大島映二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 大島 映二 七段
名前 大島 映二
生年月日 (1957-06-06) 1957年6月6日(62歳)
プロ入り年月日 1976年10月1日(19歳)
棋士番号 130
出身地 静岡県沼津市
師匠 高柳敏夫名誉九段
段位 七段
戦績
一般棋戦優勝回数 1回
2015年2月10日現在
テンプレートを表示

大島 映二(おおしま えいじ、1957年6月6日 - ) は、将棋棋士高柳敏夫名誉九段門下。棋士番号は130。東京都品川区生まれ[1]静岡県沼津市出身[2]

棋歴[編集]

将棋を覚えたきっかけは、10歳ぐらいのときに新聞紙上の将棋欄に書かれていた「不思議な数字」に興味を持ったことであり[1]、後にプロになる者としては、かなり遅いスタートであった。ちなみに、「不思議な数字」とは、棋譜のことである。

しかしながら、1971年、14歳で奨励会に入り、5年後の1976年に19歳でプロ入りを果たす。

1980年度、若手の登竜門である若獅子戦(第4回)で、棋戦初優勝。

1989年度、第2期竜王ランキング戦4組で準優勝し、3組へ昇級。ちなみに、このときの4組優勝者は森下卓五段(当時)であった。

1991年度、第32期王位戦でリーグ入り。

順位戦では、初参加の第36期C級2組(1977年度)以来、昇級も降級点もなく第54期(1995年度)を迎えた。この期では、残り1局の時点で8勝1敗で4番手という絶好のポジションにつけた。ライバルは、大島より順位が下で9勝無敗の北浜健介、および、大島より順位が上で同じく8勝1敗の先崎学中田宏樹の計3名であった。自力ではないものの、最終10回戦で勝てば昇級の可能性は高かった。しかし、最終局では大島だけでなくライバル3人もすべて勝ったため、大島は9勝1敗で次点という“頭ハネ”を食らってしまった。以降、順位戦で勝ち越すことが出来ず、第56期(1997年度)に2勝8敗で初の降級点を喫する。第61期(2002年度)に2勝8敗で2度目の降級点。第63期(2004年度)に3勝7敗で3度目の降級点を喫し、フリークラス陥落となった。その後10年間でC級2組復帰を果たすことができず、フリークラス引退規定により2015年3月12日付で引退となった[3]

人物[編集]

  • 趣味はラテン音楽、落語、俳句[1]
ラテン音楽(ブラジル音楽)では、サンバチームに入っていたことがある[4]
俳句では、1999年秋の「第7回読売全国俳句大会」で、一般部門・選者特選を受賞[4]

昇段履歴[編集]

昇段規定は、将棋の段級 を参照(ただし、四段昇段は旧規定)。

主な成績[編集]

棋戦優勝[編集]

優勝合計1回

在籍クラス[編集]

竜王戦と順位戦のクラスは、将棋棋士の在籍クラス を参照。

表彰[編集]

  • 現役勤続25年表彰(2001年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c 「将棋年鑑」平成10年版より。
  2. ^ 大島映二|棋士データベース|日本将棋連盟”. 日本将棋連盟. 2017年8月26日閲覧。
  3. ^ 大島映二七段が引退|将棋ニュース|日本将棋連盟”. 日本将棋連盟 (2015年3月19日). 2017年8月26日閲覧。
  4. ^ a b 将棋世界」2000年1月号付録より。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]