ザナドゥー (企業)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

株式会社ザナドゥー(Xanadeux Co., Ltd.)とは、かつて存在した日本映画製作・配給会社。

概要[編集]

1996年に沼田宏樹によって創業し、インディペンデント洋画ミニシアター向け配給とビデオソフトの発売から事業を開始。1998年に「ムトゥ 踊るマハラジャ」を配給したことでマサラムービーを日本に紹介した功績で知られ、2003年の「呪怨」を皮切りにミニシアター日本映画の配給・製作に進出する。以後、シネマコンプレックスによるスクリーン数の増加から日本映画の製作数が増加したことで、日本映画の配給・製作(出資)に重点を置いた。

2008年3月に郵政民営化を機に製作された長嶋一茂主演の映画『ポストマン』を全国170スクリーンで公開(ブロックバスターの半分相当であり、キー局制作ではない日本映画としては過大である)するも興行は失敗に終わる。ザナドゥーは同作製作委員会に加わっており同年秋にはDVDを発売したが、2009年春に破綻解散。代表者は債権者への連絡なしに夜逃げしたことが2009年8月に明らかにされた[1]

同社により2009年秋に公開予定だった『ニューヨーク、アイラブユー』はIMJエンタテインメントとマジックアワーの配給により2010年2月27日に公開。

会社概要[編集]

事業内容[編集]

  • 映像著作物の企画、製作、販売および輸出入
  • 音楽著作物の企画、製作、販売および輸出入
  • 出版著作物の企画、製作、販売および輸出入
  • 各種催事物の企画、運営
  • コンピュータのハードウェアおよびソフトウェアの企画、製作、販売および輸出入

配給・製作作品[編集]

出典[編集]