松下力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 松下力 九段
Matsushita Tsutomu.JPG
1952年
名前 松下力
生年月日 (1913-03-07) 1913年3月7日
没年月日 (1987-11-16) 1987年11月16日(74歳没)
プロ入り年月日 1934年1月1日(20歳)(四段)
棋士番号 15
出身地 千葉県習志野市
師匠 土居市太郎名誉名人
段位 九段
戦績
2017年8月21日現在

松下 力(まつした つとむ、1913年3月7日 - 1987年11月16日)は、将棋棋士土居市太郎名誉名人門下。棋士番号は15。千葉県習志野市の生れ。

人物[編集]

1934年、プロ入り。戦時中の1943年に朝日番付戦で優勝[1]するなど、優勝合計3回。

第1期順位戦(1946年度)において、当時七段の松下は、升田幸三七段、大山康晴六段らとともにB級からスタートする。第6期(1951年度)に9勝3敗(2位)の成績を収め、A級初昇級(八段昇段)。1期で降級するが、第9期(1954年度)のB級1組で10勝3敗(1位)の成績を挙げ、A級に復帰。

全盛期を過ぎた後も、升田、米長邦雄らに勝負所で勝つなどの健闘を見せ、5割前後の勝率を続けていたが、1976年頃からは負けが込む。

1981年3月に現役を引退し、その年の第8回将棋大賞で東京記者会賞を受賞。同年11月に九段の段位を贈られる。

弟子に田辺一郎椎橋金司飯塚祐紀がいる。

日本将棋連盟の理事を務める。

1987年、心不全[1]死去。享年74。

棋風[編集]

相掛かりの将棋が多い居飛車党であったが、1970年前後からは中飛車三間飛車などの振り飛車も多用するようになった。

自陣の整備、攻め、受けのいずれにおいても手厚い指し回しの棋風で、攻めが切れて負けることはほとんどない。

昇段履歴[編集]

主な成績・表彰[編集]

棋戦優勝
3回
順位戦
A級在籍 2期 - 第7期(1952年度)、第10期(1955年度)
将棋大賞
第8回 東京記者会賞

脚注[編集]

  1. ^ a b 平成10年版「将棋年鑑」

関連項目[編集]

外部リンク[編集]