加藤治郎 (棋士)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 加藤治郎 名誉九段
名前 加藤治郎
生年月日 1910年6月1日
没年月日 (1996-11-03) 1996年11月3日(満86歳没)
棋士番号 14
出身地 東京都港区
師匠 山本樟郎八段
段位 名誉九段
戦績
2017年1月27日現在

加藤 治郎(かとう じろう、1910年6月1日 - 1996年11月3日)は昭和期の将棋棋士。棋士番号14。現在の東京都港区出身。早稲田大学卒業。初の大学出身のプロ棋士となる。山本樟郎八段門下。

略歴[編集]

  • 麻布森元町の酒屋に生まれる。芝中学校、早稲田高等学院をへて、早稲田大学商学部に。
  • 早稲田大学在学中に大学将棋部第一号とされる早大将棋研究会の発起人となった。
  • 早大卒業後奨励会に付け出し三段で入会し、大学出身者初のプロ棋界入りとして話題となる。当時は棋士の社会的評価が低く、これを意外と見る人も多かった。叔母などには「大学まで出ながら情けない」と嘆かれたという。
  • 順位戦でA級から降級したのを期に三十代で引退高柳敏夫と共に潔い去り際として知られる。

人物[編集]

  • 引退後は観戦記者として活躍。三象子等のペンネーム棋聖戦王座戦などの観戦記を執筆。その間日本将棋連盟会長を2期務めた。また、NHK教育テレビ「将棋講座」の講師も務め、解り易い解説で親しまれた。
  • 名著『将棋はから』の著者として知られる。同著書内に記述されている「タレ歩」「ダンスの歩」など歩の手筋の名付け親として有名。また「陽動振り飛車」「ガッチャン銀」「ちょんまげ美濃」「駅馬車定跡」「箱入り娘」の名付け親も加藤である。なお「ちょんまげ美濃」に関しては加藤は気に入っておらず「この呼び方は我ながらいかにもまずい」といい、誰かいい名前をつけて欲しい旨の微妙な発言を残している。
  • 1987年の「将棋ペンクラブ」創設時に名誉会長。加藤の死去後は弟子の原田泰夫が名誉会長に就任。
  • 喫煙者で、缶ピース党だった。[1]
  • 2017年現在、タイトル経験も棋戦優勝の経験もない将棋連盟会長は加藤が最後である。

弟子・交友関係[編集]

昇段履歴[編集]

  • 1933年 三段
  • 1934年 四段
  • 1936年 五段
  • 1940年 六段
  • 1942年 七段
  • 1945年 八段
  • 1949年 引退
  • 1978年11月 名誉九段
  • 1996年11月3日 逝去(享年86)

成績[編集]

  • 順位戦
    • A級在籍3期
  • 将棋大賞
    • 第12回(1984年度) 特別賞
    • 第19回(1992年度) 東京将棋記者会賞

その他表彰[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 将棋世界」2004年6月号「古くて新しいもの」(鈴木輝彦)より

関連項目[編集]