加藤博二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 加藤博二 九段
名前 加藤博二
生年月日 (1923-09-15) 1923年9月15日
没年月日 (2013-09-15) 2013年9月15日(満90歳没)
プロ入り年月日 1944年4月1日(20歳)(四段)
棋士番号 42
出身地 愛知県名古屋市
師匠 土居市太郎名誉名人
段位 九段
戦績
2017年8月22日現在

加藤 博二(かとう ひろじ、1923年9月15日 -2013年9月15日)は、将棋棋士愛知県名古屋市出身。土居市太郎名誉名人門下。棋士番号42。加藤竹次郎(将棋棋士五段)の次男。

人物[編集]

将棋界では数少ない二世棋士の一人。1938年に6級で土居市太郎門下。1944年四段、1947年六段に特進、1959年八段、1984年九段。1990年3月引退。

1964年度、第14期王将戦大山康晴に挑戦するも敗退。順位戦A級通算10年。

日本将棋連盟の理事を長く務めた。

2013年9月15日、埼玉県所沢市の防衛医科大学校病院で死去[1]。90歳没。

昇段履歴[編集]

成績[編集]

  • 通算成績 606勝633敗
  • 順位戦A級 10期

棋戦優勝[編集]

タイトル戦登場[編集]

  • 王将戦挑戦(第14期=1964年度)
    登場回数1、獲得0

栄典・表彰[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]