柏木広樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
柏木広樹
生誕 (1968-07-20) 1968年7月20日(50歳)
出身地 日本の旗 日本東京都
学歴 東京藝術大学音楽学部器楽学科卒業
職業 チェリスト
作曲家
編曲家
担当楽器 チェロ
活動期間 1989年 -
レーベル HATS UNLIMITED
事務所 有限会社 ブルーソファ
共同作業者 葉加瀬太郎
公式サイト 柏木広樹 Cellist
旧メンバー G-クレフ

柏木 広樹(かしわぎ ひろき、1968年7月20日 - )は日本チェリスト作曲家編曲家

来歴[編集]

東京都出身、佼成学園高等学校卒業。東京藝術大学在学中の1989年G-クレフのメンバーとしてデビュー1990年NHK紅白歌合戦に出場。 東京藝術大学音楽学部器楽科卒。 バンド解散後の2001年より本格的にソロ活動を開始、1stアルバム『I'm here』でソロデビュー、同年公開された映画「冷静と情熱のあいだ」(出演:竹野内豊ケリー・チャン 原作:辻仁成江國香織)にチェリスト役で出演。

以降、2003年『CASA FELIZ』、2004年『航海記』、2006年『IN FUTURE』、2008年『pictures』、2010年『cocoro -relation-』、2012年『musicasa』、2013年ベストアルバム&ライブDVD『Best Wishes』、2015年ゲストに 押尾コータロー藤原道山吉俣良西村由紀江ウェイウェイ・ウーNAOTO佐藤竹善SING LIKE TALKING)らを迎えたアルバム『Cellos Life』など、オリジナル作品をHATS UNLIMITEDよりコンスタントに発表している。 幼少期からの愛読書『ドリトル先生』に登場するキャラクター等をイメージした楽曲をアルバム毎に収録、動物や自然をテーマとした作品作りが多く、盲導犬チャリティ・コンサートへの出演を機に支援活動を継続、朗読タップダンスなど異ジャンルのアーティストとの共演、和やブラジルなど民族楽器との積極的なコラボレーション、『Made in musicasa』と銘打ったシリーズ・コンサートなど、ライブ活動も積極的に行ている。“musicasa”とは、musica=音楽&casa=家という意味の造語。

現在数々のアーティストコンサートレコーディングに参加。葉加瀬太郎の音楽監督、西村由紀江のサウンド・プロデュース、押尾コータローや佐藤竹善(SING LIKE TALKING)などのアレンジを担当。 沖仁ジェイク・シマブクロ塩谷哲、藤原道山、上妻宏光小松亮太鳥山雄司、NAOTO、大島花子純名里沙緒方恵美JUN SKY WALKER(S)など、多数のアーティストと共演、作品に携わっている。

ヤマハによるエレクトリック弦楽器「サイレント・シリーズ」開発協力およびオリジナル・モデルを発表。カーボンファイバー楽弓メーカーCoda Bow社、日本輸入総代理店である黒澤楽器店が企画した日本国内のチェリストでは初めてのミュージシャン・モデルを発売、国内外のプロのチェリストにも評価される。

2008年公開、第81回アカデミー賞外国語映画賞など数々の賞を受賞した映画「おくりびと」では、主演の本木雅弘にチェロ演奏指導、劇中演奏を担当し、映画の中で本木が使用している弓も柏木広樹モデルであり、これを機に本木は趣味としてチェロ演奏を愛好している。

盟友 越田太郎丸が率いる『BOSSA DO MAGO』に参加。越田太郎丸西嶋徹則竹裕之青柳誠らと『』を結成、多ジャンルの音楽を聴かせるインスト・バンドとして活動。 近年では、ピアニスト&シンガーソングライター光田健一と共にデュオ・ユニット『二人旅』としても活動、毎年20超公演におよぶ全国ツアーを行っている。

2017年9月に9thアルバム『TODAY for TOMORROW』をリリース。トヨタ自動車トヨタ会館イメージソング、NHK山形放送局「やままる」、山口朝日放送ひるくる!」テーマ曲を書き下ろし、柏木広樹 feat. 葉加瀬太郎&西村由紀江による「Reminiscence ~回想~」が、2018年9月公開の映画「きらきら眼鏡(出演:金井浩人池脇千鶴安藤政信古畑星夏杉野遥亮片山萌美モロ師岡石倉三郎 監督:犬童一利・原作:森沢明夫)のエンディング・テーマとして発表された。

外部リンク[編集]