怪談 (2007年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
怪談
監督 中田秀夫
脚本 奥寺佐渡子
原作 三遊亭円朝
真景累ヶ淵
製作 一瀬隆重
製作総指揮 迫本淳一
出演者 尾上菊之助
黒木瞳
音楽 川井憲次
主題歌 浜崎あゆみfated
撮影 林淳一郎
編集 高橋信之
製作会社 「怪談」製作委員会
配給 松竹
公開 日本の旗 2007年8月4日
上映時間 119分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

怪談』(かいだん)は、2007年公開の日本映画で、中田秀夫監督のホラー作品。原作は三遊亭圓朝の落語『真景累ヶ淵』。

キャッチコピー[編集]

ずっと、ずっと、ずっと、あなただけ。

ストーリー[編集]

煙草売りの新吉と、浄瑠璃の一種である富本節の師匠をしている豊志賀。燃えるような恋に落ちた2人の出会いは、決して偶然ではなかった。

若く美しい新吉への豊志賀の愛は、いつしか異常なほどの独占欲に変わってゆく。新吉との小さな諍いから、左目の上に切り傷を負った豊志賀。その傷は徐々に広がっていき、妖艶で美しかった豊志賀の顔は醜く変わり果て、『このあと女房を持てば必ずやとり殺す』、そう書き残して死んでいった。

しかし当の新吉は豊志賀の執着もどこ吹く風で、豊志賀の死後も他の女性と新しい恋を楽しんでいた。すると、新吉と関係を持った女性達は皆次々に怪死を遂げていく。豊志賀の呪いは本物だったのか?

豊志賀と新吉の間に横たわる、おぞましくも哀しき因果が今、明かされていく。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

エピソード[編集]

  • 中田監督にとっては、5年ぶりの邦画作品である。
  • 尾上菊之助は、この作品が映画初主演である。
  • 映画化されたのは原作『真景累ヶ淵』の三分の一程度である。「豊志賀の死」を初めとする豊志賀と新吉の関係に焦点を絞ったため、いくつかの変更がなされている。
  • 脚本にはサマーウォーズおおかみこどもの雨と雪奥寺佐渡子が起用されている。
  • 大きな変更点は新吉とお賤が異父兄妹であるという事実を省いた点と、豊志賀と新吉が出会う時点ですでに新吉の兄によって殺されていたお園(豊志賀の妹)を生きていることにし、事件の目撃者としての役割を与えた点である。

関連イベント[編集]

2007年7月14日9月17日開催、映画をモチーフにした歩行(ウォークスルー)型お化け屋敷

関連項目[編集]

外部リンク[編集]