サブウェイ (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サブウェイ
Subway
監督 リュック・ベッソン
脚本 リュック・ベッソン
製作 リュック・ベッソン
製作総指揮 リュック・ベッソン
フランソワ・ルジェリ
出演者 クリストファー・ランバート
イザベル・アジャーニ
音楽 エリック・セラ
撮影 カルロ・ヴァリーニ
編集 ソフィー・シュミット
配給 アメリカ合衆国の旗 Island Pictures
フランスの旗 ゴーモン
日本の旗 シネセゾン
公開 フランスの旗 1985年4月10日
日本の旗 1986年12月20日
上映時間 104分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
テンプレートを表示

サブウェイ』(Subway)は、1985年フランス映画である。

リュック・ベッソンの出世作であり初めてハリウッドから招いたスターを使った映画でもあった。 主演には当初、スティングシャーロット・ランプリングが予定されていたが、二人の降板により、当時ノリに乗っていたクリストファー・ランバートイザベル・アジャーニが出演することとなった。他にはこの映画以降スター街道を昇るジャン=ユーグ・アングラードリシャール・ボーランジェジャン・レノも出演。

1986年度セザール賞最優秀男優賞(クリストファー・ランバート)、美術賞、録音賞受賞。

ストーリー[編集]

エレナの夫が主催するパーティの最中、金庫を破り重要書類を盗み出したフレッドはパリのメトロの奥深く逃げ込む。重要書類と交換にエレナに金を持ってこさせるよう、フレッドは要求するが、交渉するうちにフレッドとエレナは惹かれ合って行く。また、フレッドは一癖あるが魅力的なメトロの住人たちと親しくなるうち、そのメンバーでバンドを立ち上げ、メトロ構内でコンサートを開くことを思いつく。コンサート当日、エレナの夫が遣わした追手がフレッドに迫る。コンサートが始まり、メトロの一角である会場でエレナはフレッドを見つける。エレナに気付いたフレッドもエレナに近づく。しかし、そんなフレッドをエレナの夫の部下ジャンが後ろから撃つ。倒れたフレッドがエレナに「少しは好き?」と尋ねると、エレナはキスで答える。フレッドはエレナの腕の中で目を閉じる。エレナを連れ戻そうとするジャンとエレナがもめていると、フレッドは目を開け、演奏されている曲に合わせて口ずさむ。

スタッフ[編集]

  • 監督:リュック・ベッソン
  • 脚本:リュック・ベッソン、ピエール・ジョリヴェ、アラン・アンリ、ソフィー・シュミット、マルク・ペリエ
  • 美術:アレクサンダー・トローネ
  • 撮影:カルロ・ヴァリーニ
  • 音楽:エリック・セラ
  • 製作:リュック・ベッソン、フランソワ・ルジェリ

キャスト[編集]

外部リンク[編集]