柏木広樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
柏木広樹
生誕 (1968-07-20) 1968年7月20日(51歳)
出身地 日本の旗 日本東京都
学歴 東京藝術大学音楽学部器楽学科卒業
職業 チェリスト
作曲家
編曲家
プロデューサー
担当楽器 チェロ
活動期間 1989年 -
レーベル HATS UNLIMITED
事務所 有限会社 ブルーソファ
共同作業者 葉加瀬太郎
公式サイト Cellist 柏木広樹 Official Site
旧メンバー G-クレフ

柏木 広樹(かしわぎ ひろき、1968年7月20日 - )は日本チェリスト作曲家編曲家プロデューサー

来歴[編集]

東京都多摩市出身、佼成学園高等学校東京藝術大学音楽学部器楽科卒。在学中の1989年に、G-クレフのメンバーとしてデビュー。1990年、歌の無いインストゥルメンタル・バンドで初のNHK紅白歌合戦に出場。解散日時は不明。

2001年より本格的にソロ活動を開始、『I'm here』でソロ・アーティストとしてデビュー。以降、日本をはじめブラジル、アフリカ、スペインなど多国籍なテイストと、チェロを融合した独自の音楽性を構築、HATS UNLIMITEDよりオリジナル作品をコンスタントに発表している。

幼少期からの愛読書『ドリトル先生』をイメージした楽曲をアルバム毎に収録、動物や自然をテーマにした作品が多く、盲導犬チャリティ・コンサートへの出演を機に、継続して支援活動を行っている。 『Made in musicasa』と銘打ったシリーズ・コンサートを主軸に、朗読タップダンスなど異ジャンルのアーティストと共演、ライブ活動も積極的に行っっている。“musicasa”とは、musica=音楽&casa=家という意味の造語。

数々のアーティストのコンサートやレコーディングに参加。葉加瀬太郎の音楽監督、西村由紀江のサウンド・プロデュース、押尾コータロー佐藤竹善SING LIKE TALKING)などのアレンジを担当。 藤原道山木村大小沼ようすけ沖仁塩谷哲上妻宏光小松亮太NAOTO純名里沙里アンナなど、多数のアーティストと共演、作品に携わっている。

ヤマハによるエレクトリック弦楽器「サイレント・シリーズ」の開発協力、Coda Bow社と黒澤楽器店によるカーボンファイバーで、日本国内のチェリスト初のミュージシャン・モデル発売、国内外のプロのチェリストにも高く評価される。

映画「冷静と情熱のあいだ」(主演:竹野内豊ケリー・チャン 原作:辻仁成江國香織)にチェリスト役として出演。アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の主人公・碇シンジのチェロ演奏を担当。

第81回アカデミー賞外国語映画賞など数々の賞を受賞した映画「おくりびと」で、主演の本木雅弘にチェロ演奏指導、劇中演奏を担当、映画の中で使用されている弓は柏木モデルであり、これを機に本木は趣味としてチェロ演奏を愛好している。

2018年公開の映画「きらきら眼鏡(出演:金井浩人池脇千鶴安藤政信 監督:犬童一利・原作:森沢明夫)のエンディングテーマとして、『Reminiscence ~回想~』柏木広樹 feat.葉加瀬太郎西村由紀江を発表。 2019年、中島美嘉の代表曲をモチーフにした映画『雪の華』(出演:登坂広臣中条あやみ高岡早紀田辺誠一 監督:橋本光二郎)のサウンドトラックを担当。

テーマソングとして、南日本放送「やくしまじかん」、NHK山形放送局「やままる」、山口朝日放送「ひるくる!」、北日本放送「いっちゃん☆KNB」、TOKYO MX宝塚歌劇団 CAFÉ BREAK」、テレビ朝日世界の子供がSOS!THE★仕事人バンク マチャアキJAPAN」「日本食紀行」、トヨタ自動車トヨタ会館、セブン銀行などへの楽曲提供、NHK大河ドラマ篤姫~篤姫紀行」、関西テレビスーパーニュースアンカー」、テレビ新広島ひろしま満点ママ」テーマ演奏など、映像音楽にも広く取り組んでいる。 

越田太郎丸西嶋徹則竹裕之青柳誠らと『森』を結成、多ジャンルの音楽を聴かせるインスト・バンドとして活動。 2012年より、ピアニスト&シンガーソングライター光田健一とのデュオ・ユニット『二人旅』としても活動、毎年30公演弱におよぶ全国ツアーを行っている。

羽根屋・富美菊酒造」、小説「エミリの小さな包丁」(森沢明夫著)テーマソング、ゲストに藤原道山里アンナ、ザ・ハモーレ・エ・カンターレ、植木昭雄、フレーベル少年合唱団をゲストに迎え、10thアルバム『VOICE』を2019年10月にリリース。人間の声に最も近い音色といわれるチェロを変幻自在に操る、唯一無二のチェリスト。

外部リンク[編集]