谷合廣紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 谷合 廣紀 四段
名前 谷合 廣紀
生年月日 (1994-01-06) 1994年1月6日(26歳)
プロ入り年月日 2020年4月1日(26歳)
棋士番号 323
出身地 東京都中央区
師匠 中座真
段位 四段
戦績
2020年4月2日現在
テンプレートを表示

谷合 廣紀(たにあい ひろき、1994年1月6日 - )は、日本情報工学者将棋棋士東京都中央区出身[1]お茶の水女子大学附属小学校[2]獨協中学校・高等学校[3]東京大学工学部電気電子工学科卒業、同大学院情報理工学系研究科電子情報学専攻博士課程に在籍中。将棋においては中座真門下。棋士番号は323。

略歴[編集]

アマ有段者の祖父に教わり6歳から将棋を始める[4][5]2006年新進棋士奨励会に6級で入会。2011年9月に三段に昇段し、同年下期(第50回)より三段リーグに初参戦する。2016年下期(第60回)に3位(次点)があるものの[6]、なかなか上位2名の昇段枠に入れず、都合8年半(17期)にわたり三段リーグに留まる。

将棋関連の活動と並行し、学業にも力を注いでいる。高校3年時の下半期に三段リーグ戦に初参加し11勝7敗の好成績を残す[7]一方で大学受験勉強も同時にこなし、現役で東京大学理科一類に合格した[8]。大学では電子情報学を専攻する二足のわらじを履いており、後述するように統計解析関連の著書もある。

2014年には大学の授業に関連して将棋盤面の画像解析による棋譜の自動記録プログラムを開発[9]2019年3月には、自動車技術会主催の『Japan Automotive AI Challnege 自動運転AIチャレンジ』に、チーム「MTLLAB」の代表として参加し、シナリオ完走部門・制御精度部門の2部門を制した[10]。この大会での活躍によりベンチャー企業からのスカウトを受け、2020年7月現在、車載画像認識アルゴリズム開発に携わるエンジニアとして勤務している[11]

2019年10月スタートの第66回三段リーグにて14勝4敗でリーグ2位の成績を挙げ[12]、2020年4月1日付で四段昇段・プロ棋士となった[1][13]

東京大学出身のプロ棋士は片上大輔以来史上2人目、女流棋士の渡辺弥生を含めると史上3人目となる。なお指導教官の坂井修一によれば、プロ入り後も電子情報学の研究者としての活動を継続するとしている[14]

人物[編集]

  • 集中の秘訣として「目標をあえて一つに絞らない」ことを挙げている[15]
  • 酒好きで、主にビール日本酒を飲む[3]
  • 棋士では行方尚史と仲が良い。行方とはよく酒を飲みに行くほか、統計解析の書籍を出すことになったのも、監修を担当した辻真吾と行方が知り合いだったことがきっかけである[3]
  • 大学院では『激指』の開発者である鶴岡慶雅の研究室を第一志望としていたが、そこには入れず坂井研に入ることになった[3]
  • 6歳の頃からピアノを弾いており、26歳(2020年現在)の今まで約20年間ピアノ教室に通っている[4]

昇段履歴[編集]

昇段規定は、将棋の段級 を参照。

  • 2006年9月 6級 - 奨励会入会
  • 2011年9月 三段 - 第50回奨励会三段リーグ戦から
  • 2020年4月1日 四段[1][13]

主な成績[編集]

在籍クラス[編集]

竜王戦と順位戦のクラスは、将棋棋士の在籍クラス を参照。

著書[編集]

  • Pythonで理解する統計解析の基礎(技術評論社2018年9月)ISBN 978-4-297-10049-0

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 新四段誕生のお知らせ|将棋ニュース|日本将棋連盟” (日本語). 日本将棋連盟 (2020年3月7日). 2020年6月9日閲覧。
  2. ^ 第30回小学生将棋名人戦【代表選手一覧】”. www.shogi.or.jp. 2020年11月26日閲覧。
  3. ^ a b c d 東大大学院在籍中にプログラミング専門書を執筆し、奨励会を抜け将棋棋士になった谷合廣紀さんに聞く(2) - Yahoo!ニュース 2020年5月13日
  4. ^ a b 「睡眠は8~10時間」プロ棋士&東大AI研究者の集中を維持する4つのコツ ダメなときはやる気になるまで待つ” (日本語). PRESIDENT Online(プレジデントオンライン) (2020年9月17日). 2020年11月26日閲覧。
  5. ^ 【王手報知】現役東大院生ルーキー・谷合新四段誕生「エンジニアと棋士の両立が理想」” (日本語). スポーツ報知 (2020年3月31日). 2020年11月26日閲覧。
  6. ^ 第60回奨励会三段リーグ戦 - 日本将棋連盟
  7. ^ 第50回奨励会三段リーグ戦 2011年10月~2012年3月 - 日本将棋連盟
  8. ^ 「プレジデントファミリー」(プレジデント社)2020年秋号
  9. ^ 苗村研究室 OpenCV/OpenGLによる映像処理(3年後期実験課題)
  10. ^ Japan Automotive AI Challenge自動運転AIチャレンジ 2019年3月23日(土)、24日(日)開催 結果発表 - PR TIMES・2019年3月25日
  11. ^ 松元順子 (2020年7月27日). “プロ棋士、東大大学院生、自動運転ベンチャーのエンジニア。僕が3つの道を歩む理由” (日本語). www.businessinsider.jp. 2020年8月24日閲覧。
  12. ^ 第66回奨励会三段リーグ戦 2019年10月~2020年3月 - 日本将棋連盟
  13. ^ a b 昇段・引退棋士のお知らせ|将棋ニュース|日本将棋連盟” (日本語). 日本将棋連盟 (2020年4月1日). 2020年6月9日閲覧。
  14. ^ 坂井修一のツイート(2020年2月17日)
  15. ^ 「プレジデントファミリー」(プレジデント社)2020年秋号

関連項目[編集]

外部リンク[編集]