山本武雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 山本武雄 九段
名前 山本武雄
生年月日 (1917-01-05) 1917年1月5日
没年月日 (1994-07-25) 1994年7月25日(77歳没)
プロ入り年月日 1941年1月1日(23歳)(四段)
棋士番号 27
出身地 富山県
師匠 金易二郎名誉九段
段位 九段
戦績
一般棋戦優勝回数 1回
2017年8月21日現在

山本 武雄(やまもと たけお、1917年1月5日 - 1994年7月25日)は、富山県出身の将棋棋士金易二郎名誉九段門下。棋士番号は27。

執筆活動では「山本陣太鼓」のペンネームを使用[1]

棋歴等[編集]

1933年、金に入門する。同門には高柳敏夫がいる。三段時代の1940年、将棋大成会(日本将棋連盟の前身)から第1回「模範棋士」の表彰を受ける。

1941年に四段昇段(プロ入り)し、順位戦には第1期(1946年度)から参加。第3期にC級が1組と2組に分かれるにあたって、第2期(1947年度)C級順位戦で上位の成績を挙げ、次期C級1組在籍となり六段昇段。さらに、第3期(1948年度)C級1組順位戦で6勝3敗(10人中2位)の成績でB級昇級を決め、2年連続昇段で七段となる。第6期(1951年度)順位戦B級では6勝6敗の指し分けで第7期でB級1組在籍となるが、第7期では5勝7敗の成績ながら、次期のB級1組定員削減のためB級2組へ降級する。

1953年、第1回「B級選抜トーナメント」で優勝

第21期(1966年度)・第22期(1967年度)のC級1組順位戦で2期連続降級点を喫したところで、C級2組で指さず、1968年に引退。同年、八段の段位を贈られ、永年勤続棋士表彰も受ける。

日本将棋連盟理事を長く務めた。

第14回(1987年将棋大賞で東京将棋記者会賞を受賞(同賞制定から8人目)。1992年には、春の叙勲で勲五等双光旭日章受章。そして、1993年、九段に推され昇段するが、翌1994年肺炎のため死去した。享年77。

昇段履歴[編集]

  • 1933年 入門
  • 1937年 初段
  • 1941年1月1日 四段 = プロ入り
  • 1944年 五段
  • 1948年4月1日 六段(順位戦C級上位)
  • 1949年4月1日 七段(順位戦B級昇級)
  • 1968年 引退
  • 1968年 八段(贈八段)
  • 1993年11月17日 九段(贈九段、将棋の日表彰)

棋戦優勝[編集]

  • B級選抜トーナメント(1953年年度=第1回)

著書[編集]

  • 「将棋百年」(599ページ、1966年、時事通信社
  • 改訂増補版「将棋百年」(673ページ、1970年、時事通信社)
  • 改定新版「将棋百年」(822ページ、1976年、時事通信社)

脚注[編集]

  1. ^ 自著 改定新版「将棋百年」pp.1 - 3

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]