ラストシーン (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ラストシーン
LAST SCENE
監督 中田秀夫
脚本 中村義洋
鈴木謙一
原案 一瀬隆重
出演者 西島秀俊
若村麻由美
麻生祐未
麻生久美子
ジョニー吉長
音楽 ゲイリー芦屋
撮影 前田米造
編集 高橋信之
配給 オズ / オムロ
公開 日本の旗 2002年11月9日
上映時間 100分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

ラストシーン』(LAST SCENE)は、2002年公開の日本映画。監督は中田秀夫

概要[編集]

日活撮影所出身の最終世代に当たる中田秀夫監督が、映画斜陽期の1965年と35年後の現在の映画撮影所を舞台に、映画を愛する人々、そして映画に携わる人々の絆を描いた人間ドラマ。

2003年ベルリン国際映画祭パノラマ部門に出品。同年、中田監督は本作で芸術選奨新人賞を受賞した。

あらすじ[編集]

テレビの普及とともに映画界が暗い影を落とし始めていた1965年、スター俳優・三原健は長年相手役を務めてきた女優・吉野恵子の引退で若手の俳優に役を奪われる。酒に溺れ、妻に当たり散らす三原は映画業界から姿を消し、やがて忘れ去られた存在となる。時を経て、2000年。新作映画の撮影所で働く小道具係のミオは、端役代役として撮影所に現れた往年のスター・三原健と出会う。スター時代の三原を知らないミオは次第に彼に心動かされていく。

キャスト[編集]

1965年

2000年

スタッフ[編集]

出典・参考文献[編集]

外部リンク[編集]