神田山陽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

神田山陽(かんだ さんよう)は、講談師名跡。当代は3代目。


2代目 神田かんだ 山陽さんよう
本名 浜井はまい ひろむ
生年月日 1909年8月31日
没年月日 (2000-10-30) 2000年10月30日(91歳没)
出身地 中華人民共和国の旗 中国大連市
師匠 8代目桂文楽内輪
弟子 3代目神田松鯉ほか
名跡 1.3代目神田小伯山
(1947年 - 1955年)
2.2代目神田山陽
(1955年 - 2000年)
活動期間 1936年 - 2000年
活動内容 講談師
所属 神田派
講談組合

2代目神田 山陽(かんだ さんよう、本名:浜井はまい ひろむ1909年8月31日 - 2000年10月30日)は、講談師

経歴[編集]

中国大連生まれ、生後すぐに東京に移住。書店・出版社の「大阪屋号書店[1][2]」の社長の嗣子として生まれる。

1928年、旧制日本大学中学校(現在の日本大学第一高等学校)卒業。ダンスの教師をやったこともあった[3]

私財で講談の発展に力を入れ、1936年大谷内越山の会に参加。1939年に家業を閉め「お旦」の出身で師匠を持たず「品川連山」の名で独立独歩で歩む。

その後落語家8代目桂文楽の内輪になって薄手だった神田派に迎え入れられる。

1942年講談組合真打に昇進。1947年3代目神田小伯山を襲名。1955年2代目神田山陽を襲名。

2000年10月30日、腎不全のため死去。91歳没。

著書[編集]

人物[編集]

趣味は将棋で、戦前には若手棋士を集めたトーナメントのスポンサーになったこともあった[3]。また、NHK将棋講座NHK杯将棋トーナメントの司会を務めたことがある。1996年、第3回大山康晴賞を受賞。

弟子[編集]

太字は現役。

山陽死後他門下へ移籍[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2016年解散した大阪屋とは無関係。
  2. ^ 湯原 健一 (2019). “大阪屋号書店小史”. 愛知大学国際問題研究所紀要 (153): 87-124. ISSN 05157781. NAID 40021845939. https://aichiu.repo.nii.ac.jp/index.php?active_action=repository_view_main_item_detail&page_id=13&block_id=17&item_id=9884&item_no=1. 
  3. ^ a b 加藤治郎原田泰夫『[証言]将棋昭和史』(執筆)田辺忠幸毎日コミュニケーションズ P.31
  4. ^ 神田伯山 (2021年1月7日). “神田伯山「大師匠・神田山陽は『講談界の革命家』だった!」”. 婦人公論.jp. 中央公論新社. 2021年4月1日閲覧。
  5. ^ リンク先は解説ほぼ全文である。