一龍斎貞水

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

一龍斎 貞水(いちりゅうさい ていすい)は、日本講談師(講釈師)の名跡。4代目までは真龍斎 貞水(しんりゅうさい ていすい)で、4代目は後に早川 貞水(はやかわ ていすい)と名乗った。

初代[編集]

初代 真龍斎 貞水(しんりゅうさい ていすい、1839年天保10年〕 - 1874年明治7年〕3月14日)は、日本講談師。後の2代目一龍斎貞山

2代目[編集]

2代目 真龍斎 貞水(しんりゅうさい ていすい、生没年月日不詳)は、日本の講談師。後の2代目錦城斎典山

3代目[編集]

3代目 真龍斎 貞水(しんりゅうさい ていすい、生没年月日不詳)は、日本の講談師。4代目昇龍斎貞丈の父。

4代目[編集]

4代目 早川 貞水(はやかわ ていすい、文久1(1861年12月) - 大正6(1917年5月15日))は、日本の講談師。

本名:早川興吉。江戸神田(現在の東京都千代田区)の生まれ、17歳の時に旭堂南慶の門下に入り慶治、4代目一龍斎貞山、2代目松林伯圓、初代桃川如燕らの門下を転々とし1891年に3代目真龍斎貞水の門下で3代目双龍斎貞鏡1899年に4代目真龍斎貞水、1911年に早川貞水になった。

「教育講談師」と称し寄席にはほとんど出ず旅廻りが多かった。相撲ネタが得意で「お相撲貞水」という異名があった。

6代目[編集]

6代目 一龍斎 貞水(いちりゅうさい ていすい、1939年6月29日 - )は、日本の講談師。本名、浅野 清太郎(あさの せいたろう)。講談師初の人間国宝講談協会相談役。血液型はB型。

略歴[編集]

東京府東京市本郷区湯島天神町(現在の東京都文京区湯島)生まれ。

役者志望であったが、小さい頃からラジオで演芸に親しんでいた。講談組合頭取会長の4代目邑井貞吉と出会い、寄席本牧亭の楽屋に出入りするようになる。周囲に貞吉の孫と勘違いされて可愛がられ、5代目一龍斎貞丈から「ちょっと噺出来るか」と言われ、学生服姿で初舞台を踏んだところ喝采を浴び、講談の道に入ったという。

1955年都立城北高校入学と同時に、5代目貞丈に入門。一龍斎貞春を名乗る。1966年、真打に昇進し、「6代目一龍斎貞水」を襲名。

2002年から2006年にかけ、講談協会会長。

受賞歴[編集]

芸風・人物[編集]

怪談の貞水」の異名を持ち、照明や音響、大道具などを効果的に用いた「立体怪談」を得意とする。

髪型の「7・3分け」がトレードマーク。

実家は湯島で居酒屋「酒席 太郎」を営んでいる(店主は貞水の妻)。

一門[編集]

声優一龍斎春水(旧芸名・麻上洋子)と、同じく声優の一龍斎貞友(旧芸名・鈴木みえ)は弟子。

作品[編集]

CD[編集]

  • 一龍斎貞水の学校のこわい話し・全2巻(1996年、コロムビア
  • 赤穂義士本傅・全15巻(1998年、日本クラウン
  • 四谷怪談・全5巻(2004年、日本クラウン)
  • 響談「ぬけられぬ雨の吉原」
SILENT HILL 4 -THE ROOM- ORIGINAL SOUNDTRACKS DISC2(2004年、コナミデジタルエンタテインメント) に収録。

DVD[編集]

  • アニメ版「東海道四谷怪談」(2005年、コロムビア)
1981年8月16日に「花王名人劇場」で放映された「アニメ講談」のDVD。国立演芸場での一龍斎貞水の語りにアニメーション映像をつけたもの。
  • 四谷怪談(2005年、日本クラウン)

出演[編集]

テレビ番組[編集]

映画[編集]

書籍[編集]

編書[編集]

  • シリーズ『一龍斎貞水の歴史講談』(一龍斎貞水編集、フレーベル館
  1. 『恐怖の怪談』、2000.8、ISBN 457702098X
  2. 大岡越前 名裁き』、2000.9、ISBN 4577020998
  3. 秀吉の天下取り』、2000.12、ISBN 4577021005
  4. 『歴史に残る合戦』、2000.12、ISBN 4577021013
  5. 『戦国の英雄』、2001.1、ISBN 4577021021
  6. 『剣の達人』、2001.2、ISBN 457702103X

著書[編集]

外部リンク[編集]