MONSTERZ モンスターズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
MONSTERZ モンスターズ
監督 中田秀夫
脚本 渡辺雄介
原案 超能力者韓国語版
製作 城朋子
久松猛朗
堀義貴
藤門浩之
柏木登
阿佐美弘恭
下田淳行
遠藤真郷
出演者 藤原竜也
山田孝之
石原さとみ
音楽 川井憲次
撮影 林淳一郎
編集 青野直子
制作会社 ツインズジャパン
製作会社 「MONSTERZ」FILM PARTNERS
日本テレビ放送網
配給 日本の旗 ワーナー・ブラザース映画
公開 日本の旗 2014年5月30日
上映時間 112分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 9.2億円[1]
テンプレートを表示

MONSTERZ モンスターズ』は2014年5月30日公開の日本アクション映画2010年韓国映画超能力者韓国語版』を原案とするリメイク作品であるが、オリジナル作品とは結末が異なる[2]

キャッチコピー[編集]

  • 人間を自由に操れる男。唯一、操れない男。(ティザーポスター版)
  • 禁断のバトル、勃発。(本ポスター版)
  • 生き残るのは、人間を操れる男か それとも唯一、操れない男か(本ポスター版)

ストーリー[編集]

視界に入った人間を全て意のままに操る事が出来る“男”がいた。彼は、必要な時だけ自身の能力を発揮して孤独に静かに生きてきた。しかし、そんな彼の前に自身の能力が効かない、唯一、操れない男・田中終一が現れる。終一を不快に思った“男”は、終一を殺害しようとする。

キャスト[編集]

“男”
演 - 藤原竜也(少年期:佐藤詩音
眼差しで他人を意のままに操ることのできる男。
田中 終一(たなか しゅういち)
演 - 山田孝之(少年期:土師野隆之介
“男”の力が唯一効かない男。驚異的な回復力を持つ。
雲井 叶絵(くもい かなえ)
演 - 石原さとみ
終一と恋に落ちる女性。
雲井 繁(くもい しげる)
演 - 田口トモロヲ
ギター店の店主。叶絵の父。
ジュン
演 - 落合モトキ
終一の同僚で友人。LGBT。
晃(あきら)
演 - 太賀
ジュンと同じく終一の同僚で友人。トレーディングカードマニア。
“男”の父
演 - 三浦誠己
特殊能力を持つ息子を恐れて、怪物と忌み嫌っていた。
押切 奈々(おしきり なな)
演 - 藤井美菜
警視庁の特別捜査官。
柴本 孝雄(しばもと たかお)
演 - 松重豊
刑事。終一の能力を知る人物。
“男”の母
演 - 木村多江
息子を庇い続けていたが、彼が夫を死に追いやり絶望する。
その他

スタッフ[編集]

楽曲[編集]

製作[編集]

製作が発表された時点での仮のタイトルは『MONSTER』だったが、主人公の2人の男がどちらも「怪物」であり、また複数形の「S」ではなく「Z」であるのは、2人の闘いと存在が「Z=究極」であることも意味しており、更に「Z」の文字を形成する並行する2本の直線と、それに交差する斜線から、交わるべきではなかった2人の男が出会ってしまう宿命を意味している[3]

封切り[編集]

全国327スクリーンで公開され、2014年5月31日、6月1日のオープニング週末2日間(公開初日の5月30日は除く)で興収1億9,441万1,950円、動員16万2,522人になり、映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第3位となった[4]

関連商品[編集]

書籍[編集]

Blu-ray / DVD[編集]

  • MONSTERZ モンスターズ(Blu-ray2枚組、バップ、2014年11月5日発売、VPXT-71349)
  • MONSTERZ モンスターズ(DVD2枚組、バップ、2014年11月5日発売、VPBT-14342)

CD[編集]

  • Sound of MONSTERZ(バップ、2014年5月28日発売、VPCD-81805)

参考文献[編集]

外部リンク[編集]