古森悠太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 古森悠太 四段
名前 古森悠太
生年月日 (1995-08-20) 1995年8月20日(23歳)
プロ入り年月日 2017年10月1日(22歳)
棋士番号 312
出身地 大阪府高槻市
師匠 小林健二
段位 四段
戦績
2018年5月8日現在

古森 悠太(こもり ゆうた、1995年8月20日 - )は、日本将棋棋士小林健二門下。棋士番号は312。大阪府高槻市出身。神戸大学経済学部卒業[1]

棋歴[編集]

  • 将棋を始めたきっかけは、小学2年生のときに祖父から教わったと答えている。
  • 順位戦は第77期(2018年度)から参加となる。

棋風[編集]

  • 振り飛車党で、攻め将棋。囲いより早い仕掛けを優先し、端歩も受けないことがある。形勢が悪くなってから、開き直って勝負するタイプ[2]
  • 得意戦法は角交換振り飛車。浦野真彦は「古森は奨励会では、殆ど振り飛車しか指した事がない」と発言している[3]
  • 長時間の棋戦を得手とする。自らも「長考は得意」と宣言し、「時間単位の大長考も、僅かな時間経過に感じる」という[4]

人物[編集]

  • カラオケが趣味。歌好きであり名前と語呂が似ている「子守唄」などと呼ばれる事もある[5][6]
  • 大学では将棋部に所属[7]

昇段履歴[編集]

昇段規定は、将棋の段級 を参照。

  • 2008年9月  = 奨励会入会
  • 2016年10月 三段 = 第60回奨励会三段リーグから
  • 2017年10月1日 四段(第61回奨励会三段リーグ2位以内)=プロ入り

主な成績[編集]

在籍クラス[編集]

竜王戦と順位戦のクラスは、将棋棋士の在籍クラス を参照。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ サンスポ・社会ニュース「神戸大出身の古森四段、リベンジならず。」(2018.4.6)
  2. ^ 「藤井聡太戦・インタビュー」(Just another WordPress 2018.2.14)
  3. ^ 新四段誕生のお知らせ|将棋ニュース|日本将棋連盟” (2017年9月9日). 2017年10月3日閲覧。
  4. ^ 第31期竜王戦 6組 ランキング戦 1回戦・プロ入り初戦での対局後インタビュー(2017年12月22日)
  5. ^ 「プロ棋士カラー名鑑 2018」(扶桑社)
  6. ^ 日本将棋連盟・携帯中継コメント(2018年2月22日)
  7. ^ 「将棋世界」2017年11月号「新四段誕生 斎藤明日斗四段&古森悠太四段」

関連項目[編集]

外部リンク[編集]