佐々木慎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 佐々木慎 六段
名前 佐々木慎
生年月日 (1980-01-21) 1980年1月21日(37歳)
プロ入り年月日 2001年4月1日(21歳)
棋士番号 240
出身地 東京都中野区
師匠 関根茂
段位 六段
戦績
2014年3月27日現在

佐々木 慎(ささき まこと、1980年1月21日 - )は、将棋棋士棋士番号は240。関根茂九段門下。東京都中野区出身。

棋歴[編集]

2001年4月、プロデビュー。プロ入り初年度は、15勝10敗で6割の勝率を挙げる。

初参加の第15期(2002年度)竜王ランキング戦6組で、昇級者決定戦を制して3位となり、6組からの1期抜けで5組へ昇級。

2003年度、第29期棋王戦・第22回朝日オープン将棋選手権・第51期王座戦の、挑戦者決定トーナメントに進出。

棋王戦では予選から加藤一二三らを制するも、挑戦者決定トーナメント2回戦で当時タイトルホルダー(棋聖・王将)の佐藤康光に敗れる。

王座戦は永世名人の資格を保持する中原誠らを制し、本戦進出した。

翌2004年度の第52期王座戦においても、行方尚史らを破り、挑戦者決定トーナメントへ進出(永世名人で当時王位の谷川浩司に敗れる)。

第18期(2005年度)竜王ランキング戦5組で準優勝し、4組へ昇級。

2007年度は公式戦13連勝を記録。これにより、将棋大賞での初受賞となる連勝賞を受賞。

6期目には8勝2敗で次点(4位)で昇級を逃すものの、7期目の第66期(2007年度)C級2組順位戦において8勝2敗の成績で2位となり、C級1組へ昇級した。

第58回(2008年度)NHK杯戦は前年に続き2回目の本戦出場。藤井猛元竜王らに勝ち、ベスト8に進出。準々決勝では羽生善治に敗れる。

藤井との一局は相振り飛車からの激しい将棋であり、自陣は居玉のまま藤井陣を攻め倒した。

2010年ー2011年度には公式戦15連勝を記録。

第59期(2011年度)王座戦加藤一二三戸辺誠および当時A級九段の高橋道雄らを破り本戦進出。本戦では青野照市に勝ちベスト8。準々決勝で久保利明(棋王・王将)に敗れる。

2012年2月22日、NHK杯戦の予選における白星で、五段昇段後累積120勝に達し、六段に昇段。

同年、54期王位戦の予選を勝ち抜きリーグ入り。

第72期(2013年度)C級1組順位戦において8勝2敗の成績で2位となり、B級2組へ昇級。

第1期叡王戦(2015年度)では3回戦で澤田真吾、決勝で永瀬拓矢らを制し、本戦出場を決めた(ベスト16)。

同年12月24日、通算300勝達成。

棋風[編集]

振り飛車党の棋士で、中飛車四間飛車三間飛車など振り飛車全般を差しこなし、最新形に明るい。

対抗形の場合は、居飛車を持つ事もある。

着実で慎重な棋風と評されている。

人物[編集]

  • 帰国子女であり幼少期はイギリスなどで過ごしたため、将棋は小学校4年生から始めたというプロ棋士としては晩学の方である。
  • 妻は、女優モデル遥風[1][2]。2016年4月に入籍、挙式は同年6月5日[3]。佐々木が『NHK杯テレビ将棋トーナメント』に出演する際、遥風はNHK教育テレビ『趣味の園芸ビギナーズ』やNHK『国際バラとガーデニングショウ』で司会を務めていた為、同局同日に一番組挟んで出演している事が度々あった。
  • 身長183cmで、将棋棋士の中でも長身である[4]
  • 仲の良い棋士に行方尚史鈴木大介広瀬章人などがいる。
  • 2003年の第22回朝日オープン選手権でのアマチュアとの対局において、1分将棋になったアマチュアがトイレに立ち約5分後に戻ってきた結果、このアマチュアが時間切れ負けになった。
  • 同門には泉正樹飯野健二北島忠雄千葉幸生矢内理絵子田中悠一らがいる。
  • 動物好きで猫を飼っている。名前は「けい」で、ブログによると『妻との初対面の際に、何気ない会話で「桂馬の動きは猫に似ている」と話した思い出が名前の由来』と述べている[5]

昇段履歴[編集]

昇段規定は、将棋の段級 を参照。

主な成績[編集]

在籍クラス[編集]

竜王戦と順位戦のクラスは、将棋棋士の在籍クラス を参照。

将棋大賞[編集]

  • 第35回(2007年度) 連勝賞

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Wedding BOOK No.59(ウインドアンドサン)
  2. ^ Wedding BOOK”. 佐々木慎 Official Blog『晴耕雨読』 (2017年7月26日). 2017年7月26日閲覧。
  3. ^ 産經新聞 2016年11月2日
  4. ^ 「平成28年版 将棋年鑑 2016」(マイナビ出版)
  5. ^ 子猫を迎えました”. 佐々木慎 Official Blog『晴耕雨読』 (2017年1月26日). 2017年1月27日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]