神田すみれ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
神田かんだ すみれ
本名 男庭 智子
生年月日 2月23日
師匠 二代目神田山陽
弟子 神田春陽
神田あおい
神田山緑
神田菫花
神田こなぎ
神田しおん
出囃子 老松「松の太夫」
所属 講談協会

神田 すみれ(かんだ すみれ、2月23日 - )は、日本の女流講談師。本名∶男庭 智子

略歴[編集]

  • 1980年4月 - 神戸商業高校卒業後に文学座付属演劇研究所、演劇集団「円」を経て二代目神田山陽門下に入門。
  • 1989年9月 - 真打ち昇進。
  • 1999年 - お江戸演芸スクール講談教室の講師。
  • 2005年 - 池袋コミュティカレッジにて「神田すみれの講談教室」の講師を勤める。

弟子[編集]

真打[編集]

二ツ目[編集]

前座[編集]

  • 神田しおん

廃業[編集]

  • 神田すみ丸

主な読み物[編集]

赤穂義士伝(南部坂雪の別れ、赤垣源蔵、堀部安兵衛、他)、怪談(四谷怪談、牡丹灯籠、真景累ヶ淵)、偉人伝(日蓮上人、空海〈弘法大師〉、白隠禅師)、妲妃のお百、お富与三郎、五郎正宗、真田幸村、腕白竹千代、寛永三馬術、山内一豊の妻、昭和娼婦伝、レ・ミゼラブル、渋沢栄一物語など。

その他古典物、新作物、地元の創作講談など多数。

著作・参考文献[編集]

外部リンク[編集]