ダウン・タウン・ブギウギ・バンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ダウン・タウン・ブギウギ・バンド
別名 ダウン・タウン・ファイティング・ブギウギ・バンド
出身地 日本の旗 日本
ジャンル ロックロカビリー
活動期間 1973年 - 1981年
レーベル 東芝エキスプレス→東芝EMI
エピックソニー
共同作業者 鬼太鼓座
メンバー 宇崎竜童新井武士、和田静男、千野秀一、浅岡タカシ
旧メンバー 蜂谷吉泰、福原昭一、相原誠、鈴木洋行、坂庭泰三

ダウン・タウン・ブギウギ・バンド(DOWN TOWN BOOGIE WOOGIE BAND)は、日本のロックバンド。「DTBWB」と略記されることもある。のちにダウン・タウン・ファイティング・ブギウギ・バンドと改名。

経歴[編集]

1972年末にサディスティック・ミカ・バンドに対抗した長いバンド名「ダウン・タウン・ブギウギ・バンド」を思いついた宇崎竜童が、当時のバンド仲間(アマチュア)にレコーディングの話を持ちかけたところ全員怖気づいて解散状態になる。その後メンバー集めに奔走し、1973年4月に改めてバンドを結成、ダウン・タウン・ブギウギ・バンドと命名する。同年12月に東芝/エキスプレスレーベルからシングル「知らず知らずのうちに」でデビュー。

1974年12月に「スモーキン・ブギ」(70万枚の大ヒット[1])、1975年3月に「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」を発表。基本的にブルースを基調としたロックサウンドを展開するバンドだったが、流行語化した「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」内のフレーズ「あんた、あの娘のなんなのさ?」に見られるようなコミカルな部分が注目され、人気バンドとなる。1975年末には第26回NHK紅白歌合戦に出場し、「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」を演奏。その後もヒット作を多く発表したが、1970年代末にロック路線を望むバンドとコミカル路線を望むレコード会社の間に大きな溝が出来た。

「港のヨーコ」のイメージから脱却するため、1979年12月31日の「ASAKUSA NEW YEAR ROCK FESTIVAL'79-'80」(浅草国際劇場)を最後に、過去の楽曲を「封印」。1980年にダウン・タウン・ファイティング・ブギウギ・バンドに改名し、ダウン・タウン・ブギウギ・バンド時代の楽曲は演奏せず、トレードマークだったツナギを着るのも止め、シリアスなブルースとロックを追求することになる。NHK大河ドラマ「獅子の時代」のメインテーマ「OUR HISTORY AGAIN」の製作を最後に東芝から離れる。翌1981年にEPICソニーと契約し、「ブギウギレーベル」を立ち上げるが、ソロ活動期間を経て同年12月31日、ASAKUSA NEW YEAR ROCK FESTIVAL'81-'82」(浅草国際劇場)を最後に解体(解散)した。

その後、1987年12月にダウン・タウン・ブギウギ・バンド・リバイバルとして1ヶ月限定のライブ、2002年8月にシークレットライブ、2003年6月に相原誠プロデュースによるイベント“dmx in YAON ”でライブ、2007年11月には宇崎のライブにスペシャルゲストとしてダウン・タウン・ブギウギ・バンドが登場と、度々再結成している。

メンバー[編集]

  • 宇崎竜童:ボーカル、トランペット、サイドギター (1973年 - 1981年)
  • 新井武士:ベース、ボーカル (1973年 - 1981年)
  • 和田静男:リードギター、ボーカル (1974年 - 1981年)
  • 千野秀一:キーボード (1976年 - 1981年)
  • 浅岡タカシ:ドラムス (1979年 - 1981年)
脱退メンバー
  • 蜂谷吉泰:リードギター (1973年 - 1974年)
  • 福原昭一:ドラムス (1973年)
  • 相原誠:ドラムス(1973年 - 1976年)
  • 鈴木洋行:ドラムス(1976年 - 1977年)
  • 坂庭泰三:ドラムス(1977年 - 1979年)

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  • 知らず知らずのうちに / ダメな女の四畳半(1973年12月1日)
  • 青春すきま風 / 黒の舟唄 (1974年5月5日)
  • スモーキン・ブギ / 恋のかけら (1974年12月5日)
  • カッコマン・ブギ / 港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ (1975年3月25日)
  • 賣物ブギ / 商品には手を出すな (1975年8月5日)
  • 裏切者の旅 / ア! ソウ (1976年3月5日)
  • 涙のシークレット・ラヴ / ほいでもってブンブン (1976年7月20日)
  • 沖縄ベイ・ブルース / GOLD AND SILVER (1976年11月5日)
  • サクセス / 愛しのティナ (1977年3月20日)
  • 身も心も / ダウン・タウン・エンジェル (1977年9月5日)
  • 乾いた花 / JA NA (1978年5月5日)
  • あれ! / 新宿バックストリート (1978年8月20日)
  • 鉄砲玉 / 昼顔の朝 (1978年12月1日)
  • 欲望の街 / ワン・ナイト・ジャム・セッション (1979年3月5日)
  • 涙のヴァイア・コンディオス / レイジー・レディー・ブルース (1979年8月20日)
  • OUR HISTORY AGAIN-時の彼方に- / 「獅子の時代」メイン・テーマ (1980年3月5日)
  • 夜霧のブルース / 一番星ブルース (1980年6月25日)
  • しのび逢い / あいつの好きそなブルース (1980年9月5日)
  • ほいでもってブンブン / ダウン・タウン・ならず者懺悔 (1980年12月21日)

オリジナル・アルバム[編集]

ライブ・アルバム[編集]

  • 脱・どん底音楽会 (1975年)
  • あゝブルース Vol.3 (1977年)
  • 実況録音盤 (1977年)
  • ライブ!バックストリート (1979年)
  • BOOGIE AT JUST MIDNIGHT (1980年)
  • 海賊盤~LIVE FIGHTING 80'S (1980年)※自主制作盤。翌年にブギウギレーベルから再発。

サウンドトラック[編集]

編集盤[編集]

  • 傑作大全集 (1977年)
  • BALLAD of D・T・B・W・B (1980年)
  • ROCK of Down Town Boogie Woogie Band (1980年)
  • 傑作大全集II (1980年)
  • 蔵出し~ダウン・タウン・ブギウギ・バンド・オフィシャル・ブートレッグ (2007年)

その他[編集]

  • 激昂 (1980年) - vs鬼太鼓座
  • フェーン (1981年) - vs鬼太鼓座

演奏参加[編集]

一番星ブルース 菅原文太&愛川欽也

  • 編曲も担当

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

夜明けの刑事 第34話「港のヨーコは殺されていた?」(1975年TBS / 大映テレビ)-(宇崎竜童、和田静男、新井武士、相原誠)。

映画[編集]

トラック野郎・御意見無用1976年東映) - ガソリンスタンドの店員役(宇崎竜童、和田静男、新井武士、相原誠)。
  • 主題歌「一番星ブルース」(作曲:宇崎竜童、編曲:ダウン・タウン・ブギウギ・バンド)及び挿入歌「トラックドライビングブギ」(作曲:宇崎竜童、編曲・歌:ダウン・タウン・ブギウギ・バンド)も担当した。主題歌はトラック野郎シリーズ全10作の内、9作で使用されている。

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手
1975年(昭和50年)/第26回 港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ 06/24 和田アキ子
注意点
  • 出演順は「出演順/出場者数」で表す。

CM出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 富澤一誠『フォーク名曲事典300曲〜「バラが咲いた」から「悪女」まで誕生秘話〜』ヤマハミュージックメディア、2007年、301頁。ISBN 978-4-636-82548-0

関連項目[編集]

外部リンク[編集]