神田松鯉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

神田 松鯉(かんだ しょうり)は、講釈師の名跡。初代が「神田祭」に掛け、晩年に名乗った隠居名がはじまりである。当代は三代目。「しょうり」のアクセントは「勝利」のアクセントにしてしまいがちだが、「氷」のアクセントが正しい。


三代目 神田かんだ 松鯉しょうり
本名 渡邉わたなべ 孝夫たかお[1]
生年月日 (1942-09-28) 1942年9月28日(79歳)
出身地 日本の旗 日本群馬県前橋市
師匠 二代目神田山陽
弟子 三代目神田山陽
神田鯉風
神田山吹
神田阿久鯉
神田鯉栄
六代目神田伯山
神田松麻呂
神田鯉花
名跡 1. 神田陽之介
(1970年 - 1973年)
2. 神田小山陽
(1973年 - 1992年)
3. 三代目神田松鯉
(1992年 - )
出囃子 のっと
活動期間 1970年 -
活動内容 講談師
所属 日本講談協会
落語芸術協会
主な作品
ビジネス講談
受賞歴
第6回放送演芸大賞ホープ賞(1978年)
文化庁芸術祭賞(1988年)
重要無形文化財の保持者(人間国宝)(2019年)[2]
旭日小綬章(2021年)
第38回浅草芸能大賞(2021年)[3]

三代目 神田 松鯉1942年(昭和17年)9月28日 - )は、講談師。日本講談協会名誉会長、落語芸術協会相談役を務める。

経歴[編集]

1961年前橋商業高校卒業。劇団文化座、俳優集団民衆舞台をへて、歌舞伎役者2代目中村歌門落語家2代目談洲楼燕枝の長男)に入門。

1970年2代目神田山陽に入門。神田陽之介を名乗る。1973年神田小山陽に改名し、二ッ目昇進。1977年、真打昇進。1992年に「3代目神田松鯉」を襲名。

得意ネタは「村井長庵」他150席。他に1980年より「ビジネス講談」を創る。

趣味は、俳句、篠笛、ゴルフ。

受賞等[編集]

役職等[編集]

  • 2000年 - 2005年 日本講談協会会長
  • 2006年 - 2015年 日本講談協会相談役
  • 2014年 - 2022年 落語芸術協会参与[9]
  • 2016年 -     日本講談協会名誉会長
  • 2022年 -     落語芸術協会相談役[9]

著書[編集]

DVD[編集]

一門[編集]

真打[編集]

前座[編集]

  • 神田松麻呂
  • 神田鯉花

移籍[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 《官報》令和元年10月25日 第118号 より
  2. ^ a b 答申内容”. 文化審議会答申(重要無形文化財の指定及び保持者の認定等). 文化庁 (2019年7月19日). 2020年4月24日閲覧。
  3. ^ a b 第38回浅草芸能大賞 大賞 神田 松鯉さん(講談師)”. 公益財団法人台東区芸術文化財団 (2021年10月20日). 2021年10月20日閲覧。
  4. ^ 人間国宝の講談師・神田松鯉さんに板橋区民栄誉賞 産経新聞 2020年3月21日 2020年3月23日 閲覧
  5. ^ 板橋区民栄誉賞に講談師・神田松鯉さん 初の文化人受賞」『板橋経済新聞』、2020年3月20日。2020年5月4日閲覧。
  6. ^ 神田松鯉 旭日小綬章受章 - 落語芸術協会公式サイト 2021年4月29日閲覧。
  7. ^ 『官報』号外第99号、令和3年4月30日
  8. ^ 令和3年春の叙勲 (PDF)”. 内閣府 (2021年4月29日). 2021年5月2日閲覧。
  9. ^ a b 【お知らせ】協会新役員体制・新協会員”. 公益社団法人落語芸術協会 (2022年4月5日). 2022年4月7日閲覧。

外部リンク[編集]