石川優太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 石川優太 四段
名前 石川優太
生年月日 (1994-11-11) 1994年11月11日(24歳)
プロ入り年月日 2019年10月1日(24歳)
棋士番号 320
出身地 三重県三重郡川越町
師匠 森信雄七段
段位 四段
戦績
2019年10月1日現在
テンプレートを表示

石川 優太(いしかわ ゆうた、1994年11月11日 - )は、三重県三重郡川越町出身の将棋棋士[1]森信雄七段門下。棋士番号は320。

棋歴[編集]

6歳の頃、祖父と父が指しているのをみて将棋を始める。

2016年度の第6回加古川青流戦で決勝に進出。井出隼平との三番勝負は1勝2敗に終わり、準優勝となる。

奨励会三段リーグは第58回(2015年度下期)と第64回(2018年度下期)にて最終局で敗れて昇段を逃す。第65回(2019年度上期)にて、13勝5敗でリーグ2位の成績を挙げ、四段昇段プロ入りを決める。

昇段履歴[編集]

昇段規定は、将棋の段級 を参照。

  • 2006年9月 6級 = 奨励会入会
  • 2013年4月 三段 = 第53回奨励会三段リーグ戦から
  • 2019年10月1日 四段

主な成績[編集]

在籍クラス[編集]

竜王戦と順位戦のクラスは、将棋棋士の在籍クラス を参照。

出典[編集]

  1. ^ 新四段誕生のお知らせ|将棋ニュース|日本将棋連盟”. 日本将棋連盟 (2019年9月7日). 2019年10月1日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]