狩山幹生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 狩山幹生 四段
名前 狩山幹生
生年月日 (2001-11-12) 2001年11月12日(20歳)
プロ入り年月日 2021年10月1日(19歳)
棋士番号 330
出身地 岡山県倉敷市
所属 日本将棋連盟(関西)
師匠 井上慶太九段
段位 四段
棋士DB 狩山幹生
2021年10月1日現在
テンプレートを表示

狩山 幹生(かりやま みきお、2001年11月12日 - )は将棋棋士井上慶太九段門下。棋士番号は330。岡山県倉敷市出身。[1]

棋歴[編集]

祖父に教わり将棋を始める。

第69回三段リーグで通算13勝5敗の成績を挙げ、同じ井上慶太門下の横山友紀と共に四段昇段を決めた[2]

岡山県出身の棋士は、同門の兄弟子にあたる菅井竜也以来11年ぶりとなり、倉敷市出身では大山康晴十五世名人以来81年ぶりとなる[2][3]。また、同門の三段からの同時昇段は、共に森信雄門下の千田翔太竹内雄悟が昇段した第52回以来8年半ぶりであった[4]

プロ初対局の相手が塚田恵梨花(塚田にとっても男性棋戦初対局であった)、次局も里見香奈と二局続けて女流棋士との対局という稀なスタートを切ると、この二局を含めて5連勝と上々のプロデビューを飾った。

昇段履歴[編集]

昇段規定は、将棋の段級 を参照。

  • 2014年9月 6級 = 奨励会入会
  • 2019年5月11日 三段 = 第66回奨励会三段リーグ戦から
  • 2021年10月1日 四段 = プロ入り[1]

主な成績[編集]

在籍クラス[編集]

竜王戦と順位戦のクラスは、将棋棋士の在籍クラス を参照。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 新四段誕生のお知らせ”. 日本将棋連盟公式サイト. 将棋ニュース. 日本将棋連盟 (2021年9月11日). 2021年10月1日閲覧。
  2. ^ a b 横山、狩山が将棋棋士に ともに井上九段門下”. 産経ニュース. 産経新聞社 (2021年9月11日). 2021年10月1日閲覧。
  3. ^ 小沢邦男 (2021年9月16日). “倉敷の狩山幹生さん、将棋プロに”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社. 2021年12月22日閲覧。
  4. ^ 「新四段誕生!!」『将棋世界』第85巻第11号、マイナビ出版、2021年11月1日、 32頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]