神田松鯉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

神田 松鯉(かんだ しょうり)は、講釈師の名跡。初代が「神田祭」に掛け、晩年に名乗った隠居名がはじまりである。当代は3代目。

初代[編集]

本名:玉川 金次郎(たまがわ きんじろう)、1841年9月 - 1921年4月27日

2代目[編集]

本名:玉川 悦太郎(たまがわ えつたろう)、1885年(明治18年)9月8日 - 1967年(昭和42年)4月22日

初代の子息。1896年に父に入門し神田悦山を名乗り浅草公園金車で初舞台。神田小伯山を経て1904年に父の名跡・2代目神田松鯉を襲名。

瀬戸内晴美の小説「花野」のモデルになった。80歳過ぎても高座に上がり続けた。

3代目[編集]

本名:渡辺 孝夫(わたなべ たかお)、群馬県前橋市出身。1942年(昭和17年)9月28日 - 。日本演芸家連合理事。日本講談協会落語芸術協会所属。

1961年前橋商業高校卒業。劇団文化座、俳優集団民衆舞台をへて、歌舞伎役者2代目中村歌門落語家2代目談洲楼燕枝の長男)に入門。

1970年2代目神田山陽に入門。神田陽之介を名乗る。1973年、神田小山陽に改名し、二ッ目昇進。1977年、真打昇進。1992年に「3代目神田松鯉」を襲名。

得意ネタは「村井長庵」他150席。他に1980年より「ビジネス講談」を創める。

受賞歴[編集]

一門[編集]

弟子には3代目神田山陽神田鯉風神田山吹神田阿久鯉神田鯉栄神田松之丞