ココアシガレット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ココアシガレット

ココアシガレットは、オリオン株式会社(本社・大阪府大阪市淀川区)が製造・販売する駄菓子である。

概要[編集]

1951年から販売されているロングセラー[1]。「シガレット」の名前通り、たばこを連想するパッケージに砂糖ココアハッカ等を原料にした紙巻きたばこ状のラムネ菓子が6本入っている[2]。なお、パッケージはピース(10)を意識して意匠された[3]

材料は時代とともに改良されたが、味とパッケージは基本的に当時と変わらない。価格についても1箱30円[要出典]を維持している。

2012年時点の累計で約2億1000万個が販売されている[4]

歴史[編集]

元々ココアシガレットとは、喫煙前に食べる大人向け菓子として他社が売り出した商品であった[5][2]

本品は1951年に「子供は、大人のマネをしたがる」という動向から5円の価格で販売開始された[6][1]。原料は砂糖・ココア・ハッカのみで[1]、中央をココア、外側を白いハッカで巻いた(ココア部をハッカ部でサンドイッチ状にして細長く切断した)製法で、箱絵に近い紙巻きたばこ状だったが、のちに両方を混ぜて棒状に整形された物になっており、シガレットというよりチョークに似ている。

その後様々なメーカーがココアシガレットを製造したが、子供向けに開発されたものは本品のみであった[2]。ピーク時には年間1,800万個が出荷された[1]

一時期「喫煙を煽る」という抗議により発売を自粛していたことがあった[3]。また2011年現在のパッケージには「あなたの禁煙を応援します」というメッセージが記されている[3]

姉妹品[編集]

クラシックココア(ココアシガレット10個入りセット)
  • コーラシガレット
  • サワーシガレット
  • イチゴシガレット
  • ブルーベリーシガレット
  • オレンジシガレット
  • おとなの抹茶シガレット

コラボレーション商品[編集]


脚注[編集]

  1. ^ a b c d 商品情報 - オリオン株式会社
  2. ^ a b c ココアシガレット 30箱の商品詳細 - オリオン株式会社
  3. ^ a b c 激動の時代に 関西企業トップストーリー (52)オリオン社長 小西 靖介氏 子どもの「憧れ」形に/駄菓子にこだわり63年『神戸新聞社』2011年10月2日。
  4. ^ 【4Cの精神を大切に60年で2億1000万個のロングセラー!見て楽し〜「ココアシガレット」】、パッケージマーケッター 松浦陽司のブログ、2012年11月17日。
  5. ^ 突撃会社訪問 「オリオン株式会社」[リンク切れ]、PLUS LUMINO WEB、2011年。
  6. ^ 大阪市淀川区「オリオン株式会社」大阪ロマン紀行 - 大阪日日新聞 2015年10月31日
  7. ^ 商品詳細・ボーカロイドキャラクターシガレットステージ、ファミリーマート、2014年。
  8. ^ 『だがしかし』コラボ駄菓子「だがしかしガレット」がコミケに登場 - アニメイトタイムズ 2015年12月22日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]