ピース (たばこ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ピースPeace)は、日本たばこ産業が製造・販売する、日本の代表的な紙巻きたばこの銘柄の一つである。

商品概要[編集]

本銘柄は、パッケージあたりの封入本数括弧書き、フィルターの有無、外装[1]、本数、風味、ニコチンタール量などが異なる数種がある。本場バージニア葉を主体に国産優良葉をブレンドした国産初の本格的バージニアブレンドタイプで、バニラ豆のバニリン風加香を施した「ほのかに甘く華やかな香り」と深みある風味である。

ピースの逸話[編集]

1946年昭和21年)1月に大蔵省専売局が発売したピース (10) が最初の製品である。新銘柄の名は図案とともに公募され、1等は「ニューワールド」だが、製作技術の難点から2等の「ピース」が採用された[2]第一次世界大戦後の1920年大正9年)に平和が訪れた記念としてピースが発売されているが、販売が一度途絶えており現行のピースと継続性はない。現行のピースは第二次世界大戦後の混乱期に夢や希望、平和な未来を願って発売[3]された。

日本専売公社時代のピースは、日本産の在来種で岩手県一関産の東山葉(とうざんは)を使用しており、現在のバージニアブレンドと異なる。

ピース (10) は、「ラッキーストライク」の包装デザインも手掛けたアメリカの著名な工業デザイナーレイモンド・ローウィによって、1952年(昭和27年)4月に現在の包装デザインに変更された。商業デザインに対して未だ認識が低い時代で150万円と高額なデザイン料[4]が話題[5]になるが、デザイン変更で年間売上本数が26億本から150億本へ急増して「デザイン嗜好を変えた」「新しい意匠は世界的水準にある」などと絶賛され、日本の商品デザインに大きく影響した[6]

シンボルマークの「オリーブの葉をくわえた」は、旧約聖書創世記』のノアの方舟で「大洪水が起きた外界の様子を知るために、ノアが方舟の窓から放った鳩が、オリーブの葉をくわえて戻ってきたことで、大洪水が収まり安らぎの大地が近い」と認識して、鳩が平和の象徴となった逸話に由来する。

2016年平成28年)5月に、全9銘柄で「発売70周年限定パッケージ」が数量限定で販売され、70周年記念として「ピース・クラシック」が数量限定で販売された[7]

ラインナップ[編集]

ピース(10)、ピース(50)[編集]

ピースのオリジナルとなる両切りたばこである。両者ともたばこ自体は同じで、紙箱入りがピース(10)、缶入りがピース(50)である。後述のピース(20)の「ロングピース」に対して「ショートピース」「ショッピ」などと愛称されている。2016年(平成28年)にしんせいゴールデンバットがフィルターを付く改良が発表され、2016年平成28年)6月1日から国産たばこ唯一の両切りとなる。

ピース(10)[編集]

ピース(10)

配給制だった「たばこ」に対する自由販売たばこ第1号として、1946年昭和21年)1月13日に発売された商品である。最高級バージニア葉を使用した"高い香り"が大きな特徴である。現在は他のたばこに比して価格差はないが、発売当初は既存の10本入りたばこが20 - 60銭に対して、ピースは10本入り7円と破格の高価格で高級たばこに分類され、人気が高く1人あたりの販売数、1日あたりの販売数が制限されたこともあった。本パッケージの色から『ピース紺』の色調[8]が生まれた。

ピース(50)[編集]

缶ピース(50)

ピース(50)は「缶ピース」「缶ピー」と愛称される。2010年平成22年)10月1日の価格改定まではピース(10)よりも1本あたり単価は高く設定されていた。缶は気密性が高く流通過程で風味の低下が少ないことから愛好者も多い。缶本体は金属製で、上部はアルミ箔で密封され、開封後に蓋となる金属製の上蓋内壁に付いた金属の爪をアルミシールに突き立て回して開封する。2008年平成20年)ごろから、アルミ箔内蓋に付されたつまみを引いて開封する仕様となり、開封が容易でアルミ切片が残置せず安全性が向上している。一般的な箱入り紙巻たばこと大きく異なる外寸で、自動販売機に収納不可である

晴天の青空の俗称で用いられる「ピーカン」は、ピース50本入り缶の濃紺色パッケージと快晴時の空の青さの語呂を掛け合わせた合成語で、広辞苑第六版に収録されている。

ピース(20)[編集]

ピース(20)

紙製ソフトパッケージでフィルター付き。通称は「ロングピース」、略称は「ロンピー」または「金ピ」。ローウィによる外装デザインを田中一光が新たに再構築した。全体に淡い黄色で、以前はロゴタイプ“PEACE” のように全て大文字であった。ローウィのデザインは “Peace” と、P 以外は小文字である。

ピースインフィニティ[編集]

ピースインフィニティ

D-spec製品のアルファバンテージと同じく吸い口側にダム付きの溝で煙と空気の流量を調整する AFT (Advanced Filter Technology) チャコールフィルターが採用され、本品の全国発売に際してJT製品内での統一性を図る観点から、名称を「CVDフィルター」へと変更[9]した。

ザ・ピース[編集]

ザ・ピース

2012年平成24年)2月1日に発売された。バージニア葉を100パーセント使用し、原料、ブレンド、加工処理、香料、パッケージにこだわった商品で、紙巻きたばこで初めてシール付平型缶を採用し、香りとデザインは既存のピースと一線を画している。一箱20本入りで売価は1000である。全国のたばこ対面販売店3500店で販売[10]する。

製品一覧[編集]

現行販売製品[編集]

製品名 発売年月日 価格 本数 タール ニコチン 販売地域 備考
ピース(10) 1946年1月10日 230円 10本 28ミリグラム 2.3ミリグラム 全国 両切り/通称:ショートピース
ピース(50) 1949年7月1日 1,150円 50本 28ミリグラム 2.3ミリグラム 全国 両切り/通称:缶ピース、ピーカン。たばこ自動販売機で販売されない。
ピース(20) 1965年2月1日 460円 20本 21ミリグラム 1.9ミリグラム 全国 通称:ロングピース、ロンピー、金ピ
ピース・ライト・ボックス 1991年10月1日 460円 20本 10ミリグラム 0.9ミリグラム 全国
ピース・スーパーライト・ボックス 1996年10月1日 460円 20本 6ミリグラム 0.5ミリグラム 全国
ピース・インフィニティ 2006年10月2日 490円 20本 8ミリグラム 0.7ミリグラム 全国[11] D-spec/100'sサイズ/AFTチャコールフィルター
ザ・ピース 2012年2月1日 1,000円 20本 10ミリグラム 1.0ミリグラム 全国 全国3,500店のたばこ対面販売店で販売、たばこ自動販売機で販売されない。
ピース・アロマ・ロイヤル・100's・ボックス 2014年9月1日 500円 20本 10ミリグラム 1.0ミリグラム 全国 100'sサイズ
ピース・アロマ・クラウン・100's・ボックス 2014年9月1日 500円 20本 6ミリグラム 0.6ミリグラム 全国 100'sサイズ
ピース・クラシック 2016年6月1日 1,500円 20本 10ミリグラム 1.0ミリグラム 全国[7] ピース発売70周年記念商品。全国4,000店のたばこ対面販売店のみ限定販売。たばこ自動販売機で販売されない[7]

販売終了製品[編集]

製品名 価格 本数 発売年月日 廃止年月 タール ニコチン 販売地域 備考
ピース・ミディアム・ボックス 440円 20本 1994年8月1日 2011年5月 14ミリグラム 1.2ミリグラム 全国
ピース・ライト 260円 20本 1985年4月1日 2001年4月 10ミリグラム 1.0ミリグラム 全国 ソフトパック
ピース・スムースアロマ・ボックス 320円 20本 2005年7月1日 2008年2月 6ミリグラム 0.5ミリグラム 岡山県・鳥取県 チャコールフィルター
ピース・アロマメンソール・ボックス 320円 20本 2004年7月1日 2007年3月 7ミリグラム 0.6ミリグラム 全国 ピース初のメンソール
ピース・アコースティック 320円 20本 2002年11月1日 2008年2月 8ミリグラム 0.9ミリグラム 全国 香料無添加
ピース・インターナショナル 20本 1989年10月1日 1994年1月 12ミリグラム 1.3ミリグラム 全国

CM・広告出演者[編集]

  • 中川昌三(1988年2月 - 1989年3月 / ライト「フルート篇」)
  • 宮本文昭(1989年 / インターナショナル「オーボエ篇」)
  • 天野清継(1991年 / ライトボックス「ギタリスト篇」)
  • 古澤巌(1993年6月 - 1994年5月 / ライト「ヴァイオリニスト篇」) - 現在もピース・ライトを愛飲する。
  • 古川展生(2000年6月 - 2002年4月 / ライト「チェロ・ローアングル篇」)

ピースにまつわる事件[編集]

ピースが登場する作品[編集]

  • JITTERIN'JINN『くわえたばこのブルース』 - シングル「夏祭り」のカップリング曲。「♪おいらのロングピースが好き…」「♪ロングピースをふかしながら…」等のフレーズが歌詞に登場する。
  • つボイノリオ『本願寺ぶるーす』 - 「♪しけもく銜えて考えた 世界に平和が必要で 俺にはピースが必要さ…」のフレーズあり。ベストアルバム『あっ超ー』などに収録されている。
  • ダウン・タウン・ブギウギ・バンド 『スモーキン・ブギ』 - 男子中高生と思しき未成年がこっそりとたばこを嗜む情景を歌った曲だが、初のたばこがショートピースであることが冒頭で歌われている。
  • 南佳孝 『Peace』- アルバム『冒険王』に収録。「ピースはほろ苦い味がしたけど」のフレーズがある。
  • DMBQ - アルバム『DMBQ』の収録曲「CAN PEACE」にて、「♪CAN PEACE CAN PEACE ほんのちょっとの金で 50本ピース」と、サイケデリックなサウンドにのせて歌詞に登場する。
  • 原りょう - ハードボイルド探偵小説「私立探偵 沢崎」シリーズにて、主人公、沢崎が愛飲する。「ピース」の語感がいかにも探偵らしからぬミスマッチだから、と作者が語っている。
  • Lass - 11eyes「罪と罰と贖いの少女」で、主人公らが通学する養護教諭の赤嶺彩子が愛飲している。
  • サザンオールスターズピースとハイライト』 - サザン54枚目のシングル2013年(平成25年)8月7日に発売した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ かつてのホープなども同様
  2. ^ 2007年1月14日読売新聞
  3. ^ (成人向けブランドサイト)を参照
  4. ^ 当時の内閣総理大臣の月給は11万円だが、ローウィ事務所の受注額としては格安である。
  5. ^ “ピースの試作デザイン” (プレスリリース), 日本たばこ産業, http://www.jti.co.jp/Culture/museum/tokubetu/eventMar04/top_04.htm 2010年7月6日閲覧。 
  6. ^ “たばこの歴史の文化 ピースのデザイン改称” (プレスリリース), 日本たばこ産業, http://www.jti.co.jp/Culture/museum/collection/tobacco/t23/index.html 2010年7月6日閲覧。 
  7. ^ a b c “70周年記念 ~長年のご愛顧への感謝とさらなる飛躍を目指して~ ピース全9銘柄70周年限定パッケージ 2016年5月中旬より、全国の一部販売店で数量限定発売 70周年特別限定ブレンド「ピース・クラシック」2016年6月上旬より、全国の一部販売店で数量限定発売” (プレスリリース), - 日本たばこ産業株式会社, (2016年4月11日), https://www.jti.co.jp/investors/press_releases/2016/0411_01.html 2016年6月20日閲覧。 
  8. ^ “ピースのデザイン改装” (プレスリリース), たばこと塩の博物館, http://www.jti.co.jp/Culture/museum/collection/tobacco/t23/ 2011年11月5日閲覧。 
  9. ^ 日本たばこ産業株式会社 (2007年9月10日). “最高価格帯の全国発売は約10年ぶり ~香り立つ、プレミアム・シガレット~ 「ピース・インフィニティ」を10月上旬より全国発売” (jp). プレスリリース. 日本たばこ産業株式会社. 2017年11月9日閲覧。
  10. ^ “2012年2月上旬、『The Peace(ザ・ピース)』新発売” (プレスリリース), 日本たばこ産業, (2012年1月11日), http://www.jti.co.jp/investors/press_releases/2012/0111_01/index.html 2012年10月6日閲覧。 
  11. ^ 発売時は京都府限定、2007年10月1日より全国発売。

関連項目[編集]

関連書籍[編集]

  • ザ・タバコ(たばこ文化社、1984年12月10日)

外部リンク[編集]