萩原淳 (棋士)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 萩原淳 九段
名前 萩原淳
生年月日 (1904-10-11) 1904年10月11日
没年月日 (1987-12-14) 1987年12月14日(83歳没)
プロ入り年月日 1924年1月1日(19歳)(四段)
棋士番号 5
出身地 兵庫県尼崎市
師匠 土居市太郎名誉名人
段位 九段
戦績
一般棋戦優勝回数 2回

萩原 淳(はぎわら きよし、1904年明治37年)10月11日 - 1987年昭和62年)12月14日)は、将棋棋士。棋士番号5。九段。日本将棋連盟会長。土居市太郎名誉名人門下。兵庫県尼崎市出身。

人物[編集]

1922年土居市太郎に入門。兄弟弟子に金子金五郎加藤博二大内延介らがいる。1924年四段。

史上初の実力制名人を決める第1期名人戦(八段者によるリーグ、1935 - 1937年)の最中、将棋界の分裂事件(神田事件)が発生。欠員を補充する形で萩原は1936年に八段昇段し、リーグに参加。

1941年、オール八段戦優勝。

1949年、第2回全日本選手権戦で木村義雄升田幸三との決勝三者リーグを制し優勝。ちなみに、同棋戦は翌年からタイトル戦となっている(九段戦、現在の竜王戦)。

順位戦A級には3期。1955年から日本将棋連盟会長。

1964年引退。1974年九段。1987年急性心不全のため死去。

昇段履歴[編集]

  • 1922年 入門
  • 1924年1月1日 四段
  • 1927年 五段
  • 1928年 六段
  • 1932年 七段
  • 1936年 八段
  • 1964年1月1日 引退
  • 1974年11月 九段

主な戦績[編集]

  • オール八段戦優勝(1941年)
  • 全日本選手権戦優勝(1949年 = 第2回)

栄典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]