横須賀ストーリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
横須賀ストーリー
山口百恵シングル
初出アルバム『横須賀ストーリー
B面 GAME IS OVER
リリース
ジャンル アイドル歌謡曲
レーベル CBSソニー
作詞・作曲 作詞:阿木燿子
作曲:宇崎竜童
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1976年度年間8位(オリコン)
  • 山口百恵 シングル 年表
    愛に走って/赤い運命
    (1976年)
    横須賀ストーリー
    1976年
    パールカラーにゆれて
    (1976年)
    収録アルバム横須賀ストーリー
    GAME IS OVER
    (2)
    横須賀ストーリー
    (3)
    自転車の上の彼
    (4)
    テンプレートを表示

    横須賀ストーリー」(よこすかストーリー)は、1976年6月にリリースされた山口百恵の13枚目のシングルである。

    解説・エピソード[編集]

    山口百恵は「ひと夏の経験」以降ついて回った“早熟な少女”という自分の歌手イメージに違和感を抱き、この頃は歌手活動への熱意が薄れ始めていた[1]。そんな折、「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」を前年ヒットさせた阿木燿子作詞)・宇崎竜童作曲)のコンビを自ら指名して生まれたのが本曲である。この新機軸は大当たりした。「これっきり これっきり もう これっきりですか」という印象的なフレーズと共に曲はナンバーワン・ヒットとなり、“自分の意志を持ち、潔く今を生きる女性”という新しい山口像へのリセットを成功させた[1]。これが後の「イミテイション・ゴールド」「プレイバックPart2」「しなやかに歌って」など同じスタンスに立った曲のヒットにつながり、その点で本曲は大きな転換点となる作品になった[1]

    横須賀は山口百恵が小学2年から中学までの多感な7年間を過ごした思い出の土地であり、作詞した阿木は両親が横須賀在住だったため、最初にこのタイトルを決めてから曲作りに入ったという[2]

    収録曲[編集]

    全作詞: 阿木燿子、全作曲: 宇崎竜童
    #タイトル作詞作曲・編曲編曲時間
    1.「横須賀ストーリー」阿木燿子宇崎竜童萩田光雄
    2.「GAME IS OVER」阿木燿子宇崎竜童船山基紀
    合計時間:

    品番[編集]

    関連シングル[編集]

    関連作品[編集]

    脚注[編集]

    [脚注の使い方]
    1. ^ a b c 堤昌司「21世紀に残したい名盤」『オリコン・ウィーク The Ichiban』2000/1/17号、オリコン、 49頁。
    2. ^ 三浦俊雄 著、東京新聞編集局 編 『東京歌物語』東京新聞、2009年、104-107頁。ISBN 978-4808309206 
    3. ^ l 山口百恵の印象を変えた『横須賀ストーリー』 アイドルから実力派シンガーとしてのターニング・ポイント、zakzak.co.jp、2021年12月07日。
    4. ^ a b 紙面復刻: 1995年7月15日 (この道 500人の証言187・山口百恵その3)、nikkansports.com、2010年3月30日6時55分。
    5. ^ 山崎紘菜さん、ジョン・カビラさん出演!新TVCM 思わず口ずさみたくなる「くろっきり、ですか?」〜「横須賀ストーリー」をアレンジしたCMソング〜2019年10月5日(土)より、放映開始、霧島酒造、2019年10月17日。
    6. ^ 16駅の駅メロディ採用曲が決定いたしました!”. 京浜急行電鉄|報道発表資料. 京浜急行電鉄. 2008年12月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月21日閲覧。
    7. ^ 塩塚博. “テレビ、出ちゃいました。”. ☆♪☆ 鉄のみゅーじしゃん ☆♪☆. 2020年4月21日閲覧。

    関連項目[編集]

    外部リンク[編集]