神田紅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

神田 紅(かんだ くれない、1952年4月20日 - )は日本の講談師、エッセイスト。福岡県福岡市生まれ。サイバー大学客員教授。本名、戸井田和子[1]

人物・略歴[編集]

福岡県立修猷館高校卒業[2]早稲田大学商学部中退。 既婚。

大学在学中に文学座研究所にいた。 その後、プロダクションに所属。市原悦子の付き人を二年担当。当時の名前は中原鐘子。 演劇女優を経て1979年に、講談師二代目神田山陽に入門した。

1989年12月に真打に昇進した。

現 日本講談協会 会長

「芝居講談」はじめ「立体講談」など新たな取り組みに挑戦している。

オリジナル講談に『芝居講談マダム貞奴』、『マリリン・モンロー』、『オードリー・ヘップバーン』などがある。

「講談に笑いをどこかにいれなさい」

50歳の壁は「年齢を忘れなさい」で乗り越えた。 師匠への恩返しは弟子を育てること。

弟子を亡くす。(神田陽司2016年2月、神田紅葉 2017年7月)

2017年、芸歴40年を迎えた。古典講談の復活、創作講談や国語講談を分かりやすく伝えていきたいと話す。

著書[編集]

  • 『神田紅の語って紅伝』西日本新聞社

テレビ出演[編集]

ラジオ出演[編集]

映画[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.539
  2. ^ 東京修猷会 第630回二木会(2017年7月13日(木))

関連項目[編集]

外部リンク[編集]