神田香織

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

神田 香織(かんだ かおり、1954年12月4日 - )は、女性の講談師。本名は江尻(旧姓:武谷)光子。磐城女子高校卒業。講談協会所属。

略歴[編集]

福島県いわき市の出身。女優を志すも断念し、1980年(昭和55年)に2代目神田山陽の門下で神田香。1981年に現在名に改名。1984年(昭和59年)に二ツ目昇進、1989年平成元年)12月に真打昇進。2001年(平成13年)に参議院議員通常選挙に無所属、社民党推薦で福島県選挙区から出馬したが次点で落選。ジャズ講談や、照明や音響設備を演出に取り入れた立体講談など独自の講談を行なう。

『女医レニアの物語』、『安寿と厨子王物語』、『ビリー・ホリディ物語』などの講談を発表するかたわら、中沢啓治の漫画『はだしのゲン』や、スヴェトラーナ・アレクシエーヴィッチの『チェルノブイリの祈り』を講談化する。

安倍政権NO! 実行委員会のサイトで、以下の内容で政権批判を行ってる[1]

安倍さん、「主役は国民だから」と新国立競技場を白紙に戻したのだから、国民がもっと切実に願う戦争法案の廃案も、原発再稼働取り消しも決めなきゃ不公平ですよ。 だいたい安倍さんは「国民に丁寧に説明」の文言を「丁寧」に繰り返すだけだし、聞く耳を持たないばかりか、語るべき言葉も知識もない。 ポツダム宣言を理解してないのには愕然、申し上げにくいが政治家失格です。 第一、首相が講釈師のお株を奪い?見てきたようなウソをつきまくってはいけないのです。 一刻も早く総理大臣をおやめになって、講談界に入って基本からはじめませんか? 「田中正造伝」を語れるようになれば人生が変わります。 憲法を無視してまで戦争の出来る国にし私たちの人生を変える事に奔走するより、まずご自分を!

主な講談作品[編集]

  • 女医レニアの物語
  • 安寿と厨子王物語
  • ビリー・ホリディ物語
  • はだしのゲン
  • チェルノブイリの祈り
  • フラガール物語
  • フクシマの祈り「ある母子避難の声」

著作・参考文献[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 安倍政権NO! 実行委員会 [1]

外部リンク[編集]