関根茂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

関根 茂(せきね しげる、1929年11月5日 - 2017年2月22日[1])は、将棋棋士山川次彦八段門下。棋士番号は61。2002年、引退。日本将棋連盟監事(~2011年5月)。

東京都葛飾区出身。妻は女流棋士関根紀代子

人物[編集]

  • 農林技官からプロ棋士になった異色の経歴の持ち主。
  • 奨励会同期には加藤一二三、弟子に泉正樹飯野健二北島忠雄千葉幸生佐々木慎田中悠一矢内理絵子神田真由美らがいる。女流棋士の師弟制度が確立した後、妻である紀代子も弟子としている。
  • 1985年から4年間、日本将棋連盟理事。
  • 詰将棋作家としても知られており、現役時代から詰将棋の手筋研究などを行っていた。引退後は、永きに亘り大衆向けタブロイド、夕刊フジの詰将棋欄担当を務めたことで知名度が上がる。この問題は、後にiアプリ用ソフトとして配信されたり、PC用詰将棋ソフトに一部作品が収録されたりもしている。本人著の詰棋書によると、難解、晦渋な作品は好まないとのこと。
  • 趣味は釣りカラオケ永井英明によると上手らしい)。
  • つのだじろうの将棋漫画『5五の龍』に登場する関野八段は、彼がモデルとされている(このキャラも釣りが趣味である)。

昇段履歴[編集]

主な成績[編集]

  • 通算成績 694勝789敗
  • 順位戦 A級 3期

棋戦優勝[編集]

準優勝[編集]

タイトル戦登場[編集]

将棋大賞[編集]

  • 第27回(1999年度)東京将棋記者会賞

主な著書[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]