藤原直哉 (棋士)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 藤原直哉 七段
名前 藤原直哉
生年月日 (1965-05-27) 1965年5月27日(51歳)
プロ入り年月日 1989年4月1日(23歳)
棋士番号 190
出身地 兵庫県神戸市
師匠 若松政和
段位 七段
戦績
2017年3月3日現在

藤原 直哉(ふじわら なおや、1965年5月27日 - )は、将棋棋士若松政和門下。棋士番号は190。兵庫県神戸市出身。

棋歴[編集]

小学校3年の頃、父親から将棋を教わる[1]。若松門で奨励会に入ったのは中学2年生の秋であり、遅めのスタートであった。谷川浩司井上慶太は兄弟子である。

奨励会棋戦の第11回「若駒戦」で優勝。決勝日(1989年6月5日)の前に、すでに四段昇段していた。

1988年度後期奨励会三段リーグで、史上1位タイの16勝2敗の成績を収め、1989年4月にプロ入り。高田尚平とともに、平成に入ってからの初の四段昇段者である。

第21回(1990年度)新人王戦でベスト4。

第4期(1991年度)竜王戦6組(1990 - 1991年)で、郷田真隆新四段らに勝ち決勝進出(決勝で丸山忠久新四段に敗れて準優勝)。

第5期(1992年度)竜王戦では、丸山らに勝ち5組優勝(本戦では、初戦で6組優勝の深浦康市新四段に敗れる)。

第47期(2006年度)王位戦で、リーグ入り。残留には至らなかったものの、当時の名人森内俊之に勝利するなど、健闘した。

その一方で、順位戦を不得手としており、本来の実力を発揮できずにいる。プロ入りから28年間連続でC級2組に在籍し、第63期(2004年度)と第67期(2008年度)でいずれも2勝8敗に終わり、降級点を喫した。成績次第ではフリークラスへの降級が危惧される状況で臨んだ第68期(2009年度)では、同様の境遇にあった有吉道夫に勝利するなど、4勝6敗(44人中35位)で降級を回避した。第72期(2013年度)に6勝4敗の成績を挙げ、5年ぶりに降級点を消去した。

2017年1月19日、第75期(2016年度)順位戦C級2組において、降級点争いの競合相手である森雞二九段が勝った事により、当年度に降級点3となることが期中ですでに確定し、プロ入り1年目の第48期から28年間連続でC級2組に在籍した記録が、ストップすることが決定した[2]

3月2日、C級2組最終戦で瀬川晶司に敗れ、1勝9敗で順位戦を終えた。第76期(2017年度)は、フリークラスでC級2組への復帰を目指し、対局することになる。

棋風[編集]

居飛車党で、矢倉相掛かり系の将棋が多い。全軍躍動の手厚い攻めの棋風である。たまに、振り飛車も指す。

人物・エピソード[編集]

  • 後に妻となる女性と九州で極秘デートをした帰り、新幹線のホームで兄弟子の谷川と遭遇してしまった。「仕事です」とごまかそうとしたが、谷川に「それはない!」と言われた[3]
  • 奨励会三段時代の1986年11月5日に、当時同じ三段だった村山聖と対局して敗れる。村山はこの勝利により四段昇段を決定させた。

昇段履歴[編集]

昇段規定は、将棋の段級 を参照。

1987年4月から三段リーグ制度)

主な成績[編集]

在籍クラス[編集]

竜王戦と順位戦のクラスは、将棋棋士の在籍クラス を参照。

脚注[編集]

  1. ^ 平成10年版「将棋年鑑」(日本将棋連盟)
  2. ^ 来年度以降、フリークラス規定による所定の成績によっては、C級2組への復帰は可能である。
  3. ^ 将棋世界」誌2000年1月号付録

関連項目[編集]

外部リンク[編集]