齊藤裕也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 齊藤裕也 四段
名前 齊藤裕也
生年月日 (1997-05-29) 1997年5月29日(26歳)
プロ入り年月日 2022年10月1日(25歳)
棋士番号 334
出身地 三重県桑名市
所属 日本将棋連盟(関西)
師匠 杉本昌隆八段
段位 四段
棋士DB 齊藤裕也
2022年10月1日現在
テンプレートを表示

齊藤 裕也(さいとう ゆうや、1997年5月29日 - )は、将棋棋士[1]杉本昌隆八段門下。棋士番号は334。 三重県桑名市出身。現行の三段リーグ制度での四段昇段者のうち、最も低い順位(順位39位)からの昇段者。

棋歴[編集]

両親に教わり将棋を始める。

奨励会三段リーグには第71回(2022年前期、4月-9月)から参加。奨励会の年齢制限26歳まで残り1年に迫る、遅い三段リーグ入りであった[注釈 1]が、三段リーグ1期目でリーグ2位の成績(13勝5敗、順位39位)を挙げ、現行制度で史上7人目(第1回リーグの2人を除く)となる「三段リーグ1期抜け」で四段昇段・プロ入りを決めた。三段リーグ現行制度において、最も低い順位(順位39位)からの四段昇段となる。

人物[編集]

  • 2022年6月開設の名古屋将棋対局場で奨励会員として記録係を務めた後にプロとして同対局場で公式戦を指した最初の棋士[2]。三段リーグ初参戦の当時、プロ入りには厳しい5勝3敗の成績だったが「名古屋対局場で指す棋士の姿がうらやましくて発奮材料になった」[2]。以後のリーグ10局を8勝2敗[2]、リーグ成績13勝5敗として三段リーグを1期抜けし四段昇段を果たした。

昇段履歴[編集]

昇段規定は、将棋の段級 を参照。

  • 2012年06月00日 :  6級(当時15歳、奨励会入会)
  • 2021年11月21日 : 三段(当時24歳、第71回奨励会三段リーグ<2022年前期、4月-9月>からリーグ参加)
  • 2022年10月01日 : 四段(当時25歳、第71回奨励会三段リーグ成績2位<順位39位、1期抜け>)

主な成績[編集]

在籍クラス[編集]

竜王戦と順位戦のクラスは、将棋棋士の在籍クラス を参照。

順位戦・竜王戦の在籍クラスの年別一覧
開始
年度
(出典)順位戦 (出典)竜王戦
名人 A級 B級 C級 0 竜王 1組 2組 3組 4組 5組 6組 決勝
T
1組 2組 1組 2組
2022 81 四段昇段前 36 6組 -- 3-2
2023 82 C253 37 6組 --
順位戦、竜王戦の 枠表記 は挑戦者。右欄の数字は勝-敗(番勝負/PO含まず)。
順位戦の右数字はクラス内順位 ( x当期降級点 / *累積降級点 / +降級点消去 )
順位戦の「F編」はフリークラス編入 /「F宣」は宣言によるフリークラス転出。
竜王戦の 太字 はランキング戦優勝、竜王戦の 組(添字) は棋士以外の枠での出場。

年度別成績[編集]

公式棋戦成績
年度 対局数 勝数 負数 勝率 (出典)
2022 8 3 5 0.3750 [1]
(小計) 8 3 5 0.3750
通算 8 3 5 0.3750 [2]
2022年度まで

注釈[編集]

  1. ^ 奨励会の年齢制限26歳に関わらず、三段リーグには5期在籍可能(2期連続降段点による二段降段の場合を除く)なので、三段昇段後のリーグ在籍期限は第75回まで(27歳4か月まで)であった。

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]