難波戦記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

難波戦記(なにわせんき・なんばせんき)もしくは大坂軍記(おおさかぐんき)は、大坂の陣についての軍記物1672年(寛文12年)に刊行された。

構成[編集]

12巻12冊本が最初に作られ、その後増補されていった。増補版では特に、1672年(寛文12年)の三宅可参(衝雪斎)の序跋をもつものが普及した。

なお、真田信繁の通称である「幸村」は生前の史料には見えないとされており、この「幸村」の名前の初出の文献が『難波戦記』とされている[1]

出典[編集]

外部リンク[編集]