神田山陽 (3代目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

3代目 神田 山陽(かんだ さんよう、本名:稲荷 啓之(いなり ひろゆき)、1966年1月14日 - )は、日本講談師北海道網走郡女満別町(現大空町)出身。落語芸術協会会員。

3代目 神田かんだ 山陽さんよう
本名 稲荷 啓之
生年月日 (1966-01-14) 1966年1月14日(53歳)
出身地 日本の旗 日本北海道網走郡女満別町
師匠 2代目神田山陽
3代目神田松鯉
名跡 1.神田北陽(1990年 - 2002年)
2.3代目神田山陽(2002年 - )
出囃子 清正の虎退治
活動期間 1990年 - 2007年
2017年
(講談師として)
活動内容 講談師
家族 稲荷卓央 (実弟)
所属 落語芸術協会
受賞歴
国立劇場花形演芸会銀賞受賞(1998年)
備考
現在は休業中。

人物・芸歴[編集]

女満別小学校・女満別中学校・北海道網走南ヶ丘高等学校卒業。高校卒業後、様々なアルバイト等を経て、1990年2代目神田山陽に入門。「神田北陽」を名乗る。趣味はドラム演奏。

1994年4月に二ツ目昇進。2000年11月、師匠・2代目山陽死去により同門の3代目神田松鯉門下へ移動。2002年(平成14年)8月に真打となり、「3代目 神田山陽 」を襲名する。唐十郎の劇団「唐組」で活躍する稲荷卓央(いなり たくお)は実弟。

2005年9月から翌年8月まで文化庁の文化交流使としてイタリアに在住、各地で講談を披露した。2007年1月、妻子を東京に残し少年時代を過ごした大空町に移住。大空町立東藻琴小学校の特別聴講生として2学年の授業を聴講する生活に入る。このころ「SWA」を脱退。以後、講談師としての活動を停止、講演やテレビ出演のみ行うようになる。

2017年12月、上方の講談師、旭堂南湖の会にゲスト出演。約10年間、講談師として活動しておらず、久しぶりの高座ということで大きな注目を集めるなか、「鼠小僧とサンタクロース」を演じた[1]。活動は単発に終わり、2019年現在、演芸界への本格的な復帰はしていない。

受賞歴[編集]

  • 1998年(平成10年)、国立演芸場花形演芸会銀賞受賞。
  • 2002年(平成14年)、文化庁芸術祭演芸部門新人賞受賞。

備考[編集]

出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

映画[編集]

過去[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]