大友昇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 大友昇 九段
名前 大友昇
生年月日 (1931-08-06) 1931年8月6日
没年月日 (2000-08-08) 2000年8月8日(69歳没)
プロ入り年月日 1953年4月1日(21歳)
棋士番号 62
出身地 宮城県仙台市
師匠 飯塚勘一郎八段
段位 九段
戦績
一般棋戦優勝回数 3回
2017年8月24日現在

大友 昇(おおとも のぼる、1931年8月6日 - 2000年8月8日)は、将棋棋士棋士番号62。宮城県仙台市出身。飯塚勘一郎八段門下。

人物[編集]

1950年アマ名人戦宮城県代表となり、翌1951年二段で飯塚勘一郎門下となり奨励会入り。1953年四段。

1956年、東西対抗勝継戦において、負け無しの14連勝で棋戦初優勝。 1967年度のNHK杯戦優勝。 1968年、A級八段となり1期在籍。

1972年妻との離婚裁判を機に引退、1993年九段。晩年は郷里宮城で普及に努めていたが、2000年死去。

弟子に森雞二郷田真隆がいる。

昇段履歴[編集]

棋戦優勝[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]