一龍斎貞鏡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

一龍斎 貞鏡(いちりゅうさい ていきょう)は、日本講談師(講釈師)の名跡。5代目までは双龍斎 貞鏡(そうりゅうさい ていきょう)を名乗った。当代は7代目。

初代[編集]

初代 双龍斎 貞鏡(そうりゅうさい ていきょう)は、のちの2代目一龍齋貞山

2代目[編集]

2代目 双龍斎 貞鏡(そうりゅうさい ていきょう)は、のちの2代目錦城斎一山

3代目[編集]

3代目 双龍斎 貞鏡(そうりゅうさい ていきょう)は、のちの4代目早川貞水

4代目[編集]

4代目 双龍斎 貞鏡(そうりゅうさい ていきょう、生年月日不詳 - 1909年12月26日)は、日本の講談師。本名・榎本勝太郎。

父は宝集家金蔵。叔父は錦城斎一山(のちの3代目真龍斎貞水)。はじめ初代放牛舎桃林の門下で放牛舎桃水、のちに叔父の門下となり錦城斎一勝。その後4代目早川貞水門下で早川小貞水をへて、1905年に双龍斎貞鏡を襲名したが34歳で亡くなった。

5代目[編集]

5代目 双龍斎 貞鏡(そうりゅうさい ていきょう、生年月日不詳 - 1924年10月26日)は、日本の講談師。本名・鹿島友次郎。

6代目一龍齋貞山の門下で一龍齋貞三、1923年に双龍斎貞鏡を襲名し真打昇進したが、28歳で亡くなった。得意な演目は「本能寺」。

6代目[編集]

一龍斎 貞鏡(いちりゅうさい ていきょう)は、のちの7代目一龍齋貞山

7代目[編集]

この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
いちりゅうさい ていきょう
一龍斎 貞鏡
本名 小村井 靖世
(こむらい やすよ)
生年月日 (1986-01-30) 1986年1月30日(31歳)
出生地 東京都渋谷区
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
血液型
職業 講談師
ジャンル 講談
活動期間 2008年 -
公式サイト 一龍斎貞鏡

一龍斎 貞鏡(いちりゅうさい ていきょう、本名: 小村井 靖世(こむらい やすよ)、1986年1月30日 - )は、日本の講談師。女性講談協会所属。

略歴・人物[編集]

東京都渋谷区生まれ。祖父は7代目一龍齋貞山。父は8代目一龍齋貞山。また、6代目神田伯龍は義理の祖父。

武蔵大学卒業。2008年1月、父の8代目貞山門下へ入門、講談協会見習いとなる。2012年2月に二つ目昇進。

講談協会定席の他、学校寄席、地域寄席、仏教講談、はとバス講談ツアー、イベントの司会などをこなすかたわら、2011年より東京・神保町らくごカフェをベースに会を開催。修羅場の勉強のため『徳川四戦記』の勉強会を開いたほか、隔月で「貞鏡の会」を開催している。

代表的な演目[編集]

外部リンク[編集]