小松亮太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小松 亮太
出生名 小松 亮太
生誕 (1973-10-30) 1973年10月30日(48歳)
出身地 日本の旗 日本東京都足立区
ジャンル タンゴ
職業 バンドネオン奏者
担当楽器 バンドネオン
レーベル Sony Music Japan International
事務所 ビクターミュージックアーツ
公式サイト 小松亮太サイト [1]

小松 亮太(こまつ りょうた、1973年10月30日 - )は、日本バンドネオン奏者。タンゴ演奏家東京都足立区生まれ。

両親ともタンゴ奏者であり、母親はタンゴ・ピアニスト小松真知子

妻は、小松が率いる楽団のメンバーで、ヴァイオリン奏者の近藤久美子[1]

14歳よりバンドネオンを独学で始め、16歳よりカーチョ・ジャンニーニに師事。音楽理論桐朋学園大学教授である岡部守弘に師事。

他のミュージシャン、歌手、アーティストコラボレーションも多く、これまでに共演してきたミュージシャンは石井竜也葉加瀬太郎沢田研二THE BOOMGONTITI織田哲郎小曽根真大貫妙子佐渡裕須川展也ミシェル・ルグランミルバ、Bajofondo Tangoclubなど。他に、NHK交響楽団東京フィルハーモニー交響楽団イ・ムジチ合奏団なども共演歴がある。

アマチュア団体の東京バンドネオン倶楽部の顧問と指導を1994年から務めている。

2018年度より洗足学園音楽大学客員教授。

ソニー・ミュージックエンタテインメントから発売のコンピレーション・アルバムimage』には、初回から参加。

人物[編集]

3児の父である[1]

ムコ多糖症支援ネットワーク」で、チャリティライヴなど患者支援のための活動も積極的に行っている。

略歴[編集]

  • 1973年10月30日:東京都に生まれる。
  • 1987年:バンドネオンを独学で始める。
  • 1991年:藤沢嵐子のラストステージに伴奏者として参加。
  • 1998年7月:ソニー・レコードよりデビュー。
  • 1998年:80年代のピアソラを支えたP.シーグレル、F.スアレス=パス、H.マルビチーノ、H.コンソーレと福岡、大阪、東京公演。
  • 1999年:ニューヨークカーネギー・ホールにて演奏。全米デビューする。
  • 2000年:V.ラバジェン(バンドネオン)を招き、「Tango Spirit」ツアーを敢行。
  • 2003年:ブエノスアイレスでライブを行う。また、アルゼンチン演奏家協会、アルゼンチン音楽家組合、ブエノスアイレス市音楽文化管理局などから表彰される。バンドネオンのレオポルド・フェデリコの日本ツアーに参加。
  • 2004年:タンゴ・ピアノのオスバルド・ベリンジェリ、タンゴ歌手のマリア・グラーニャとツアーを行う。
  • 2005年:国際交流基金の派遣事業として、南米4カ国のツアーを敢行。
  • 2007年:韓国Jarasum International Jazz Festivalに出演。
  • 2008年:ピアソラの幻のオラトリオ「若き民衆」の日本初演コンサートを企画。
  • 2009年:初の書き下ろし本『小松亮太とタンゴへ行こう』(旬報社)を出版。日経新聞紙上で絶賛された[要出典]
  • 2010年:上海万博 日本産業館にて、TOKYO JAZZ IN 上海万博に出演。
  • 2011年:アルゼンチンタンゴショー「ロコへのバラード」(東京グローブ座)の音楽監督を務める。NHK-FM今日は一日タンゴ三昧』でラジオパーソナリティと演奏を橋本奈穂子アナウンサーと共に10時間務めた。
  • 2013年:6月にピアソラのオペリータ「ブエノスアイレスのマリア」をピアソラ元夫人のアメリータ・バルタールと共演。デビュー15周年を迎える。
  • 2014年:2年を費やし編曲を完成したブルックナー作曲 交響曲第8番のバンドネオン・アンサンブル版をよみうり大手町ホールで初演。この模様はYouTubeに公式アップされる。
  • 2015年:6月リリース、大貫妙子と小松亮太のCD『Tint』が、第57回輝く日本レコード大賞の優秀アルバム賞を受賞。
  • 2015年、坂本龍一が音楽を手掛けた、映画『母と暮せば』のオリジナル・サウンドトラックに演奏と編曲で1曲参加。
  • 2016年:アメリータ・バルタールと東京オペラシティで再共演。また70年代にピアソラ以後のロック的タンゴを標榜したグループ「ヘネラシオン・セロ(ゼロ世代)」のリーダーだったバンドネオン奏者ロドルフォ・メデーロスの初来日公演にゲスト出演。Suwon city choir によるマルティン・パルメリ作曲の話題作「ブエノスアイレスへのミサ曲」の韓国初演にゲスト出演。
  • 2017年:イ・ムジチ合奏団の東京公演と名古屋公演にゲスト出演。
  • 2018年:オスバルド・プグリエーセ楽団の伝統を継ぐ、コロール・タンゴと小松亮太キンテートとのジョイント・コンサートを開催。
  • 2019年:ミシェル・プラッソン指揮の新日本フィルハーモニー交響楽団とピアソラのバンドネオン協奏曲をライブレコーディング。
  • 2021年:430ページに及ぶタンゴ本「タンゴの真実」(旬報社)を上梓。 アンドレア・バッティストーニ指揮の東京フィルハーモニー交響楽団とピアソラの大作「シンフォニア・ブエノスアイレス」を日本初演。NHK-FM「今日は一日ピアソラ三昧」でラジオパーソナリティを竹内香苗アナウンサーと共に8時間務めた。NHK Eテレ「クラシック音楽館“ピアソラの世界”」では演奏とトークを2時間務めた。

作品[編集]

アルバム[編集]

  1. ブエノスアイレスの夏(1998年7月1日)
  2. アグア・ベルデ(NHKスタジオパークIIのテーマ)(1999年2月27日)
  3. 『来るべきもの』〜Lo Que Vendra(1999年10月1日)
  4. ラ・トランペーラ〜うそつき女(2001年1月24日)
  5. 小松亮太/ライヴ・イン・トーキョー(2002年9月4日)
  6. ザ ・ ベスト Ryota Komatsu THE BEST(2004年2月4日)
  7. Tangologue タンゴローグ(2004年9月23日)
  8. Bandoneon Diary バンドネオン・ダイアリー(2005年11月2日)
  9. Tango With Me (2007年3月7日)
  10. Collaborations! コラボレーションズ!(2008年1月23日)
  11. The Piazzolla Best(2008年11月5日)
  12. 碧空〜昭和タンゴプレイバック(2009年9月30日)
  13. 小さな喫茶店〜東京タンゴ・カフェ(2010年9月22日)
  14. 俺のピアソラ(2011年10月5日)
  15. 映画「グスコーブドリの伝記」オリジナル・サウンドトラック(2012年6月6日)
  16. ジャバラライフ TV・映画・アニメ グレイテスト・ヒッツ(2012年7月4日)
  17. 映画「体脂肪計タニタの社員食堂」サウンドトラック(2013年4月24日)
  18. 『ブエノスアイレスのマリア』(2013年8月28日)
  19. Tint (2015年6月10日) - 大貫妙子と小松亮太 名義(第57回日本レコード大賞 優秀アルバム賞)
  20. 天空のバンドネオン〜タンゴでスタジオジブリ〜(2017年9月27日)
  21. ピアソラ:ブエノスアイレスの四季 他 with イ・ムジチ合奏団(2018年7月4日)
  22. 小松ジャパン~ザ・グレイテスト・ヒッツ (2018年7月4日)
  23. ピアソラの芸術  (2020年12月9日)
  24. ピアソラ:バンドネオン協奏曲 他(2021年5月5日)

楽曲提供、タイアップ関連作品[編集]

書籍[編集]

  • Tango Lovers(愛育社、2004年、監修)
  • 小松亮太とタンゴへ行こう(旬報社、2009年、完全書き下ろし)
  • タンゴの真実(旬報社、2021年)

脚注[編集]

  1. ^ a b 「AERA」2013年1月14日号、朝日新聞出版。

外部リンク[編集]