東京都立桐ケ丘高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東京都立桐ケ丘高等学校
Tokyo Metropolitan Kirigaoka High School.JPG
国公私立の別 公立学校
設置者 東京都の旗 東京都
設立年月日 1999年
共学・別学 男女共学
課程 定時制(3部制)課程
二部以上の授業 1部(午前)・2部(午後)・3部(夜間)
単位制・学年制 単位制
設置学科 総合学科
学期 2学期制
高校コード 13312E
所在地 115-0052
東京都北区赤羽北三丁目5番22号
北緯35度46分54.9秒東経139度42分25.3秒
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

東京都立桐ケ丘高等学校(とうきょうとりつ きりがおかこうとうがっこう)は、東京都北区赤羽北にある高等学校。前身は旧・府立第十四高女を引き継いでいた東京都立城北高等学校。3部制(午前、午後、夜間)での単位制を採っている不登校児を主としたチャレンジスクールである。2学期制を採用している。

設置課程[編集]

概要[編集]

新しいタイプの実験高校のうち、東京都立城北高等学校跡地に開校した。「チャレンジスクール」として既存の夜間定時制高校を統合集約して新設した、 3部制(定時制)単位制高校。不登校経験者・他校中退者などを主なターゲットとする総合学科の高校で、内申書不要・単位制による幅広い選択可能科目・カウンセリング体制の充実など、新しい試みを行っている。 定時制は全日の定時制であるため、カリキュラムの組み方で3年で卒業が可能。午前部・午後部・夜間部からなる三部定時制を採用しており、所属以外の部の単位も取得可能である。74単位取得で卒業できる。

沿革[編集]

  • 1999年 - 東京都立桐ケ丘高等学校設立。

入学試験[編集]

入学試験の科目は作文と面接のみで内申書は必要ない。その為、中学校で不登校になっていて出席日数が皆無であったとしても出願できる。 分割前期及び分割後期に分けて、入学試験が行われる。学力検査は実施しないが、分割前期及び分割後期ともに面接(600点)、作文(400点)を実施する。また、志願申告書(100点)を提出する。

最寄駅[編集]

学園祭[編集]

  • 10月には、ポロニアフェスティバルと呼ばれる文化祭がある。

著名な出身者[編集]

旧城北高校

関連項目[編集]

外部リンク[編集]