堀口弘治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 堀口弘治 七段
名前 堀口弘治
生年月日 (1961-05-16) 1961年5月16日(56歳)
プロ入り年月日 1982年2月3日(20歳)
棋士番号 154
出身地 東京都調布市
師匠 加藤博二
段位 七段
戦績
一般棋戦優勝回数 1
通算成績 452勝537敗(0.4570)
2014年6月1日現在

堀口 弘治(ほりぐち こうじ、1961年5月16日 - )は、将棋棋士東京都調布市出身。加藤博二九段門下。棋士番号は154。

棋歴[編集]

奨励会二段の頃、第2回(1979年)「若駒戦」(非公式戦)で優勝。翌年は三段で準優勝。

1984年度、第8回若獅子戦で、公式棋戦初優勝。

順位戦C級2組において、初参加から3年連続で7勝3敗。4期目(1985年度)に8勝2敗で3位となり、C級1組へ昇級。

第7回(1988年度)全日本プロトーナメントで、ベスト8。

2017年3月31日、フリークラス規定により同年度(2016年度)の最終対局をもっての引退が将棋連盟より発表された[1]。 3月末時点で第30期竜王戦・6組昇級者決定戦を残していたが、6月1日の対局で中尾敏之に敗れて全対局を終え、引退が確定した[2]

棋風[編集]

居飛車党であり、矢倉が多く、角換わり横歩取りも指す[3]

人物・エピソード[編集]

  • 男性棋士では堀口の弟子はいないが、女流棋士中倉彰子宏美姉妹、貞升南山口恵梨子は、堀口の弟子である。
  • 1989年から一時期、日本将棋連盟の理事を務めた。
  • 奨励会時代から英語を勉強しており堪能で、かつて将棋世界で、「ワンポイントレッスン」という、同じ内容を日本語と英語で掲載する珍しいコーナーを担当していた。現在も将棋指導の際に、日本人を相手に英語で行うことがある。
  • 1993年将棋世界の付録として『将棋ルールブック』を執筆した。さらに日本将棋連盟からの依頼により『将棋ガイドブック』を執筆し、日本将棋連盟の公式として2003年に出版された[4]
  • 2013年の第63回NHK杯テレビ将棋トーナメントにおいて、1998年の第48回大会以来となる15年ぶりの本戦出場を果たした。
  • 2013年、東京大学教養学部前期課程で、講義を担当するため、東京大学大学院総合文化研究科客員教授に就任している[5]

昇段履歴[編集]

昇段規定は、将棋の段級 を参照(ただし、四段昇段は旧規定)。

主な成績[編集]

棋戦優勝[編集]

在籍クラス[編集]

竜王戦と順位戦のクラスは、将棋棋士の在籍クラス を参照。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日本将棋連盟・公式WEB「昇段・引退棋士のお知らせ(2017年03月31日)」
  2. ^ 「第30期竜王戦・6組昇級者決定戦」携帯中継(2017.6.1、日本将棋連盟・公式携帯サイト)など
  3. ^ 「将棋観戦が身近になる プロ棋士名鑑 2015」(宝島社)
  4. ^ 『日本将棋連盟公式 将棋ガイドブック』のまえがきより。
  5. ^ http://www.shogi.or.jp/topics/2013/07/post-782.html

参考資料[編集]

  • 日本将棋連盟開発課編『日本将棋連盟公式 将棋ガイドブック』(日本将棋連盟、2003年)

外部リンク[編集]