西尾明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 西尾明 六段
名前 西尾明
生年月日 (1979-09-30) 1979年9月30日(37歳)
プロ入り年月日 2003年4月1日(23歳)
棋士番号 248
出身地 神奈川県横浜市
師匠 青野照市
段位 六段
戦績
2014年3月26日現在

西尾 明(にしお あきら、1979年9月30日 - )は、将棋棋士青野照市九段門下。棋士番号は248。神奈川県横浜市出身。

棋歴[編集]

1988年、小学3年生(予選出場は2年生から)のとき、第13回小学生将棋名人戦で準優勝。翌々年の1990年9月から奨励会で指し始め、1999年度前期から三段リーグに参加する。そして、混戦となった2002年度後期三段リーグで11勝7敗という成績で2位となり、四段昇段を果たした。11勝7敗での四段昇段の前例は野月浩貴のみであり、このときは村山慈明遠山雄亮佐藤天彦広瀬章人などが同成績の激戦であったが、順位に恵まれた西尾が昇段となった[1]

第12期(2004年度)銀河戦で、決勝トーナメントに進出。

第78期(2007年度)棋聖戦で、中原誠森内俊之(当時名人)らを破り、ベスト8入り。

第24期(2011年度)竜王戦3組準決勝(2011年4月21日)で小林裕士に勝って2組昇級を決め、六段に昇段。

第23期(2015年度)銀河戦では本戦トーナメントで9連勝を達成し、ブロック最多連勝者として決勝トーナメント進出。 決勝トーナメントでも三浦弘行を破りベスト8の成績を残した。

また非公式戦ではあるものの、2014年に開催された将棋電王戦タッグマッチにおいてponanzaとチームを組み、見事優勝を果たした。

2017年3月2日、第75期順位戦C級2組で9勝1敗の一位となり、C級1組昇級が決まった。

棋風[編集]

居飛車党であり、角換わり横歩取り矢倉を指すことが多いが、時折、中飛車相振り飛車も採用する。

攻守にバランスが取れた棋風である。

人物[編集]

  • 浅野高校卒業[2]東京工業大学生命理工学部中退。同大学は理工系では最難関大学の一角とされている。ちなみに、元女流棋士藤田麻衣子は東京工業大学卒で、大学在学中に将棋を覚え、その後女流棋士になっている。
  • 2007年、理事に就任した中川大輔の後任として奨励会幹事に。
  • 趣味はギターで、奨励会時代の仲間などとアマチュアバンド活動を行っており[3]、これが高じて囲碁将棋チャンネルで放映中の「めざせプロ棋士」のオープニング及びエンディングテーマ曲を提供している。
  • マルチプラティナム・ロックバンドの、トゥールのファンである[4]
  • インターネットにも造詣が深く、Ustreamにおいて、将棋界初のタイトル戦中継番組のライブストリーミングを企画し、多くの反響を得た結果、現在のニコニコ動画等による将棋タイトル戦中継の礎を築いた。
  • コンピュータ将棋にも詳しく、2015年の電王戦FINALでは、将棋連盟側のアドバイザー役をつとめた。
2ヶ月間連日10時間以上5台のパソコンを駆使し、外出中もスマホでパソコンを遠隔操作した。
  • 2015年3月20日結婚[5]

昇段履歴[編集]

昇段規定は、将棋の段級 を参照。

主な成績[編集]

在籍クラス[編集]

竜王戦と順位戦のクラスは、将棋棋士の在籍クラス を参照。

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 第32期奨励会三段リーグ
  2. ^ https://twitter.com/nishio1979/status/721311819269218304
  3. ^ 平成20年度版「将棋年鑑」の棋士名鑑「西尾明」及び「高村優策(指導棋士)」の紹介記事より
  4. ^ 「プロ棋士カラー名鑑2017」 (扶桑社)など
  5. ^ 『棋士VSソフト電王戦(3) 団結する「個人商店」』日本経済新聞2015年5月6日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]