西村一義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

西村 一義(にしむら かずよし、1941年12月14日 - )は、将棋棋士。2006年、引退。愛知県名古屋市出身。佐瀬勇次名誉九段門下。棋士番号87[1]

経歴[ソースを編集]

1941年12月14日に愛知県で生まれ、2才の時に岐阜へ疎開した[2]。その後愛知県に戻り、中学2年の頃に本格的に将棋を学び始め、中学卒業後にプロを目指して上京した[2]。クリーニング店で住み込みで働きながら将棋道場に通い、土居市太郎門下の関屋喜代作四段(当時)、大内延介4級(当時)、高柳敏夫門下の中原誠などの指導を受けた[2]。一度はプロを諦めて2年間将棋を離れたが、転職を経て再び将棋を始めた[3]

1961年アマ名人戦東京都代表となり、佐瀬勇次の紹介により20才で奨励会試験を受け、1級で入会した[3]1963年に四段となり、五段時代の1969年王位戦大山康晴に挑戦した。五段でのタイトル挑戦は初めての記録だったが[1]、七番勝負を2勝4敗で敗退[4]

1972年に順位戦B級1組に昇級し、以後2度の降級を挟みつつ12期の間戦った[1]。タイトル初挑戦の18年後の1987年には棋聖戦桐山清澄に挑戦して敗退[5]。タイトル戦の登場間隔18年は史上最長(女流棋戦では弟子の山田久美がタイトル戦の登場間隔25年)。勝数の累積により1984年に八段、1999年に九段へ昇段した[6]2006年に現役を引退した[1]

1974年から1992年まで日本将棋連盟理事を務めた[1]。2005年から専任理事になり、総務・経理を担当した[1][7]

人物[ソースを編集]

昇段履歴[ソースを編集]

  • 1961年 1級 = 奨励会入会
  • 1962年 初段
  • 1963年10月1日 四段 = プロ入り
  • 1966年4月1日 五段(順位戦C級1組昇級)
  • 1971年4月1日 六段(順位戦B級2組昇級)
  • 1972年4月1日 七段(順位戦B級1組昇級)
  • 1984年4月1日 八段(勝数規定
  • 1999年9月28日 九段(勝数規定)
  • 2006年6月15日 引退

戦歴[ソースを編集]

タイトル挑戦[ソースを編集]

挑戦2、獲得0

棋戦優勝[ソースを編集]

将棋大賞[ソースを編集]

  • 第30回(2002年度) 東京将棋記者会賞[6]

参考文献[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

出典[ソースを編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 『将棋年鑑 平成21年版』 青野照市編、日本将棋連盟2008年、523頁。ISBN 978-4-8399-3261-9
  2. ^ a b c 「私の歩いている道」32-35頁
  3. ^ a b 「私の歩いている道」35-38頁
  4. ^ a b 公益社団法人 日本将棋連盟. “王位戦:日本将棋連盟”. 2012年8月25日閲覧。
  5. ^ a b 公益社団法人 日本将棋連盟. “棋聖戦:日本将棋連盟”. 2012年8月25日閲覧。
  6. ^ a b c d 公益社団法人 日本将棋連盟. “棋士紹介:日本将棋連盟”. 2012年8月25日閲覧。
  7. ^ 公益社団法人 日本将棋連盟. “新理事担当部署のお知らせ”. 2012年8月25日閲覧。

注釈[ソースを編集]

  1. ^ 「棋友」1972年12月号からの収録