高田尚平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 高田尚平 七段
名前 高田尚平
生年月日 (1962-06-21) 1962年6月21日(57歳)
プロ入り年月日 1989年4月1日(26歳)
棋士番号 191
出身地 東京都
師匠 荒巻三之
段位 七段
戦績
2017年2月19日現在
テンプレートを表示

高田 尚平(たかだ しょうへい、1962年6月21日 - )は、将棋棋士。棋士番号191。東京都出身。荒巻三之九段門下。麻布中学校・高等学校卒業。父は、将棋ペンクラブ前会長で作家随筆家高田宏

棋歴[編集]

1988年度後期三段リーグにて15勝3敗で2位の成績を挙げ、1989年4月1日付で四段に昇段。

順位戦C級2組は20期在籍。第53期(1994年度)にて2勝8敗で降級点を喫す。その後、第66期(2007年度)は2勝8敗、第67期(2008年度)は1勝9敗となり、2期連続の降級点で、2009年度よりフリークラスに降級した。

竜王戦は3組に5期在籍。第5期(1992年度)5組ランキング戦と第20期(2007年度)4組ランキング戦の決勝で敗退し、決勝トーナメントに出場することはなかった。

フリークラス在籍年限経過後の2019年4月1日に公式戦最終対局完了後の引退が発表された[1]。2019年8月9日の第32期竜王戦6組昇級者決定戦で杉本和陽に敗れ、現役引退となった[2]

棋風[編集]

振り飛車位取り左玉戦法、3手目7八金戦法などの高田流と言われる独特の序盤戦術で知られる。

人物[編集]

  • 現在日本将棋連盟の子供将棋スクールの講師を務める。
  • 若い頃は、端正な顔立ちから「ベルサイユ高田」「オスカル先生」などと呼ばれた[3]。20代の頃は、スキーのアマチュア大会(社会人の部・大回転)に出ていた。
  • 猫や鳥や魚が好きで、子供のころは、実家に池や金網の張った大型の鳥小屋まであった。犬は好きな種類もいるが、番犬は吠えるので苦手。自身は猫派だという。うさぎや亀も飼っていた[4]

連盟での委員会活動[編集]

昇段履歴[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 昇段・引退棋士のお知らせ日本将棋連盟 2019年4月1日
  2. ^ 高田尚平七段が引退 日本将棋連盟、2019年8月13日(同日閲覧)。
  3. ^ 将棋世界1993年1月号「第4回富士通オープン将棋トーナメント観戦記」ほか
  4. ^ 日本将棋連盟web「人気棋士コラム・高田尚平七段」
  5. ^ 日本将棋連盟公式web・将棋ニュース「対局規定委員会設置のお知らせ」(2017年03月30日 17:30 )

関連項目[編集]

外部リンク[編集]