天野清継

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
天野清継
生誕 1956年????
出身地 日本の旗 日本 東京都
学歴 Grove school of music立教大学
ジャンル ジャズフュージョン
職業 ギタリスト
担当楽器 ギター
レーベル ビクターエンタテインメント
公式サイト 天野清継 公式サイト

天野 清継(あまの きよつぐ、1956年 - )は東京都出身のジャズギタリスト

経歴[編集]

3歳よりピアノ、11歳でギターを始めた。立教大学では軽音楽部内のジャズ研に所属。卒業後にジャズサックス奏者の渡辺貞夫のバンドに加わり、全国ツアーに参加した。以後プロ活動を開始し、矢沢永吉等と共演。1988年に渡米し、Grove school of music 作編曲科卒業。この時「Book Of Colors」というグループを作って活動もした。

帰国後の1991年にソロ・デビューアルバム、AZUREビクターエンタテインメントから発表。ピアニストの国府弘子ドン・グルーシンを迎えている。タイトル曲はクラシック音楽の楽曲として知られる、オペラ『イーゴリ公』第2幕ダッタン人の踊りアレクサンドル・ボロディン作曲)を基にした曲である。同曲はJTが発売しているたばこピース・ライト・ボックス」のCM曲として使われた。ヘビースモーカーで知られる天野自身もこのテレビCMに出演。ヒット・アルバムとなる。1992年はにストリングスを取り入れたアルバム、Branchéを発表した。

1993年には国府弘子と、両者の頭文字をとった「天国プロジェクト」を作り、Heavenを、1995年にHeaven and beyondを発表した。

1996年には 「TAOS featuring AMANO」というユニットを作り、Yuman's Danceを発表、エレクトリック・ギターを大きく活用している。2000年発表のBook Of Colorsではヴォーカリストとしての腕も見せている。また、dorlisなどヴォーカリストのプロデュース・ワークも積極的に行っている。

2003年に、navajo trailを発表、則竹裕之山下政人グレッグ・リー等を迎えており、ジャズの要素を深めた音楽をだしている。2004年にはベーシスト鳥越啓介、ドラマー吉岡大輔と「Silent Jazz Trio」を結成しセルフ・タイトルを発表、自身初のジャズアルバムとなる。2007年には自己のヒット曲"Azure"を含むアコースティク・ギター・ソロ・アルバムIn the Airを発表。現在、ベースの岡田治郎、鳥越啓介、ドラムの大槻カルタ英宣らとEJT(Electric Jazz Trio)を結成しライブハウスで活動。

現在も多くのアーティストとセッション活動を行っており、渡辺貞夫、渡辺香津美葉加瀬太郎古澤巌coba平井堅手嶌葵夏川りみジャンク フジヤマ等と共演、またテレビやCM等の音楽製作も手掛けている。

作品[編集]

ソロ[編集]

タイトル 発売年 レーベル
Azure 1991 VICTOR ENTERTAINMENT
Branché 1992 VICTOR ENTERTAINMENT
Yuman's Dance 1996 VICTOR ENTERTAINMENT
Book of Colors 2000 BLOW WIND RECORDS/VICTOR ENTERTAINMENT
navajo trail 2003 BLOW WIND RECORDS/VICTOR ENTERTAINMENT
In the Air 2007 VICTOR ENTERTAINMENT

天国プロジェクト[編集]

with 国府弘子

タイトル 発売年 レーベル
Heaven 1993 VICTOR ENTERTAINMENT
Heaven and beyond 1995 VICTOR ENTERTAINMENT

サイレント・ジャズ・トリオ[編集]

タイトル 発売年 レーベル
Silent Jazz Trio 2004 Polystar

Four Corners[編集]

タイトル 発売年 レーベル
Four Corners 2006 RAG International Music

お気楽ギグ[編集]

タイトル 発売年 レーベル
昭和ニッポン 2012 fair play RECORDS
昭和ニッポンⅡ 2013 fair play RECORDS

天野清継 September steps[編集]

タイトル 発売年 レーベル
De ja vu ~Standards 2013 bluesofa Records

外部リンク[編集]