日(24歳)
プロ入り年月日 2012年4月1日(18歳)
棋士番号 286
出身地 奈良県奈良市
師匠 畠山鎮
段位 七段
戦績
2017年4月26日現在

斎藤 慎太郎(さいとう しんたろう、1993年4月21日 - )は、日本将棋連盟所属の棋士畠山鎮七段門下。棋士番号は286。奈良県奈良市出身。大阪府立桃谷高等学校卒業[1]

棋歴[編集]

羽生善治に関する漫画(くもん出版)を読んだことで将棋及び職業としてのプロ棋士に興味を持ち始める[2]

2004年9月、6級で奨励会に入会。順調に昇級・昇段を続け、2008年1月に14歳で三段に昇段、三段リーグでは毎回のように昇段争いに加わりながら終盤に崩れて脱落していたが、8期目となる2011年度後期(第50回)で15勝3敗・1位の成績を修め、畠山鎮門下初のプロ四段となった。三段リーグ通算成績は95勝49敗・勝率.660で、同じ14歳三段・18歳四段昇段・8期在籍の佐藤天彦(94勝50敗・勝率.653)を上回る勝率である。また、三段時代から新人王戦加古川青流戦にも参加、プロ初勝利は第43期新人王戦で、既に棋戦優勝経験がある菅井竜也五段から挙げた。

順位戦には第71期(2012年度)より参加。当期はC級2組で9勝1敗(46人中3位)の好成績を修め[3]C級2組の1期抜けに成功[4]。これに伴いプロ入りから1年に満たぬ間に五段へ昇段した。

2015年3月14日、電王戦FINAL第2回将棋電王トーナメント5位のAperyと対局。中盤以降優位に立ち、Aperyに勝利した。

2015年度に入り、自己最多の11連勝(2015年3月から年度をまたぎ14連勝)と好調で、4月23日、第28期竜王ランキング戦5組で決勝進出を決め、4組昇級が確定。前期6組3位での5組昇級と合わせて連続2回昇級となり、同日付で六段に昇段した。また、第41期棋王戦予選の決勝で村田顕弘五段に勝ち本戦に出場。

そして、第74期(2015年度)順位戦C級1組では、9勝1敗・2位の成績でB級2組への昇級を決めた。この一年で将棋大賞の新人賞および勝率一位賞(40勝12敗・勝率.769)を受賞した。

2016年度は、前年度の成績優秀につき第66回(2016年度)NHK杯将棋トーナメントでシード(予選免除)となり、本戦トーナメントに初出場(前期の第65回NHK杯予選は決勝で、杉本昌隆七段に敗れている)。本戦1回戦では、師匠である畠山鎮七段が解説を務める放送で、平藤眞吾七段に勝利した。2回戦で順位戦A級・十八世名人資格保持者の森内俊之九段に勝利したが、3回戦で佐藤康光九段に敗北する。

第88期(2016年度)棋聖戦で 羽生善治棋聖への挑戦権を獲得した。五番勝負第1局は2017年6月1日、兵庫県洲本市「ホテルニューアワジ」で行われる予定。

棋風[編集]

居飛車党でじっくりした将棋を好むと[2]自身が公言している通り、持ち時間が長い棋戦で才能を発揮する傾向がある。電王戦での二つ名は「超光速の詰士」。

詰将棋[編集]

「好きを通り越して愛している」と公言する程の詰将棋愛好家であり、奨励会員時代から詰将棋解答選手権に参加し、第6回(2009年)で3位・第7回で5位・第8回~第9回で連続優勝と、その手腕を発揮している。プロ入り内定直後に行われた第9回の優勝インタビューでは、自身の成績よりも出題の題材となった作品の素晴らしさに感嘆し、その作品を解けることが幸せである旨の発言をした。

人物・エピソード[編集]

  • 日本テレビ系「NEWS ZERO」で、電王戦などの話題を中心に特集が組まれ、約10分にわたり放送された[5]
  • ネットでは名前を略した「さいとしん」から「観光」(英語のsight seeing)と呼ばれたり、女性誌の取材をよく受け、一部では「西のイケメン王子」と言われる事もある[6]

昇段履歴[編集]

昇段規定は、将棋の段級 を参照。

  • 2004年9月(小学5年) 6級 = 奨励会入会
  • 2004年11月( 〃 ) 5級
  • 2005年5月(小学6年) 4級
  • 2005年10月( 〃 ) 3級
  • 2005年12月( 〃 ) 2級
  • 2006年8月(中学1年) 1級
  • 2006年11月( 〃 ) 初段
  • 2007年8月(中学2年) 二段
  • 2008年1月(  〃 ) 三段
2008年度前期より三段リーグ参加

主な成績[編集]

在籍クラス[編集]

竜王戦と順位戦のクラスは、将棋棋士の在籍クラス を参照。

将棋大賞[編集]

  • 第43回(2015年度) 新人賞・勝率一位賞(0.769)
  • 第44回(2016年度) 勝率一位賞(0.750)

脚注[編集]

  1. ^ 大阪府立桃谷高等学校・生徒活動「その他の活動」より。
  2. ^ a b 日本将棋連盟ホームページ・お知らせ「斎藤慎太郎三段と八代弥三段が新四段に
  3. ^ 菅井竜也、澤田真吾阪口悟と斎藤が8勝1敗で最終局を迎える展開で、当期における順位の関係から、斎藤は9勝目を挙げても頭ハネとなってしまう可能性もあったが、4名のうち澤田のみが負けたことにより斎藤の順位が繰り上がる形となった。
  4. ^ 10代の棋士が初参加の順位戦で昇級したのは、第48期(1989年度)の屋敷伸之(当時18歳)以来。順位戦のB級2組以下が1期あたり10局に定着して以降5人目。
  5. ^ 「NEWS ZERO」将棋電王戦FINAL第1局(2015年3月20日)
  6. ^ マガジンハウスanan「年下の男の子特集」2015/10、宝島社「将棋観戦が楽しくなるプロ棋士名鑑2015」51頁など
  7. ^ 日本将棋連盟ホームページ・お知らせ「斎藤慎太郎四段が五段に昇段
  8. ^ 日本将棋連盟ホームページ・お知らせ「斎藤慎太郎五段が六段に昇段
  9. ^ 日本将棋連盟ホームページ・お知らせ「斎藤慎太郎六段が七段に昇段

関連項目[編集]

外部リンク[編集]