角田三男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 角田三男 八段
Mitsuo Kakuta 1939 Scan10001.jpg
1939年ごろ
名前 角田三男
生年月日 (1910-02-02) 1910年2月2日
没年月日 (1985-05-06) 1985年5月6日(75歳没)
プロ入り年月日 1934年10月1日(24歳)(四段)
棋士番号 13
出身地 鳥取県西伯郡岸本町(現・伯耆町
師匠 木見金治郎九段
段位 八段
戦績
2017年8月21日現在
テンプレートを表示

角田 三男(かくた みつお、1910年2月2日 - 1985年5月6日)は、将棋棋士。棋士番号13。鳥取県西伯郡岸本町(現・伯耆町)出身。木見金治郎九段門下。

生涯[編集]

同門の先輩に大野源一、後輩に升田幸三大山康晴がいる。 「角田流ひねり飛車」(角田流空中戦法)と呼ばれる戦法の創始者。作家藤沢桓夫が『小説棋士銘々伝』において角田を主人公にした小説『角田流空中戦法』を著している。

近代将棋の講座で加藤治郎が「打ち歩回避のナラズは実戦ではない」と書いたところ、読者に1958年度C級1組順位戦12回戦、佐藤庄平五段-角田六段戦で74手目の△同角不成という実戦例があるという指摘がなされ、棋譜が注目されたことがある。

第5期(1964年度)王位戦で予選を勝ち抜き、挑戦者決定リーグに進出。リーグ戦白組では1勝3敗に終わった。

順位戦はB級2組に1期在籍。第37期(1978年度)昇降級リーグ4組(順位戦C級2組)は0勝10敗で3つ目の降級点がつき、リーグ陥落するも、1985年3月まで現役を続行した。

1985年5月6日に死去。同日に八段を追贈。

昇段履歴[編集]

  • 1929年 入門
  • 1934年10月1日 四段
  • 1948年 4月1日 五段
  • 1954年 4月1日 六段(順位戦B級2組昇級)
  • 1973年11月3日 七段(表彰感謝の日表彰)
  • 1985年 5月6日 死去(享年75)
  • 1985年 5月6日 八段(追贈)

将棋大賞[編集]

  • 第10回(1982年度) 東京記者会賞

関連項目[編集]

外部リンク[編集]